弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

少年事件

20歳未満の未成年が犯罪を起こした場合は「少年事件」となります。通常の刑事事件とは異なり、少年の更生を促すのが目的です。ここでは「少年」の定義や、少年事件の流れについてまとめています。

少年事件に関する法律ガイド

20歳未満の少年が事件を起こした場合の手続きの流れと処分や対処法

少年事件とは、20歳未満の未成年が犯罪を起こした事件を言います。少年事件の場合には、通常の刑事事件とはまったく異なる手続きを踏み、少年に罪の重...

少年事件に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

少年事件を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

少年事件に関する解決事例

徳満 直亮

徳満 直亮弁護士

少年の早期釈放を実現させ、その後、審判不開始(簡易送致)となった事例

少年が友人から数千円を盗んでしまった事案でした。 他の友人と共謀していたことなどもあり、少年は逮捕勾留されました。 そこで、母親が弁護士の元へ相談に行きました。 ※守秘義務の関係上、適宜実際の事例を修正しております。事案が比較的軽微であること、身体拘束が続くことによる影響が大きいことなどを踏まえ、弁護士は勾留...

森田 和明

森田 和明弁護士

少年事件、学校内の暴力事件

同級生に暴力をふるった。前歴があり、少年院送致になりそう。 学校を退学させられる。一年後、保護観察の審判を受ける。まず試験観察の処分を求めました。最終審判までの一定期間家庭に戻して、行動を監視しました。問題がなく、退学を回避するために保護観察処分を受けました。学校への説得、被害者との示談を行いました。

鐘ケ江 啓司

鐘ケ江 啓司弁護士

道路交通法違反(共同危険行為)で勾留途中に釈放、保護観察

以前共同危険行為(いわゆる暴走行為)で保護観察になっていた少年が、過去の同様の暴走行為で逮捕・勾留されたということでご相談に来られました。このままでは折角の勤め先を失ってしまうと心配されていました。保護観察に付された後は一切非行をしていない少年を再度逮捕・勾留すること自体不当と考え、裁判所に対して勾留請求を却...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 公園やビルの花壇で「ブチッ!」、ツツジの花...
  2. 線路への立ち入り「逃走」相次ぐ…「痴漢」を...
  3. 「偽シャネル」販売目的の所持容疑で逮捕…自...
  4. わが家に来た「泥ママ」、盗みや「借りパク」...
  5. 「私たちは110年待ちました」性犯罪被害者、...
  6. 自宅に来る「宗教勧誘」が迷惑、断っても続く...
  7. 警視庁が公開した「容疑者画像」が女子中学生...