現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

契約の解除

事前に定めた条件を満たしたときや、契約自体が正しい形で結ばれなかったり債務不履行があった場合などには、契約を解除できる可能性があります。ここでは、解除のための条件や手続き、よくあるトラブル事例と対処法をご案内します。「どんな場合にクーリングオフができるの?」「手付解除はいつまでできるの?」「未成年が契約を結んでしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の解除に関する法律相談

  • 越境解消のための土地の分筆について

    【相談の背景】 半年前に建築条件付きの土地を建築会社から購入しました。この際、隣地の越境部分があるため、越境解消のために土地の分筆登記を建築会社の責任において行うと説明があり了承...

    1弁護士回答
  • 注文住宅による図面と現場の相違に対する賠償金について。

    【相談の背景】 現在新築建築中です。 設計打ち合わせ時に、エントランスクローク(EC)扉の有効寸法810mmを確保して頂くよう依頼し、それに合わせて大きな扉を設置して頂きました。 図面上に...

    1弁護士回答
  • 自己破産と不動産売買活動の停止について

    【相談の背景】 私は、東京から北海道へ引越しをしました。 その後、体調不良から働く事が出来ずに収入もありません。 間もなく引越して一年になりますが、東京の自己所有のマンションをずっ...

    1弁護士回答
  • 親から相続した権利書を持っていた土地及び家屋を兄弟が無断で無断で売却していました。

    【相談の背景】 親から相続した権利書を持っていた土地及び家屋を兄弟が無断で無断で売却していました。 自分が固定資産税等も払っていました。 このようなことが可能なのでしょうか? また...

    1弁護士回答
  • 不動産売買契約の解除について

    【相談の背景】 売買契約の解除について いつもお世話になっております。 不動産の売買契約の解除についてですが、1ヶ月半前ほどに売買契約を締結し、手付金による解除期間も過ぎて引渡し準...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す