1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 児童買春・援助交際

児童買春・援助交際

18歳未満の児童との援助交際、つまり金銭などを見返りにして肉体関係を持つことは、児童買春の罪に問われます。双方合意の下の行為であっても、買春した側だけが処罰の対象となります。

「児童買春・援助交際」の法律ガイド

18歳未満とSNSでやりとりすると青少年保護育成条例で処罰されるのか【弁護士Q&A】

18歳未満の青少年にわいせつな行為などをすると、各都道府県で定められている青少年保護育成条例に違反して処罰される可能性があります。では、18歳未...

児童買春・援助交際の慰謝料や示談金相場

援助交際などで18歳未満の児童と性行為をすることは児童買春として罰せられます。援助交際の場合には、被害にあった児童自身にも非があるのは確かです...

18歳未満の児童との性行為で逮捕された場合の刑罰と逮捕後の流れ・対処法

18歳未満の児童と、お金と引き換えに性的関係を持つ、いわゆる援助交際を行えば、児童買春となり犯罪が成立してしまいます。お金のやりとりがなくとも...

子どもが出会い系サイトを利用したり援助交際をしてしまった際の対処法

子どもの携帯電話を見たら、出会い系サイトの利用履歴が残っていた。子どもが補導されて警察から連絡が来た。こうしたケースで我が子の援助交際が発覚...

児童買春・児童ポルノ製造で実刑になる可能性と量刑の相場【弁護士Q&A】

児童買春や児童ボルノ製造の容疑で起訴された場合、初犯でも実刑判決になる可能性はあるのでしょうか。また、実刑判決の場合量刑はどの程度になるので...

児童買春・援助交際に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

児童買春・児童ポルノ事件を扱う弁護士を探す