現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

契約の更新

一般に居住用の賃貸借契約は、2年程度の契約期間を満了した場合に更新ができるようになっています。ここでは、契約更新の手続きやかかる費用、更新拒否が有効とされる条件などをご案内します。「更新料は支払わないといけないのか?」「更新料の相場はいくらか?交渉はできるのか?」「大家に更新を拒否されてしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の更新に関する法律相談

  • 極度額 連帯保証人 無効

    【相談の背景】 2017年から親族が借りている賃貸物件の連帯保証人をしています。 2019年と2021年に更新をしています。 2021年の更新は貸主、借主、連帯保証人が記名押印をしてます。 そ...

    1弁護士回答
  • 更新手続き完了間近、突然「定期借家契約」の切り替え要望と更新手数料の有無について

    【相談の背景】 2014年7月、普通借家契約を締結。5月下旬~6月初旬にかけ更新の手続き中で後は、更新手数料等を振り込むだけの段階になり、仲介の不動産会社営業より連絡があり、定期借家契...

    1弁護士回答
  • 借地借家法38条の4項について

    【相談の背景】 基本的には2年の定期借家契約で、合意により更新する場合は、仲介不動産会社(建物管理会社)に家賃1か月分の手数料を支払う旨の契約となっております。しかし、解約につ...

    2弁護士回答
  • 借地権の買取請求について

    【相談の背景】 当方は地主ですが、今年9月末に更新を迎える旧借家法上の貸地についてのご相談です。現在、借地人はその土地に借地人名義のアパートを建て賃貸しています(本人は別の場所...

    1弁護士回答
  • 合意更新と法定更新の違い

    【相談の背景】 普通賃借契約で店舗を借りて飲食店をしています。 今年の七月で二年契約が終わります。先月不動産管理会社と大家の連名で通知書が郵送されました。内容は「老朽化に伴い大...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

契約の更新の解決策を探す