現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

契約の解除

事前に定めた条件を満たしたときや、契約自体が正しい形で結ばれなかったり債務不履行があった場合などには、契約を解除できる可能性があります。ここでは、解除のための条件や手続き、よくあるトラブル事例と対処法をご案内します。「どんな場合にクーリングオフができるの?」「手付解除はいつまでできるの?」「未成年が契約を結んでしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約の解除に関する法律相談

  • 建築請負契約の債務不履行の目的は?

    【相談の背景】 住宅を新築中ですが、施主検査で発覚した設計ミスや施工不良の修繕のため、引渡しが2ヶ月遅延しています。 施工会社は、当初はミスや不良を認め、指摘箇所全てを修繕する...

    3弁護士回答
  • 普通賃貸借契約の解除

    【相談の背景】 私はアパートの大家です。テナントを普通賃貸借契約で30年貸しております。その借している店舗を自分で、個人事業主として事務所使用しようと思っておりますが、借主に拒否...

    2弁護士回答
  • 許可した覚えのない契約書

    【相談の背景】 使用貸借についてお聞きします。 使用貸借を土地所有者が認めてない、許可してない、むしろそんな事知りもしないって事あるのでしょうか。 使用貸借していた土地に建っ...

    2弁護士回答
  • 賃料不払いの解除について

    【相談の背景】 企業間における賃貸借契約について質問です。 賃料不払いによる契約の解除する場合、おおむね3か月程度の賃料不払いで催告のうえ解除ができ、6か月程度の不払いであれ...

    2弁護士回答
  • 家賃保証会社による賃料滞納

    【相談の背景】 賃貸マンションのオーナーです。賃借人には家賃保証会社を契約していただいております。仲介した不動産屋にお任せした保証会社でした。 賃料滞納に不安が無いよう保証会社...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す