覚せい剤

覚せい剤は再犯率の高い犯罪です。覚せい剤取締法に違反し、かつ営利目的であった場合は特に重い刑罰が課せられます。ここでは逮捕後の流れや、再犯防止の対策に至るまでまとめました。

「覚せい剤」の法律ガイド

覚せい剤取締法違反に関する統計データl検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容

覚せい剤取締法違反で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記...

覚せい剤取締法違反で逮捕された際の刑期と裁判までの流れや対処法

ここでは、覚せい剤取締法違反の罪に問われている場合、どのような刑罰が科されるのかについて、量刑の相場とともに説明します。逮捕・勾留中における...

覚せい剤取締法に違反した場合の実刑の可能性と量刑の相場【弁護士Q&A】

覚せい剤所持は初犯でも、別の罪で執行猶予中だった場合は実刑の可能性があるのでしょうか。また、どのような事情があると、営利目的があったと判断さ...

覚せい剤に関する法律相談

  • 任意取調べでの警察の行為、出頭拒否について

    先日、知人が被疑者である覚せい剤事件の参考人として警察の任意取調べを受けました。私は終始協力的にたいおうしましたが(任意の携帯提出、尿検査にも素直に応じた) 警察の私への対応はまる...

    1弁護士回答
  • 覚醒剤取締り法で再犯です

    9年前に覚醒剤取締り法で懲役1年6月、執行猶予3年ありです。今回また覚醒剤取締り法で逮捕起訴されました、現在保釈中です.どのくらいの判決になるのでしょう?。 情状証人は妻がでてくれま...

    4弁護士回答
  • 覚せい剤初犯で営利の場合の量刑を教えてください。

    「初犯」昨年9月に覚せい剤の共同所持で逮捕→不起訴。使用→起訴。所持→起訴 その後に保釈。 1回目の裁判→出頭、2回目の裁判→欠席。そして保釈中の逃亡。 今年の2月に逮捕。容疑「営利目...

    1弁護士回答
  • 麻薬特例法8条2項の判例

    麻薬特例法8条2項、覚醒剤の譲受ですが、2年以下の懲役とありますが、実際の判例を教えて下さい。

    1弁護士回答
  • 麻薬特例法8条2項で起訴されました

    覚醒剤取締り法で11年前に懲役1年6月、執行猶予4年の判決があります、今回は麻薬特例法8条2項で起訴され、今、保釈中です、裁判日時はまだ決まっていません、覚醒剤の譲受です、現物、尿検査...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

覚せい剤・大麻・麻薬事件を扱う弁護士を探す