斜線制限・日影規制

「斜線制限」や「日影規制」は、建築物による日照被害を防止するための規制す。建物を立てるときには、この制限を守る必要があります。ここでは、斜線制限の考え方やよくあるトラブル事例と対処法をご案内します。「隣地で新築中の建物が斜線制限に触れているが、どうしたらよい?」「斜線制限を守っていれば日照権は主張できないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

斜線制限・日影規制に関する法律相談

  • 日影規制・日照権問題

    南側に隣人のお宅があり、隣人宅との塀から約、2メートル70センチのところに 高さ8メートルほどの二階建てを建設中です! 斜め屋根なので、屋根からなら10メートル弱 だと思うのですが 私...

    1弁護士回答
  • 公共 対 民間の日照権をめぐる判例について

    現在某庁舎(役所)の計画をしており、敷地内に現庁舎が建っています。 昭和30年代に都市計画区域の指定よりも先に庁舎ができており、日影規制上、既存不適格のまま存続しています。 さて、...

    1弁護士回答
  • 北側斜線違反について

    大手建築会社に依頼し店舗兼住宅の建築が終わり、建築代金を支払い、明け渡しを受けました。 ところが、建築開始時に北側の隣地との境界石が見つからず、境界石がこの辺だろうとの推測で建築...

    1弁護士回答
  • 墓地の場所変更について

    20年前に墓地使用権を購入しました。未だ未使用です。 購入当時は見晴らしの良い場所でしたので、購入しました。 5~6年前に、小生の墓地区画の前に掃除用の仮小屋 が設置されました。見晴...

    1弁護士回答
  • 日影規制と、受忍限度について教えてください

    我が家の南側、リビングの最短で3メートル弱前に2階建ての家が建ちます。 建築法に違反がなければ、こちらはどうすることもできないとのことでした。 しかし、日影規制と、受忍限度という...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す