弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

被害届・告訴・告発

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それを被害者はどのように提出するのか、告訴との違いは何か……など、不明な点が多いと思います。ここでは、犯罪に巻き込まれた際に、被害者がまずやるべきことを紹介します。

目次

  1. 被害届とは?
  2. 刑事告訴・刑事告発とは

被害届とは?

被害届とは、犯罪に巻き込まれた事実を捜査機関に申告する書類です。通報や現行犯逮捕でなければ、警察も犯罪の存在を知るのが困難です。警察に捜査を開始し、犯人を逮捕してほしいと思ったら、被害届を提出するのがもっとも一般的な方法です。

被害届の出し方・書式

被害届は、警察署や交番に書類が常備されているので、お近くの警察署か交番を尋ねるとよいでしょう。被害届の書式は、犯罪の内容によって異なる場合がありますが、下記の項目は必要となります。

  • 被害者の住所、氏名、年齢、職業
  • 被害に遭った日時
  • 被害に遭った場所
  • 被害の模様(どのような犯罪でどのよな被害が遭ったか)
  • 被害金額(品名、数量、時価、特徴、所有者)
  • 犯人の住所、氏名、人相、服装、特徴等(不明でも可)
  • 留品その他参考となるべき事項(証拠)

これらの項目をあらかじめ整理して出向くとよいでしょう。提出する際には、身分証明書と印鑑、また所持している証拠があればそれらも持参します。

これらが揃っていれば不備はありません。犯罪の可能性が高いのであれば、受理されることでしょう。わからないことがあれば、警察官が教えてくれ、場合によっては代筆してくれます。

刑事告訴・刑事告発とは

では、(刑事)告訴や(刑事)告発とは何でしょうか。告訴・告発も捜査機関に犯罪の事実を知らせる行為です。被害届の違いは、告訴・告発には、加害者への処罰を求めることが目的に一つである点、そして、告訴・告発を受理した捜査機関には、捜査を開始し、求めに応じて、起訴するか否かの判断を申告者に伝える義務が生じます。

告訴は、原則として被害者本人が行いますが、法定代理人や親族も行うことができます。告発は、被害者本人などの告訴ができる人以外の第三者が行う場合を指します。

告訴は受理されにくい

被害届では捜査義務が発生しないため、それならば被害届ではなく告訴状を提出したいと考える方もいるでしょう。しかし、実際告訴を受理してもらうのは簡単なことではないのです。

まず、警察や検察は、日々事件処理追われ、大変に忙しい状況にあります。そして、冤罪事件を起こせば大問題であることから、起訴後の判決は100%有罪にしたいと考えています。実際に、起訴後の有罪判決率99%と非常に高い水準です。

そうした中では、現状揃っている証拠だけでも、十分に有罪となる見込みがある、といった場合でないと、告訴を受理したがりません。そのため、まずは被害届を提出するのが一般的となっているのです。

もし、どうしても告訴を受理してほしいといった場合には、弁護士にサポートを受けるとよいでしょう。

親告罪と告訴

犯罪の中には、親告罪と呼ばれる、被害者からの告訴がないと起訴することができない犯罪が存在します。その場合にも、告訴のハードルは高いと言えます。

親告罪と言えども、最初から告訴しなければならないわけではありません。まずは、被害届を出し、犯人の容疑が固まれば、検察の方から告訴するか聞いてきますので、そのタイミングで告訴する、という手順でもよいでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

依頼前に知っておきたい弁護士知識

被害届・告訴・告発に関する法律相談

  • 従業員の不正行為について

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    従業員の不正について 私はいま、とあるスーパーにて働いております。 そこで、レジ係の女性従業員が、お客さまの忘れていった商品を不正に持ち出し、私物化しています。 防犯カメラでもハ...

    3弁護士回答
  • カード決済完了後の受取拒否について

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    インターネット注文で販売をしている者からの問い合わせをさせていただきます。 先日、弊社のホームページよりネット注文にて、 代金約12万円の商品を【クレジットカード決済】にてご購入い...

    1弁護士回答
  • 振り込みした途端音信不通になり商品が送られてきません

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    先週いつも利用している売買のサイトである商品を売ってもらうことになり先振り込みをしたのですが(20216円)振り込んだ途端に音信不通になり1週間後にやっと連絡が取れたかと思った...

    2弁護士回答
  • 被疑者が会社につとめてたりして辞めたり首になったりしたら警察は逮捕にきますか?あと何回も告訴・告発を

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    被疑者が会社につとめてたりして辞めたり首になったりしたら警察は逮捕にきますか?あと何回も告訴・告発を何人かにだされたら被疑者はどうなりますか?

    1弁護士回答
  • 消費者金融業者を告訴できるでしょうか?

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    継続的取引関係にあった消費者金融業者に対し、利息制限法による引き直し計算をした上で過払い金の返還を請求しましたが、相手方はこれに応じず、あくまでも残金全額の返済を求めて来たので...

    2弁護士回答

法律相談を検索する

被害者事件を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 少年院は「学校と寺と自衛隊が合わさった場所...
  2. 久々に本棚を整理したら「10年前に図書館で借...
  3. ホテル備え付け「高級シャンプー」をペットボ...
  4. 「事件をもう一度話して」は「もう一度体験し...
  5. 飲酒運転「呼気検査」拒否することは可能? ...
  6. 少年法適用年齢引き下げ、日弁連が反対声明「...
  7. 改正ストーカー規制法成立、SNSも対象に…弁護...