契約の更新

一般に居住用の賃貸借契約は、2年程度の契約期間を満了した場合に更新ができるようになっています。ここでは、契約更新の手続きやかかる費用、更新拒否が有効とされる条件などをご案内します。「更新料は支払わないといけないのか?」「更新料の相場はいくらか?交渉はできるのか?」「大家に更新を拒否されてしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の更新に関する法律相談

  • アパートの更新について。

    アパートの契約について。。。 保証会社を利用しています。。。 保証会社の更新料として、毎年、一万円払っていますが、払わないと退去になりますでしょうか? 家賃の滞納はありません。

    4弁護士回答
  • アパートの更新について。

    アパートの更新について。更新はまだ先なのですが、更新料だけ先に払うことは可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • アパートの更新について。

    アパートの更新について。 契約期間は今年の12月までなのですが、 更新を前倒しすることは可能でしょうか? また、前倒しになった場合、新しい契約期間は来年の1月からでしょうか?

    1弁護士回答
  • 借家の立ち退きについて

    現在木造築27年の賃貸アパートに住んでいます。最初の契約は平成5年で、その後は2年毎に更新しています。2月に管理会社から書面で老朽化のためアパートを来春に取り壊すことになった旨と次回...

    1弁護士回答
  • 未払いの更新料を保証金清算時(退去時)に請求しても問題ないでしょうか?

    区分マンションを事務所として賃貸しています。 昨年8月末の契約更新を失念して、法廷更新となってしまいました。 行政に相談したところ、『法廷更新という更新だから 今回に関しては更新...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

契約の更新の解決策を探す