弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脅迫・強要

「脅迫」という言葉は身近なようで、罪となるかの線引は難しいものです。「殺すぞ」「訴えるぞ」といったら脅迫罪になるのか、成立したら懲役何年か、慰謝料は請求できるのかなどをまとめました。

脅迫・強要に関する法律ガイド

脅迫の示談金・慰謝料の相場

脅迫行為は不法行為に当たるため、加害者には被害を弁償する責任があります。脅迫による被害とは、恐怖による精神的苦痛を指し、慰謝料として金銭的な...

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあ...

脅迫の被害に遭った場合の対処法 - 脅迫罪での被害届や告訴、時効について

脅迫を受けた場合には、止めさせたくも怖くて言い出せず、不安ばかりが募ってしまいがちです。事の発端が自分にあったとしても、脅迫は立派な犯罪であ...

刑法条文や事例で学ぶ脅迫罪の成立要件

相手を脅すこと全般を指して「脅迫」という言葉は良く使われますが、すべてが罪となるわけではありません。また、脅迫罪ではなくより重い罪に当てはま...

脅迫・強要に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

脅迫・強要に関する解決事例

奥田 真与

奥田 真与弁護士

10年以上前ですが、無罪判決を獲得したことがあります。

 脅迫事件でした。記録を丹念に読み込み、被害者の通話履歴を分析したところ、彼女が元彼にアリバイ作りの電話をかけていることが分かりました。反対尋問で、被害者の証言を崩すことができました。 結果は無罪、当然と言えば当然ですが、有罪率は99.9パーセント。一生忘れられない事件です。 民事裁判もそうですが、刑事裁判も証拠...

田邉 幸太郎

田邉 幸太郎弁護士

SNSサービスのメッセージを用いた脅迫で逮捕。勾留状態からの早期身柄解放を行い、被害者との示談締結により、不起訴処分となりました

最近流行しているSNSサービスを用いて、知人に対し、複数回にわたり脅迫的なメッセージを送信してしまったことを理由として逮捕・勾留されてしまった。 今後の手続がどのように進むのかが分からず、見通しも分からないとのことで、ご親族の方からご依頼となりました。まずはご相談にてご事情を伺い、今後の手続がどのようなものとなる...

西山 良紀

西山 良紀弁護士

過酷な取り調べを耐え抜き、不起訴処分を勝ち取ったケース

 ある日、Cさんは、身に覚えのない通貨偽造の罪及び偽造通貨行使の罪で逮捕されました。   私は、Cさんの親族から依頼を受け、弁護人に選任されました。  私は、ほぼ毎日、Cと面会しました。そして、Cさんに、家族のメッセージを伝えたりして励ましました。また、Cさんから、取調べの内容を確認し、自白の強要がなされていないか...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 深夜の居酒屋で「チューしよ」…同僚女性の唇...
  2. 金正男氏暗殺、LOL女「悪ふざけだと思った」…...
  3. 交通事故「無保険」で巨額請求のリスク…知っ...
  4. 弁護士局部切断事件、小番被告人の控訴棄却…...
  5. 「万引き犯です」コンビニ店内に防犯カメラ画...
  6. 野球場で女子大生「チアリーディング」撮影し...
  7. まさかの「首つり遺体」発見で警察沙汰に…空...