情報漏えい・不正入手

企業には、漏えいや紛失が起こらないよう、適切に情報を管理する責任があります。個人情報を漏えいしてしまった場合、慰謝料などの損害賠償を請求される可能性があります。漏えいしてしまった場合に迫られる対応としては、まず流出した情報の内容や原因を突き止めることがあります。特に、個人の身体的特徴や思想などにかかわる情報 (センシティブ情報) が流出してしまった場合に、企業の損失が大きくなる可能性があります。また、企業秘密が社外に流出しないよう、社内でリスク回避の取り組みをすることも企業法務の重要な役割です。ここでは、情報漏えいに関するトラブル対処法をご紹介します。

情報漏えい・不正入手に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す