弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

器物損壊

他人の物を故意に壊してしまうと「器物損壊罪」に当たるかもしれません。どうしたら罪が成立するのか、逮捕や時効、示談金の相場、親告罪とはどういうことか、など器物損壊罪についてまとめました。

器物損壊に関する法律ガイド

器物損壊での損害賠償とペットに対する慰謝料や示談金の相場

他人の物を壊す・汚すなどして使えなくしたり、ペットを傷つける行為を行った場合、その人は被害の弁償をしなければなりません。物の修理にかかった費...

器物損壊罪の刑期・罰金額の相場と逮捕・勾留・起訴の流れ

器物損壊罪は、主に物を故意に壊した場合に成立します。器物損壊罪の加害者はどのような刑罰を受けるのか、逮捕後はどのような流れになるのか、またど...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

器物損壊の意味や事例と故意や過失などの罪が成立する要件

人の物を壊してしまったり、傷つけてしまうと、単に弁償する責任が生じるだけでなく、器物損壊罪という犯罪となってしまう可能性もあります。器物損壊...

器物損壊に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

器物損壊に関する解決事例

我妻 耕平

我妻 耕平弁護士

脅迫及び器物損壊事件について,被害届の提出及び刑事告訴がなされる前に,交渉によって示談を成立させた事案

(相談内容) 相談日の前日に良く通っているお店でトラブルになり,定員に脅迫的な発言をした挙句,店の壁を殴って穴をあけてしまった。 今は反省しているため,何とか示談をすることは出来ないか。被害者は加害者の名前や連絡先を知っており,警察が早期に動く可能性も考えて,相談当日に受任。直ぐに加害者の所に電話を掛けて,事...

眞木 康州

眞木 康州弁護士

勾留延長に対する準抗告が認められ身柄が解放された事例

ご依頼者は、器物損壊事件で告訴され、逮捕・勾留されていました。 ご依頼者は、告訴された事実について否認されていました。 否認の中で身柄拘束が継続されており、当初の勾留期間の10日間が満了した後も勾留延長の請求が検察官からなされこれが認められてしまいました。勾留延長決定に対して準抗告の手続きをとりました。 その...

持田 大輔

持田 大輔弁護士

器物損壊事件につき早期の示談交渉により前科が付くことなく社会復帰を実現(不起訴処分を獲得)

酒に酔い、路上に駐車中の自動車を叩くなどしていたところ、戻ってきた被害者に見つかり、駆け付けた警察官に現行犯逮捕された事案です。早期の身柄解放と前科を付けないで欲しいとのご意向の下、起訴前の被疑者弁護(捜査弁護)としてご依頼を受けました。ご依頼後、直ちに警察署に赴き、面会(接見)を行い、今後の手続の流れと取調...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. ろくでなし子控訴審結審「裁判自体がプロジェ...
  2. 少年院は「学校と寺と自衛隊が合わさった場所...
  3. 久々に本棚を整理したら「10年前に図書館で借...
  4. ホテル備え付け「高級シャンプー」をペットボ...
  5. 「事件をもう一度話して」は「もう一度体験し...
  6. 飲酒運転「呼気検査」拒否することは可能? ...
  7. 少年法適用年齢引き下げ、日弁連が反対声明「...