包丁やナイフを持ち歩くと銃刀法違反で処罰されるケース

正当な理由がないのに包丁やナイフなどの刃物を持ち歩くと「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)により処罰される可能性があります。

  • 携帯が禁止される刃物とは
  • 正当な理由とは
  • 刑罰の重さ

この記事では、これらのポイントについて詳しく解説します。

目次

  1. 包丁やナイフの持ち歩きで処罰される場合
    1. 正当な理由がない携帯が禁止される刃物とは
    2. 「正当な理由」とは
  2. 銃刀法に違反した場合の罰則

包丁やナイフの持ち歩きで処罰される場合

包丁やナイフなどの刃物を持ち歩く「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)により処罰される可能性があります。 銃刀法は、銃や刀といった人を殺傷する能力が高い武器について、許可のない所持を禁止することなどを目的にした法律です。 銃刀法は、包丁やナイフ、ハサミなど、日常的に使用される刃物について、所持すること自体は禁止していませんが、「正当な理由」がないのに携帯することを禁止しています。

正当な理由がない携帯が禁止される刃物とは

銃刀法では、刃の長さが6cmを超える刃物に対し、正当な理由がない携帯を禁止しています。

刃の長さが6cmを超えない刃物でも、正当な理由がないのに「隠して」携帯すると、銃刀法とは別の「軽犯罪法」により処罰される可能性があります。

「正当な理由」とは

たとえば、次のような理由で刃物を携帯している場合、「正当な理由」にあてはまると考えられます。

  • 調理師が仕事で使うために包丁をバッグに入れていた
  • 店舗で購入したナイフを持って帰るためにカバンに入れていた
  • 学校の工作の授業で使うためにカッターナイフをカバンに入れていた

これに対し、護衛のためにナイフを携帯したり、アクセサリーとしてナイフを持ち歩いたりするようなケースでは、「正当な理由」に当たらない可能性があります。

銃刀法に違反した場合の罰則

正当な理由がないのに、刃の長さが6cmを超える刃物を携帯した場合の刑罰は、2年以下の懲役か、30万円以下の罰金です。

記事のタイトルとURLをコピー