窃盗・万引き

窃盗・万引き事件は日本で最も件数の多い犯罪です。窃盗罪は再犯も多く、当然初犯よりも刑罰は重くなります。逮捕後の流れや被害に遭った際の対処法などの解説記事や、法律相談をご覧いただけます。

「窃盗・万引き」の法律ガイド

窃盗罪の統計データ|検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容・執行猶予の割合

窃盗罪で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記事では法務省...

置き引きはどのような罪にあたる?窃盗罪と遺失物横領罪の違いを解説

ベンチなどに他人が置いた(置き忘れた)物を持ち去る「置き引き」は、「窃盗罪」や「遺失物横領罪」にあたる可能性があります。どちらの罪にあたるか...

窃盗・万引きの示談金相場と慰謝料や損害賠償

窃盗や万引きを犯せば、当然ながら盗んだものを持ち主に返却、あるいは相応の金額を支払って弁償しなければなりません。窃盗事件が起き、加害者が特定...

クレプトマニア(窃盗症)であることは裁判で影響するのか【弁護士Q&A】

万引きをして捕まって刑罰を受けても、万引きをやめられずに繰り返してしまうケースがあります。「クレプトマニア(窃盗症)」という病気である場合も...

空き巣やスリ・ひったくりなど、物を盗まれたときの対処法

留守中に空き巣に入られ金品を盗まれてしまった。路上でひったくりに遭ってしまった。いざ自身が被害に遭ってしまったら、警察に相談する以外に何がで...

空き巣や万引きなど窃盗罪で逮捕された場合の流れや量刑相場

窃盗罪は、他人の物を許可なく盗むことで成立する犯罪です。被害金額も様々ですし、物を盗んだ時の状況から窃盗罪とは別の犯罪が成立する可能性もあり...

「万引きがやめられない」繰り返し逮捕されたとき罪は重くなるのか【弁護士Q&A】

万引きは、刑事罰を受けることがある犯罪ですが、万引きがやめられず繰り返してしまうような場合、罪は重くなるのでしょうか。万引きがやめられないこ...

自転車窃盗犯の言い訳「後で返すつもりだった」は通用しない…「不法領得の意思」を解説

「盗むつもりはなかった。移動のためにちょっとだけ使わせてもらった」「あとで返すつもりだった」。自転車を盗んだ犯人がこんな言い訳をすることがあ...

常習累犯窃盗罪が成立する要件と刑罰の内容

窃盗を繰り返して何度も刑罰を受けていると、通常の窃盗罪よりも刑罰が重い「常習累犯窃盗罪」として処罰される可能性があります。この記事では、常習...

盗品等関与罪とはどのような犯罪かl罪が成立する要件と刑罰の内容

盗まれた物だと知っているのに、無料でもらったり、購入したりすると「盗品等関与罪」にあたります。盗まれた物を運んだり、保管したりすることも同様...

窃盗・万引きに関する法律相談

  • 代理人弁護士の発言は本人発言と同等と見なせるでしょうか?

    わたしとの契約の経緯について、相手債務者の代理人弁護士に尋ね、その回答を得たのですが、、この回答は債務者本人と同等と考えてよろしいでしょうか? 尋ねた内容は、事実経過なのですが、...

    1弁護士回答
  • 意図しないセルフレジでの窃盗

    インターネットカフェで会員登録をした際、会員登録が有料だということは分かっていたのですが、セルフレジで、説明もなかった(施設を利用した時に一緒に払う、と書いてはいたのですが登録...

    2弁護士回答
  • 十分な説明がないセルフレジ

    某インターネットカフェで会員登録をした際、会員登録が有料だということは分かっていたのですが、セルフレジで、説明もなかった(施設を利用した時に一緒に払う、と書いてはいたのですが登...

    1弁護士回答
  • 万引き犯をとらえ、任意書類に押した拇印は捜査に使われるか。

    先日、偶然万引きをしている人を見かけ、警察に連絡しました。慌てて逃げる犯人を追いかけたら、盗んだものを道端に捨てたので、それを拾って、犯人を警察官と一緒に捕まえ、万引きしたもの...

    2弁護士回答
  • 彼氏に通帳のお金をを勝手に盗られました

    同棲中の彼氏に通帳のお金を勝手に引き出されていることが分かりました。日時なども分かっており、本人も認めてはいます。(20万ほど) その他にも合計50万程度貸しているお金があります。 ...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

窃盗・万引き事件を扱う弁護士を探す