契約書

不動産取引の契約書は専門用語が多く難解ですが、高額な取引なだけに特に慎重な確認が必要です。ここでは、契約書の読み方・書き方や契約締結時の注意点などをご案内します。「購入の約束を反故にされそうになっている」「パンフレットの説明と部屋の広さが違った」「引き渡し前に物件が火事にあってしまったが、危険特約がついていなかった」「売買契約書を紛失してしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約書に関する法律相談

  • 賃貸マンションの管理会社が変更した場合の契約内容について

    現在住んでいる賃貸マンションの管理会社が住んでる途中で別の管理会社に変わりました。先日鍵を紛失し、交換のために管理会社へ問い合わせたところ、費用が3万円でお金を振り込んでからの着...

    3弁護士回答
  • 新築の着工遅れ 遅延損害金もらえない

    新築の着工が3カ月遅れております。 「遅延の原因は下請けの会社が申請に時間がかかっているせいで、ハウスメーカーの責任ではないので遅延損害金の支払いはしない」と言われました。 ハウ...

    1弁護士回答
  • 賃貸契約書違反した疑いがあると更新を拒否されました

    住宅宿泊事業をしていますが、部屋のオーナーから賃貸契約書に住宅宿泊事業以外は認めていないのに、マンスリー募集をしたので、賃貸契約解除を言われました 確かにマンスリー募集はしました...

    1弁護士回答
  • 賃貸物件の法人契約に伴う覚書とは何ですか?

    所有するマンションの1室を法人契約する予定の貸主です。今回で法人契約は3回目ですが初めて契約書の他に覚書というものに署名捺印を求められています。 初めて目にする「覚書」というものに...

    1弁護士回答
  • 賃貸借予約契約の禁止事項に抵触しないか

    私の土地・建物の賃貸借予約契約を昨年かわしました。その契約書の条項に建設協力金4000万円を支払うと記載されています。その金銭を支払うために、賃貸人がB社から融資を受けることに...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す