建築確認申請

建築物や工作物を建築する時には、工事着手までに役所に対して建築確認申請を行い、確認済書の交付を受ける必要があります。ここでは、建築確認申請が必要な条件や、申請方法、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「家などの建物の曳家や再築にも建築確認申請は必要?」「建築後に建築確認申請書に誤りがあることに気づいたが、建て直しが必要か?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

建築確認申請に関する法律相談

  • 建築確認申請とは違う施工 建築基準法について

    建築基準法について。大手ハウスメーカーで準防火地域に住宅を新築住宅、住み始めてからの細かいトラブルが発端で詳しい方に様々な所を見てもらったところ、小屋裏の延焼部分の内壁やその他...

    1弁護士回答
  • 建築確認の処分性

    建築物の隣に居住する私は、当該建築物は建築基準法令所定の時間以上の日陰を生じさせることになるとして、建築確認の取消訴訟を提起したいと思います。 建築確認の処分性について、 確認は...

    1弁護士回答
  • 建築設計、管理業務委託契約書の解除について

    一月前に設計士さんと間取りの概要が決まった時点で建設設計管理委託業務契約を結んだ。 契約前にオプション以外からは設備の取り入れは出来ない事や断熱、換気システムなど に対する説明は...

    1弁護士回答
  • 新築アパートの工期遅延での損害賠償請求は可能でしょうか?

    千葉県市川市に新築アパートを建てる予定です。 工事請負契約をしたのが 2019/9/29 です。 完工予定が 2020/3/15 でした。 建設業者から再三にわたって工期の遅延が伝えられ、4/30現在で2020...

    2弁護士回答
  • 「通行地役権」で家が建てられるのか?

     私の実家の隣人が、少なくとも30年以上にわたり人が住んでおらず、「現況再建築不可」と複数の不動産広告で掲載された旗竿地に、無理やり家を建てた為、大変迷惑しております。  隣人は、...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す