現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

建築確認申請

建築物や工作物を建築する時には、工事着手までに役所に対して建築確認申請を行い、確認済書の交付を受ける必要があります。ここでは、建築確認申請が必要な条件や、申請方法、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「家などの建物の曳家や再築にも建築確認申請は必要?」「建築後に建築確認申請書に誤りがあることに気づいたが、建て直しが必要か?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

建築確認申請に関する法律相談

  • 注文住宅建築中のハウスメーカーとのトラブルについて

    【相談の背景】 現在、ハウスメーカーにて注文住宅依頼しを建築中で、基礎工事が完了し、上棟を待つのみとなっています。 しかし、上棟を前に、以前より懸案事項としている問題を理由に上棟...

    1弁護士回答
  • 市役所、ハウスメーカーの対応による損害を賠償出来るのか。

    2019年9月に大手ハウスメーカーと請負契約を結び100万円の手付け金を払いました。 親の土地に家が建てられれば契約したい旨を伝えて、担当営業が市役所に行って確認したところ、「建てられる...

    1弁護士回答
  • 違法建築に関わる損害賠償 慰謝料について

    建築申請が必要な地域にも関わらず、建築申請を出さずに建築物を建てていた事がわかり、基礎部分に欠陥があり安全性が保障できない事も判明しました、施工会社へ対応を求めていますが、連絡...

    3弁護士回答
  • 接道部分が共有地の場合の、接道義務について。

    初めまして。接道部分が、共有地A(間口4m)で、持ち分が2分の1ずつの二つの土地があります。 質問 1 建築確認申請をするとき、それぞれがAの土地を地番に記入してよいのでしょうか。 ...

    1弁護士回答
  • 用途変更 特殊建築物

    建築物の用途変更についてご教授下さい 軒高8・3m 棟高11m 延べ床面積230平米の木造2階建て元写真館の建物を1階部分の96平米をゲストハウスとして 残りの2階部分の96平米をコワーキングス...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す