冤罪・無実

冤罪事件に巻き込まれると、一瞬にして人生が変わってしまいます。刑事事件で起訴された場合、99.9%は有罪判決が下されてしまうので、無実の罪を晴らすには弁護士との協力が重要です。

「冤罪・無実」の法律ガイド

冤罪事件に巻き込まれたら - 無実の罪を晴らすためにできること

無実の罪で、逮捕され、裁判にかけられた挙句、有罪判決を受け、刑罰を課される冤罪事件。死刑判決を下された場合には、死の恐怖と数十年にわたって向...

冤罪・無実に関する法律相談

  • 自転車と歩行者の接触事故

    とある高校生です。私は普段自転車で登校しています。 2019年11月下旬、朝に、自転車の運転手である私と歩行者でトラブルがありました。 私自身はぶつかってはいないのですが、通り過ぎたあ...

    1弁護士回答
  • 道路交通法違反について

    スマホを注視していたと警察官に止められました。 でも実際にはスマホではなく、ナビの時計を見たまでです。息子が熱を出して病院へ行くところだったので、時計を意識していたのと、夫から...

    1弁護士回答
  • 刑事裁判の控訴審の証拠調べについて

    第一審で被告人が無罪(無実)主張している公判で、弁護側の証人として、本当の事実を証言したのですが、判決は私の証言を、いくつか理由をあげ最後に、私には被告人をかばう動機があり信...

    1弁護士回答
  • 誤認逮捕が原因の離婚

    誤認逮捕が原因で離婚した場合 真犯人が逮捕された後に 元妻に対して慰謝料を請求する事は可能でしょうか?

    2弁護士回答
  • 暴行冤罪に対する対応について

    会社で従業員の指導をした時、パワハラを受け肩を殴られたという暴行の、虚偽の被害届を出されました。 事件現場となっている場所はカメラ等のない完全な個室で、双方の証言が判断基準になっ...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す