契約の更新

一般に居住用の賃貸借契約は、2年程度の契約期間を満了した場合に更新ができるようになっています。ここでは、契約更新の手続きやかかる費用、更新拒否が有効とされる条件などをご案内します。「更新料は支払わないといけないのか?」「更新料の相場はいくらか?交渉はできるのか?」「大家に更新を拒否されてしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の更新に関する法律相談

  • 法定更新について質問

    法定更新について。 大家の大幅な値上げに合意出来ず、 更新の期日までに書類が交わされないまま法定更新という形になりました。 1、契約書に更新料は支払うという記載はあるので、仲介業...

    3弁護士回答
  • 法定更新後の合意更新?

    契約内容に納得いかない為、法定更新をと考えていますが相手方(管理会社)より、法定更新後でも合意更新は可能だと言われ平行線のままなのですが、 そもそも法定更新は強行規定であり、本人(...

    1弁護士回答
  • 更新時家賃値上げについて

    現在のマンションに入居してもうすぐ2年で更新を迎えますが、先日管理会社から家賃値上げのお知らせが届きました。  <家賃2000円値上げ、共益費800円値上げ> 文書には「賃貸住宅の経営に...

    3弁護士回答
  • 更新料の二重請求をしてきた貸主に対して

    現在テナントを賃貸しておりますが、昨年更新の際に貸主と条件が折り合わず法定更新になっております。契約には法定更新の際も更新料を支払うとあったので、きちんとお支払いしております。 ...

    2弁護士回答
  • 更新のない事業用定期建物賃貸借契約で、更新できないと断られました。

    民泊物件の更新時期がきたので、更新を依頼したところ、民泊運営で不正な運営をしている疑いがあるという理由により、更新はできないと言われました。 契約当初、契約書の特記事項に「契約書...

    5弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

契約の更新の解決策を探す