現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

接道義務

幅4メートル以上の公道に2メートル以上接していない土地には、原則として建物を建てられません。これを「接道義務」と呼びます。ここでは、接道義務の考え方や例外の許可申請方法、よくあるトラブルと対照法などをご案内します。「土地を売ろうとしたら、接道義務を果たしていないから買い手がつかないと言われた」「1m程度の私道にしか面していないが、老朽化した建物を建て替えたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

接道義務に関する法律相談

  • 建築基準法上の接道義務を満たしていないため、再建築の際は 同法43条2項2号の許可を得ることが必要

    【相談の背景】 中古住宅を購入するか検討しています。 建築基準法上の接道義務を満たしていないため、 再建築の際は同法43条2項2号の許可を得ることが必要となります(建築審査会の同意...

    1弁護士回答
  • 二項道路のセットバックについて

    【相談の背景】 巾8m以上ある県道と巾2.3m程度の市道にそれぞれ10m以上、面した土地を有しており、この土地を事業用定期借地で貸すことになりました。現状、市道のところは30cm程度土地を道...

    1弁護士回答
  • 私道の土地購入について

    【相談の背景】 位置指定道路になっている、私道負担がある土地の購入を検討しています。 公道から検討する土地に入るまでに、私道の持ち分がある方に通行掘削承諾をいただきたいのですが...

    1弁護士回答
  • 位置指定道路 駐輪 法的責任

    【相談の背景】 私が所有する戸建の前面道路が幅員4メートルの位置指定道路です。私はその真ん中までの2メートル部分を所有しております。私の自宅の目の前にある文化住宅のオーナーも半分...

    2弁護士回答
  • 不動産の接道義務に関して

    【相談の背景】 土地の接道に関して質問があります。 購入物件の土地が2筆あり、1筆の持分は1/1あり、残りが1/7の、持分となってます。接道義務2mをとるには、持分1/7の土地も含めなくては...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す