弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

暴行

些細な口論や酔った勢いからトラブルになり、暴行事件に発展するケースは多くあります。どういった行為が暴行罪になるのか、暴行罪の時効はいつまでか、どのような解決方法があるかなどをまとめました。

暴行に関する法律ガイド

暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?

暴行の典型的な例は、人を殴る、蹴るといった暴力行為ですが、暴行罪における「暴行」には幅広い内容が含まれます。ここれではどうしたら暴行罪が成立...

暴行罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

暴行罪は、文字通り人に暴行を加えた場合に成立しますが、怪我をさせるには至っていないため、比較的軽い罪となります。ここでは、暴行罪ではどのよう...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

言い争いの末に一方的に殴られる、酔っぱらいから理由もなく暴行を受けるなど、暴行事件に巻き込まれたら、その理不尽さを許すことはできないでしょう...

暴行事件・暴行罪での慰謝料と示談金の相場

暴行事件を起こした加害者は、被害者に対して損害賠償の責任を負うこととなります。たとえ暴行罪として起訴されない場合でも、暴行したことが事実であ...

暴行に関する法律相談

  • 電車内で暴行を受けました。相手の名刺を貰っています。どのような対処が出来ますでしょうか。

    犯罪・刑事事件暴行

    4月21日の夜24時前頃に、電車内で酔っぱらいに暴行を受けました。 随分酔っていたようで、フラフラとぶつかってきたので「ちゃんと立ってくださいね」と注意したところ、 「何だお前!」と...

    1弁護士回答
  • 息子が殴る蹴るの暴行を受けた。相手は武道家

    犯罪・刑事事件暴行

    仕事中に同じ職場の人物に、無抵抗の息子が殴る蹴るの暴行を受け20日間の加療診断を受けました。警察には届けを出しますが、息子は怒りが収まらない状態です。しかし警察へ行くと自分が悪い...

    2弁護士回答
  • 告訴はやめた方が良いですか?

    犯罪・刑事事件暴行

    LINEで別れ話をされ合意したのですが、やはり1度会って話したいと申し入れ、相手の合意の元会いました。 今思うと大変恥ずかしいのですが、その時に『やっぱりよりを戻したい』と、帰ろうと...

    1弁護士回答
  • 電車内での暴行について。

    犯罪・刑事事件暴行

    電車内での暴行について簡潔な状況を記載します。 4月20日(木)帰宅の電車の中でのことです。当方が座席に座って本を読んでいたところ、いきなり目の前に立っていた中年の男性から汚いんだ...

    1弁護士回答
  • 障害事件で損害賠償請求について難航しています

    犯罪・刑事事件暴行

    およそ1年ほど前の出来事になりますが、職場で私が些細なミスをした際、それを見ていた上司Aに鉄板で殴られ、顔に怪我をするということがありました。その上司Aは日常的にパワハラ(暴行)...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害事件を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

暴行に関する解決事例

田口 晃子

田口 晃子弁護士

彼女との口喧嘩から発展した傷害事件

同棲中の彼女と些細なことで喧嘩をし、怪我をさせてしまったという事件。逮捕当時から自白をしていたものの、暴行の態様が被害者の主張と異なっていました。 被疑者が書いた謝罪文を被害者に渡し、被疑者の反省や現在の気持ち、今後に向けてどのような生活を送るつもりでいるのかとうこ...

福光 真紀

福光 真紀弁護士

裁判員裁判で,強盗致傷の共同正犯として起訴されたが,恐喝と傷害の幇助犯が成立するにとどまるとされ,執行猶予を勝ち取った事例

依頼者(被告人)は,知人ら数名と協力して,被害者から現金を奪い,負傷させたとして,強盗致傷罪(無期または6年以上の懲役刑)で逮捕,勾留されており,その父親からの依頼で,弁護活動を開始しました。依頼者(被告人)は,何らかの暴行などはするかもしれないとは思っていたが,強盗をするとは知らなかった,自分はその場にいた...

知花 卓哉

知花 卓哉弁護士

【傷害】【示談】【被害届取下げ】【不起訴】傷害事件で、1週間で示談をまとめ、被害届を取り下げてもらうことに成功した事案

依頼者は酔っばらった末に歩行者と口論になって暴行を加え、相手方に全治2週間の傷を負わせてしまっていました。 依頼者は逮捕・勾留されるまでには至っていなかったものの、被害者からは被害届が出されており、取り調べのため警察から呼び出しを受けている状態でした。依頼を受けた後すぐに警察の担当者に電話をして、当方に謝罪と...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 自宅に来る「宗教勧誘」が迷惑、断っても続く...
  2. 警視庁が公開した「容疑者画像」が女子中学生...
  3. 「7億円」集めた62歳女性、タイで逮捕…詐欺で...
  4. 飲み会帰り「雑居ビル」に入って用を足したら...
  5. もらった「合鍵」で彼氏宅に入り、料理と掃除...
  6. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  7. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...