現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

接道義務

幅4メートル以上の公道に2メートル以上接していない土地には、原則として建物を建てられません。これを「接道義務」と呼びます。ここでは、接道義務の考え方や例外の許可申請方法、よくあるトラブルと対照法などをご案内します。「土地を売ろうとしたら、接道義務を果たしていないから買い手がつかないと言われた」「1m程度の私道にしか面していないが、老朽化した建物を建て替えたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

接道義務に関する法律相談

  • 境界確認書にサインしたことにより接道義務を満たさなくなってしまった場合の対処法

    旗竿地を所有しています。 隣地が売買するということで、土地家屋調査士より境界確認書にサインしてほしいと言われ、言われるがままにサインをしました。 7年後、所有土地を売却しようと思い...

    1弁護士回答
  • 位置指定道路の一部を駐車場に賃貸

    位置指定道路の一部を駐車場として貸すのは法律上問題ありませんか? 道路の半側に車が止まっていて邪魔なんですが、借りてるらしいです。

    1弁護士回答
  • かみそり地があるため接道できず、売却できない

    土地を売却しようと思い、不動産屋に相談したところ「かみそり地があり、接道できないので家を建てる ことができず、売却できません」と言われました。 売却するためには、かみそり地所有...

    1弁護士回答
  • 再建築不可物件の売買について

    土地売買にて 購入を検討中の土地が再建築不可かもしれません。 接道する位置指定道路が、申請時の計画通りではなく、基準を満たしていなく、行政はこれをまだ把握してません。 売り手は再建...

    1弁護士回答
  • 位置指定道路の駐車違反

    幅4mの位置指定道路に駐車場手前1メメートルの場所に駐車した場合道交法44条及び45条の駐車違反は適用できるのでしょうか

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す