面会交流

弁護士監修記事 2017年08月10日

面会交流のルールの決め方と面会を拒否できるケース

離婚をすると、どちらか一方の親は、子どもと離れて生活することになります。離れて生活する親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりする権利(面会交流権)があります。 面会交流は、子どもの幸せや利益のために行われます。たとえ、子どもと生活を共にする親が、「別れた相手と会わせたくない」と思ったとしても、正当な理由もなく面会交流を拒否することはできません。 ここでは、以下のポイントについて詳しく解説します。

  • 面会交流の目的、行う内容
  • 面会交流の条件の決め方
  • 父母の話し合いでもめた場合の対処法

目次

  1. 面会交流とは?
    1. 面会交流は離婚をする前の別居中にも行える
    2. 面会交流で行うこと
  2. 面会交流の条件の決め方
    1. 【補足】離婚協議書は「公正証書」の形にしておこう
    2. 面会交流のルールは具体的かつ柔軟に
  3. 面会交流の条件をめぐってもめた場合の対処法
    1. 申立てに必要な書類
  4. 面会交流の拒否や制限が認められるケース
    1. 子どもにとってよくない影響がある場合
    2. 子どもと生活を共にする親が強く拒否している場合
    3. 子どもと離れて生活する親に問題があると認められる場合

面会交流とは?

離婚をして、子どもと離れて生活することになった親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりする権利が認められています。この権利を「面会交流権」といいます。 面会交流は子どもの幸せや利益のために行われ、その内容は、子どもの健全な成長を促すことでなければなりません。子どもと生活を共にする親は、正当な理由がなければ、面会交流を拒否することはできません。

面会交流は離婚をする前の別居中にも行える

面会交流は、離婚をする前の別居中であっても行うことができます。 たとえば、夫婦間で離婚をめぐる争いがエスカレートし、一方が子どもを連れて家を出た場合、もう一方の親は子どもと離ればなれになってしまいます。 別居によって子どもと離ればなれになった親が、子どもと会いたいと思っても、もう一方の親が応じない場合、家庭裁判所に面会交流の調停を申し立て、解決を図ることができます。 調停で解決しない場合は審判に移り、面会交流を行えるかどうか、裁判官に判断してもらいます。

面会交流で行うこと

面会交流では、例えば以下のようなことを行います。直接会って一緒に過ごすことだけではなく、メールのやり取りや写真の送付などの間接的な交流も、面会交流に含まれます。

  • 直接会って一緒に過ごす
  • 電話・メール・手紙のやり取りをする
  • プレゼントを贈る
  • 授業参観や学校行事などに参加したり、見学したりする
  • 子どもの写真を定期的にもらう

面会交流の条件の決め方

面会交流をどのようなルールで行うかについては、夫婦の話合いで自由に決めることができます。「月に1回以上面会しなければならない」などの決まりはありません。 ルールを決めるときは、あいまいな点を残さないように、できるだけ具体的に決めましょう。後になって「自分が考えていた条件と違う」など、お互いの認識違いからトラブルが起きることを防げます。 以下は、ルール設定の一例です。

具体例* 面会日(◯月◯日◯時~◯時/代替日◯月◯日◯時~◯時)
* 場所(特定するか、どこでもよいか)
* 送り迎えの時間と場所(◯時に◯◯線の◯◯駅で等)
* 宿泊について(可・不可・その都度話し合う)
* 遠出について(可・不可・その都度話し合う)
* 祖父母との面会について(可・不可・その都度話し合う)
* プレゼント・小遣い(クリスマス・誕生日・進学祝い)
* 行事への参加・見学の可否(見学のみ可・子どもとの接触は不可)
* 長期休暇の場合(夏休みや冬休み・連休中の過ごし方)
* 間接的な交流の方法(手紙や電話・メールなどのやり取りの有無・方法)
* 子どもの写真の交換(定期的に行う・不定期に行う・行わない)

【補足】離婚協議書は「公正証書」の形にしておこう

夫婦の話合いで面会交流のルールが決まったら、会う頻度や面会の時間、具体的な方法などを書いた離婚協議書を作成し、さらにその内容を公正証書にしておくことをおすすめします。 離婚協議書では、面会交流のことだけでなく、慰謝料や財産分与、養育費等の支払いについても取り決めることになりますが、公正証書の形にしておくことで強制執行が可能となります(強制執行認諾文言をいれる必要あり)。 調停や審判の手続きを経ている場合は、強制執行の他にも、履行勧告(裁判所から履行を促してもらう)や間接強制(一定の期間内に履行しない場合にお金を取り立てることで間接的に履行を強制する仕組み)を利用できます。 一方、離婚協議書の公正証書に基づいて、履行勧告や間接強制を利用することはできません。

面会交流のルールは具体的かつ柔軟に

面会交流のルールは、具体的に決めるとともに、ある程度柔軟性を持たせるといいでしょう。 たとえば、「面会は第3土曜日の◯時~◯時、その日の都合が悪ければ、翌週に振替」「春休み・夏休みなどの長期休暇は、第3土曜日としないで、◯日間を面会交流の期間とする」など、代替案を書くこともおすすめです。 また、「子どもの成長にあわせて条件もその都度調整する」と決めておくと、子どもの年齢や進学、生活リズムの変化などに応じてルールを変更することができます。

面会交流の条件をめぐってもめた場合の対処法

面会交流のルールなどについて夫婦の話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てることができます。 この手続は、離婚前の別居をしている段階であっても、子どもとの面会交流についての話合いがまとまらないときに利用することができます。 離婚自体に合意できず、離婚調停を申し立てようという場合に、その離婚調停で面会交流のルールについて話し合うこともできます。 面会交流調停では、子どもの年齢や、性別、性格、就学の有無、生活のリズム、生活環境などを考えて、子どもに精神的な負担をかけることのないよう、そして子どもの意向を尊重した取決めができるように、話し合いが進められます。 このとき、通常、家庭裁判所の調査官(心理学や教育学などの知識が豊富な専門家)が関与し、子ども自身の話の聞き取りや、裁判所内で面会交流の試行をし子どもの様子を観察するなどして、ルールづくりのアドバイスをしてくれます。 なお、面会交流を拒絶された場合の間接強制を考慮するのであれば、ルール作り(調停条項)においては、面会交流の日時又は頻度、各回の面会交流時間の長さ、子の引渡しの方法等を特定しておくことが重要となります。

申立てに必要な書類

面会交流調停の手続きは、(元)夫婦のどちらかが家庭裁判所に申し立てることでスタートします。申立先は、相手方の住所地の家庭裁判所か、当事者が合意で決めた家庭裁判所です。 調停の申立てには、以下のような書類が必要です。

これらの書類以外にも、ケースに応じて、別の書類が必要になる場合もあります。また、申立ての費用として、収入印紙1200円分(子ども1人につき)と連絡用の郵便切手が必要です。 調停での話合いがまとまらず不成立となった場合には、自動的に審判に移り、裁判官が一切の事情を考慮して判断を下します。

面会交流の拒否や制限が認められるケース

面会交流は、子どもと離れて生活する親の権利であるとともに、子どもの権利でもあります。 子どもと生活を共にする親が「別れた相手に子どもを会わせたくない」と思っても、正当な理由がない限り、面会交流を拒否することはできません。 ただし、面会交流を行うことが、子どもにとって明らかに悪い影響を与える場合には、拒否や制限ができる可能性があります。 たとえば、以下のような場合です。

  • 子どもにとってよくない影響がある場合
  • 子どもと生活を共にする親が強く拒否している場合
  • 子どもと離れて生活する親に問題があると認められる場合

子どもにとってよくない影響がある場合

ある程度大きい子どもが、離れて生活する親への恐怖心などから面会交流を拒否している場合や、面会交流を行うことで子どもの精神状態が不安定になると考えられる場合には、面会交流の拒否や制限が認められる可能性があります。

子どもと生活を共にする親が強く拒否している場合

子どもが小さく、子どもと生活を共にする親が面会交流に立ち会うケースにおいて、その親が、離れて生活する親への恐怖心などから、面会交流をすることで動揺し、同居する子どもの精神状態に悪影響を与える場合には、面会交流の拒否や制限が認められる可能性があります。

子どもと離れて生活する親に問題があると認められる場合

離れて生活する親に、子どもへの暴力などの問題があり、面会交流をすることで子どもに悪影響を与えると考えられる場合は、面会交流の拒否や制限が認められる可能性があります。

子どもに悪影響がある場合、面会交流を拒否・制限できる可能性がある

関連記事

お悩みの解決策を探す

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

面会交流を扱う弁護士を探す

面会交流に関する法律相談

  • 面会交流権について(妻子と別居中)

    妻がDVをでっちあげて、子供を連れて失踪、別居中です。先方に弁護士がついたのですが、子供との面会交流について妻側が拒否しております。 このまま、ずっと会えない状況が続くのでしょうか...

    2弁護士回答
  • 面会交流審判について

    離婚訴訟と面会交流調停が並行して進んでいます。 離婚訴訟では親権争い、面会交流調停では同居親(妻)が面会交流を拒否しています。 面会交流が制限・禁止される事情はなく、妻が「子供...

    2弁護士回答
  • 面会交流調停の下準備

    相手方に子供がある場合です。 面会交流調停で、調査員が調べるとなりますが、同時進行で、調停を起こした側の代理人側も興信所もしくば、ご自身で水面下で、お調べになられたりする弁護士事...

    4弁護士回答
  • 面会交流にあたっての細かな取り決めについて

    面会交流調停が合意により終了しました。 月1回、3時間、相手の付き添いありという3条件で、 私が強く希望していた間接強制可能な程度の詳細な条件 (頻度、時間、受け渡し場所の指定)は...

    1弁護士回答
  • 冤罪DV被害者として出来る事はありますか

    冤罪DV等で半年前に保護命令、子への接近禁止命令が発令されました。初めての保護命令を申し立てられ、こちらもやっていない証明が出来ない為に発令されました。私は円満調停、監護者指定、...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

面会交流の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...