弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

知的財産

  • 会社の法務、渉外法務、倒産、顧問弁護士等の企業法務をまとめたページです。2,063名の知的財産を取り扱う弁護士、知的財産での弁護士無料相談 Q&A 3,065 件などを掲載しています。

  • この分野に関する相談

    相談を探す(知的財産) 相談する無料
    弁護士の無料回答でお悩み解決!

    お悩みガイド

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      図書館の書籍や、その貸出期間の法的な性質について

      0役に立った
      企業法務知的財産

      知人に図書館から借りた書籍を、貸出期間が過ぎても返さない人がいるので、理由を聞いたところ下記のようなことを主張しました。このような行為には、法的な問題等は発生しないのでしょうか?当該、図書館は書籍の貸出については二週間の期間を定めている。この期間をすぎても書籍を返さなかった者は、その延滞日数分...

    • 2

      連載マンガの内容を雑誌発売前にウェブ上で公開する行為について

      0役に立った
      インターネット掲示板・SNS

      何らかの方法でマンガ雑誌等を正規の販売日よりも数日早く手に入れた上で、その内容を掲示板や自身のブログ等で公開する行為は、著作権法等何らかの法律に抵触しないのでしょうか?

    • 3

      楽譜コピーCDについて

      0役に立った
      企業法務知的財産

      再三質問しているので申し訳ない気持ちもあるんですが、コピーCDと楽譜をギター講師に渡して、教育目的で習うのは問題ないですよね?明日ギタースクールに行くのでコピーを作っていたところなんですが。また確認でCDを(マスターCD、販売されている元のCD)友達に貸したりする行為はどうなんですか?

    • 4

      「●●雑誌掲載品」と記載してECで販売する事について

      0役に立った
      企業法務知的財産

      弊社では某雑誌に掲載された商品をECのモール(楽天やヤフーなど)にて販売しております。その際、「●●雑誌掲載品」とか「◆◆雑誌掲載メーカー」などと記載しておりますが、一部の取扱い商品のメーカーから「雑誌名」を削除するように言われました。直ちに「雑誌名」は削除しましたが、そのメーカーさんから「雑...

    • 5

      自作イラストの登録の有無について

      0役に立った
      企業法務知的財産

      職場でイメージキャラクターを作成しました。今後、クリアファイル作成などを考えています。クリアファイルは、商品化ではなく就職説明会時などに配布する目的です。そのような場合においても、何らかの登録などは必要となるのでしょうか??

    知的財産の検索結果

    • メールの返信の際に相手からのメールを全文引用すると著作権違反になる?

      企業法務知的財産著作権

      メールで返信をする際に、メールソフトによっては、相手のメールの文章すべてが、メールの末尾に自動的に引用されることがあると思うのですが、この機能を使ったまま、相手にメールを送った場合、自分の書いた文章が極めて少ない場合、著作権法の引用の用件を満たさず、著作権侵害となるのでしょうか?例えば、何かの...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 被写体となる方の顔を撮影しない場合の肖像権・プライバシー権等法的問題の有無の問題について

      企業法務知的財産肖像権

      スーパーマーケットの敷地内において、顔は写さないものの、被写体である人物に無断で体形や身なり及び買い物籠の中身を撮影し、食生活を論じ、ブログやSNS上で論評することは、法的に問題がありますでしょうか。

      2回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った
    • ネット上で著作権侵害を受けています。その際の著作権者の本人確認の方法について。

      企業法務知的財産著作権

      私はwebサイトを運営しているのですが、私の書いた記事の文章がある企業が運営するブログに私に無断で盗用されていました。文字数は300文字弱と少ないのですが、リライトもされず丸ごとコピーされており、引用の形式も取っておりません。明確な著作権侵害です。ブログは大手ネット企業が運営している無料ブログ...

      3回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関する法律用語

    • 意匠権

      新規性と創作性があり、美感を起こさせる外観を有する物品の形状・模様・色彩のデザインの創作についての権利。

    • 特許権

      特許法により特許を受けた発明を業として排他的独占的に実施できる権利。

    • 著作権

      言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した者に認められる、それらの創作物の利用を支配することを目的とする権利。

    この分野に関するニュース

    関連するお悩みから探す

    よく見られているキーワード一覧

    最近検索されたキーワード

    会社の法務、渉外法務、倒産、顧問弁護士等の企業法務をまとめたページです。2,063名の知的財産を取り扱う弁護士、知的財産での弁護士無料相談 Q&A 3,065 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    企業法務のニュース

    1. 童謡「森のくまさん」替え歌CD、訳詞者が販売...
    2. SMAPアルバムがミリオン、レコード会社は今後...
    3. ベビースター「ベイちゃん・ビーちゃん」引退...
    4. 欧州で「ルービックキューブの形状」商標の無...
    5. 大阪・日本橋「海賊版AVのメッカ」堂々と販売...
    6. 「著作権判例百選」改訂版12月13日発売、「著...
    7. 中国で「OKAYAMA」「岡山」が商標出願された…...