契約の解除

事前に定めた条件を満たしたときや、契約自体が正しい形で結ばれなかったり債務不履行があった場合などには、契約を解除できる可能性があります。ここでは、解除のための条件や手続き、よくあるトラブル事例と対処法をご案内します。「どんな場合にクーリングオフができるの?」「手付解除はいつまでできるの?」「未成年が契約を結んでしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の解除に関する法律相談

  • 誇大広告?注文住宅トラブル

    某ハウスメーカーと注文住宅の契約をしました。契約前、ホームページやパンフレット、営業との会話から、耐震については耐震等級3相当で作るということは了解していました。相当ということで...

    1弁護士回答
  • 注文住宅トラブル・契約解除したい

    某ハウスメーカーで注文住宅を建設予定です。契約し、本図面段階になり、天空率をかわせないとのことで天井が下るだったり、屋根形状の変更がありました。仕方がないので承諾しましたが、ま...

    3弁護士回答
  • 融資未承認の場合のローン特約について

    ローン特約の適応について教えて欲しいです。 契約書には『標記の融資未承認の場合の契約解除期限までに、融資の全部又は1部について承認をえられないとき、又、金融期間の審査中に標記の融...

    3弁護士回答
  • 賃貸契約解除の違約金

    入居し一ヶ月たちましたが事情があり賃貸を半月後のその月で解約したいです。管理会社に連絡したら、「本来なら翌月分の家賃をもらうがオーナーに確認する」と言われました。【契約書には退...

    1弁護士回答
  • 契約解除の内容証明を担当者の住所に送り、担当者が受領することで、契約解除が成立するか

    内容証明の効力について教えてください。 自宅の修繕を依頼した個人事業主へ債務不履行による契約解除の通知を契約書に記載された住所に内容証明で二度送り、郵便局には毎日2回、計28回配達...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す