契約の解除

事前に定めた条件を満たしたときや、契約自体が正しい形で結ばれなかったり債務不履行があった場合などには、契約を解除できる可能性があります。ここでは、解除のための条件や手続き、よくあるトラブル事例と対処法をご案内します。「どんな場合にクーリングオフができるの?」「手付解除はいつまでできるの?」「未成年が契約を結んでしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の解除に関する法律相談

  • 訴訟は諦めろと言う事でしょうか。

    土地使用貸借契約書 県が施工する道路(法面保護)工事のために必要な土地について、所有者〇〇(以下「甲」という、)と県知事〇〇(以下「乙」という、)との間に下記条項により土地の使用...

    2弁護士回答
  • 下宿途中退去のトラブル

    下宿の途中退去について 高校生の子供が学校を辞めることになり下宿退去する事になり下宿を退去しました。 退去月までの家賃は支払い済みでした。 退去時の請求書には契約期間満了日迄の残り...

    2弁護士回答
  • クーリングオフ可能か

    先日実家を2世帯にリフォームをして同居するため、業者からの工事請負契約書に捺印したのですが、後々考え直すと営業マンの強引なやりとりに流されたことと、費用が高いので悩んでいた所、...

    1弁護士回答
  • アパート管理会社からの退去願いに関する質問

    令和2年の1月末日、アパートの管理会社から度重なる騒音を理由とした退去願いがポストに投函されておりました。事実、私は騒音を立てていたので退去を申し入れられること自体には不服はあり...

    2弁護士回答
  • 駐車場管理会社からの『解約通知書(借主用)』の送付について

    管理会社より何の説明もなく、『解約通知書(借主用)』が届きました。 (過去の関係から恐らく嫌がらせと思われます。) この件について質問です。 『解約通知書(借主用)』でも、貸主か...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す