弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

児童ポルノ・わいせつ物頒布等

性交渉などの卑猥な画像や動画などは、いわゆる「わいせつ物」に当たり、扱い方によっては逮捕され、刑罰が科される可能性があります。児童ポルノの取り締まりも強化されており、注意が必要です。

児童ポルノ・わいせつ物頒布等に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

児童ポルノ・わいせつ物頒布等に関する解決事例

清水 信寿

清水 信寿弁護士

児童買春、児童ポルノ法違反で不起訴処分を得たケース

児童買春、児童ポルノ法違反で警察から逮捕されてしまった。 犯行については反省しているが、仕事の都合があり一刻も早く釈放してもらいたい。 また、被害者には申し訳なく思っており、示談交渉を進めて頂きたい。ただ処罰感情が強い様子なので示談の話はできない雰囲気です。依頼後すぐに弁護士から検事へ勾留請求をしないよう働き...

高橋 辰三

高橋 辰三弁護士

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反で被害者児童関係者との間で生じた紛争

警察への被害相談前に発覚した児童ポルノの製造、送信被疑事件について被害者及び親族に対し、謝罪、示談交渉を依頼をしたいという問い合わせがありました。 早期の受任通知、被害者に対し犯罪の証拠に関する散逸(拡散)の防止措置を伝え、示談交渉の結果、接触禁止、所持している犯罪関係画像の消去、慰謝料の支払いを条件に、被害...

片岸 寿文

片岸 寿文弁護士

児童ポルノ法違反の弁護活動

パソコン共有ソフトを使用したところ、予期に反して無修正動画が公開されてしまい、児童ポルノ法違反で在宅被疑事件として捜査をうけている。 弁護活動が功を奏したことから、不起訴処分として終了となった。在宅被疑事件の場合、警察官に対する取調べの対応についてアドバイスをします。また、捜査の進行状況を一定程度、うかがう...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. ろくでなし子控訴審結審「裁判自体がプロジェ...
  2. 少年院は「学校と寺と自衛隊が合わさった場所...
  3. 久々に本棚を整理したら「10年前に図書館で借...
  4. ホテル備え付け「高級シャンプー」をペットボ...
  5. 「事件をもう一度話して」は「もう一度体験し...
  6. 飲酒運転「呼気検査」拒否することは可能? ...
  7. 少年法適用年齢引き下げ、日弁連が反対声明「...