重要事項説明書

「重要事項説明」とは宅地建物取引業者 (宅建業者) が取引当事者に対して契約上重要な事項を説明することで、重説と略されることもあります。宅建業者が取引上の判断に重要な影響を及ぼすことを隠したり、不実のことを伝えた場合には「説明義務違反」となり損害賠償の対象となることがあります。ここでは、重要事項説明書の項目や注意しておきたいポイントなどをご案内します。「重要事項説明書の記載が事実と違った」「契約後の重要事項説明は違法?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

重要事項説明書に関する法律相談

  • 瑕疵担保責任期間後の問題について

    昨年秋に古家付きの土地を購入しました。固定資産税のこともあり、年明けより古家を壊し更地にしました。もともと古家が頑丈なコンクリート造だったこともあり、かなり壊すときのことは不安...

    2弁護士回答
  • 分譲中古マンションで24時間ゴミ出しができません

    去年中古マンションを購入しました。 仕事都合上帰りが遅いこともあり24時間ゴミ出しが出来るマンションを 条件に探し購入に至りました。 しかし、入居後わかったのですが、マンションのロー...

    1弁護士回答
  • マンションのリフォームに関する管理規約違反疑惑への対応について

    数年前に購入しフルリフォームした中古マンションを売却しようと広告を出したところ、 別室の新規入居者が洋室をフローリングにしているのは規約違反として管理組合に報告し、 理事会からカ...

    1弁護士回答
  • 重要事項説明違反の時効について

    平成13年に購入した中古住宅を売却しようと不動産業者に見積もりしたところ、市の条例により再建築不可物件の為にかなり価格が落ちると言われました。そこで住宅購入時の重要事項説明書を見...

    1弁護士回答
  • 重要事項説明書の誤記載で家が建てれない

    不動産会社を通して土地を買いました 契約に先立ち測量した結果、購入地と道路の間が盲地となっていて接道していませんでした。 しかし重要事項説明書には「接道」と明記されていて、そうい...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...