弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

器物損壊

他人の物を故意に壊してしまうと「器物損壊罪」に当たるかもしれません。どうしたら罪が成立するのか、逮捕や時効、示談金の相場、親告罪とはどういうことか、など器物損壊罪についてまとめました。

器物損壊に関する法律ガイド

器物損壊での損害賠償とペットに対する慰謝料や示談金の相場

他人の物を壊す・汚すなどして使えなくしたり、ペットを傷つける行為を行った場合、その人は被害の弁償をしなければなりません。物の修理にかかった費...

器物損壊罪の刑期・罰金額の相場と逮捕・勾留・起訴の流れ

器物損壊罪は、主に物を故意に壊した場合に成立します。器物損壊罪の加害者はどのような刑罰を受けるのか、逮捕後はどのような流れになるのか、またど...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

器物損壊の意味や事例と故意や過失などの罪が成立する要件

人の物を壊してしまったり、傷つけてしまうと、単に弁償する責任が生じるだけでなく、器物損壊罪という犯罪となってしまう可能性もあります。器物損壊...

器物損壊に関する法律相談

  • 過失で物を壊してしまった場合の罪について

    犯罪・刑事事件器物損壊

    器物損壊罪についてお伺いします。 例えば、お店や銀行などの自動ドア(ガラス)を通る時に、傘などの物が軽く当たり、ガラスにヒビが入ったとします。 しかし、本人はそのことに気が付いてい...

    4弁護士回答
  • 取得時効と建造物・器物損壊について

    犯罪・刑事事件器物損壊

    取得時効と建造物・器物損壊について 約60年前に家を建てましたが、今年になって隣家に家の一部を取り壊すよう言われてしまいました。 我が家は家の一部が隣の敷地に3センチはみだしていると...

    1弁護士回答
  • 合鍵を持たされていたのに不法侵入になりますか

    犯罪・刑事事件器物損壊

    2年ほど付き合っている彼ですが、ずっと合鍵を渡してくれていたのですが、先週ケンカの時にとられました。その後、ケンカの時に発した言葉がひどすぎる!(くたばれや死ねなど)とのことで、...

    2弁護士回答
  • 賃貸物件の器物損壊の保険適用について伺いたいです

    犯罪・刑事事件器物損壊

    器物損壊で保険適用で修理をした場合は告訴できないのか、加害者に弁済と慰謝料請求ができるかを知りたいです。 窓ガラスを破損されました。 賃貸物件ですが、貸主は告訴するつもりはなく、...

    3弁護士回答
  • ポスティングのチラシ破棄で訴えたい

    犯罪・刑事事件器物損壊

    ポスティング会社をしております。 先日、お金を貸していた従業員が音信不通になったので、家まで行った所、配ってもらったハズの大量のチラシ(約10000枚)が庭先に破棄されていました。 ...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

器物損壊に関する解決事例

長沼 正敏

長沼 正敏弁護士

【器物損壊】否認事件で不送致となった事例

 Aさんは、通勤途中に原付バイクで接触事故を起こし、逃げた犯人として疑われ在宅(逮捕されいない状態)で捜査が進められていました。 受任時、Aさんは、そんな事件など起こしていないし、自分には全く関係が無いと犯行を否認しました。  被害者は、ナンバーを見たということなのですが、供述が変遷していることが明らかになり...

福田 慎也

福田 慎也弁護士

酔った勢いで自動車を破損し逮捕されたが示談交渉と被害弁償の結果、不起訴を獲得!

酔った大学生が自動車(新車)に椅子を叩きつけて破損させ、器物損壊で逮捕されました。被害者は新車を傷つけられて激怒し、警察からも示談を勧められたものの、直接の対面に応じてもらえず弁護士に相談に来られました。 弁護士が代理人として被害者に接触したところ、走行中の車への損壊行為であった事実が判明し、示談交渉は難航し...

持田 大輔

持田 大輔弁護士

器物損壊事件につき早期の示談交渉により前科が付くことなく社会復帰を実現(不起訴処分を獲得)

酒に酔い、路上に駐車中の自動車を叩くなどしていたところ、戻ってきた被害者に見つかり、駆け付けた警察官に現行犯逮捕された事案です。早期の身柄解放と前科を付けないで欲しいとのご意向の下、起訴前の被疑者弁護(捜査弁護)としてご依頼を受けました。ご依頼後、直ちに警察署に赴き、面会(接見)を行い、今後の手続の流れと取調...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 公園やビルの花壇で「ブチッ!」、ツツジの花...
  2. 線路への立ち入り「逃走」相次ぐ…「痴漢」を...
  3. 「偽シャネル」販売目的の所持容疑で逮捕…自...
  4. わが家に来た「泥ママ」、盗みや「借りパク」...
  5. 「私たちは110年待ちました」性犯罪被害者、...
  6. 自宅に来る「宗教勧誘」が迷惑、断っても続く...
  7. 警視庁が公開した「容疑者画像」が女子中学生...