接道義務

幅4メートル以上の公道に2メートル以上接していない土地には、原則として建物を建てられません。これを「接道義務」と呼びます。ここでは、接道義務の考え方や例外の許可申請方法、よくあるトラブルと対照法などをご案内します。「土地を売ろうとしたら、接道義務を果たしていないから買い手がつかないと言われた」「1m程度の私道にしか面していないが、老朽化した建物を建て替えたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

接道義務に関する法律相談

  • セットバック道路部分(自己所有)へ駐車はみ出し

    セットバック道路について駐車のはみ出しについてご相談です。 ・自分の家の前が24項2項道路で新築時に30cmセットバックしました。道路の前方半分の所有権は自分です。 ・両隣や向かいの古い...

    1弁護士回答
  • セットバック部への駐車について。

    戸建を購入しました。駐車場前は60cmセットバック済みです。公道を挟んで迎えの戸建も60cmセットバックしており自宅前は4mとなっております。迎えの戸建はセットバック部ギリギリに収まって...

    1弁護士回答
  • 外構工事による意図せざるセットバック

    セットバックしなくても済むように既存ブロック塀の改修工事を外構業者に依頼したところ、業者が誤って一部のブロック塀を土台まで撤去してしまい、そこへ役所の行政指導が入り、やむなく、...

    1弁護士回答
  • 建築基準法第42条第2項(2項道路)認定取り消し

     私の家に隣接する私道について、市町村から建築基準法第42条第2項道路の指定をする旨のお知らせが届きました。このことで私の家は、建て替えの際にセットバックを余儀なくされる見込みです...

    2弁護士回答
  • 位置指定道路隅切り部分

    当方は旗竿地を所有しており、竿部分は位置指定道路で下部は公道に接しており、公道に接する部分が 隅切りとなっております。 旗下の隣地が先般売りに出され、隣地を購入した不動産業者が整...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す