地目・用途地域

市街化区域内では、土地の所在する地域の用途によって建てることのできる建物が制限されています。ここでは、用途地域の確認方法や、種類、建てることのできる建物などについてご案内します。「用途地域がいつのまにか変更されていて、事業継承が難しくなってしまった」「第一種居住地域に貸倉庫が建設されようとしているが、違法ではないか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

地目・用途地域に関する法律相談

  • 不動産売買による説明不足

    私は、北海道の広い土地で犬を飼いたいと思い、 不動産を購入しました。 物件を実際に確認したのは、冬の雪のある一回だけで、売主は雪の中をだいたいここら辺までがウチだよと説明して、こ...

    2弁護士回答
  • 五条申請を本人申請したいんです。

    五条申請の届出を自分でしようと思います。 必要書類を教えて下さい。登記上は農地ですが現在は雑種地 

    2弁護士回答
  • 市街化調整区域の農地転用開発許可について、私有地以外の整備をしないといけないか

    市街化調整区域で住宅の建築を予定しており、農地転用と開発許可の申請を進めています。 申請は行政書士に依頼して進めていますが、開発許可の申請にあたり、市の指示通りに土地を整備する必...

    1弁護士回答
  • 立て看板の撤去をオーナーに指示されました

    商業地域のテナントビルの3階で数年間商売をしています。 契約当初から敷地内(エントランス)に50㎝ほどの立て看板をオーナーの許可をもらい出していました。 しかしビルの改装にともない、...

    2弁護士回答
  • 新築用土地の地目、固定資産税について

    住宅新築用に2019年夏、土地を購入しました。 2020年に入り新居はほぼ完成しています。 購入した土地はセットバック部分があり、2019年に役所、近隣住民立ち合いの元、道路の中心を確認しま...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す