瑕疵・説明義務

購入した建物に欠陥があったり、契約判断上重要な事項を契約前に説明されていなかったりした場合には瑕疵担保責任や説明責任違反によって損害賠償などを求めることができる場合があります。また、自殺や他殺があって間もない物件の場合には、心理的瑕疵としてその旨が告知される必要があります。「欠陥住宅を買ってしまった」「借りた部屋が事故物件だった」「手抜き工事を見つけたので、手直しを求めたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

瑕疵・説明義務に関する法律相談

  • 買主が瑕疵担保責任を追及できる期間は請求により中断しますか?

    中古住宅を購入したのですが、隠れた瑕疵(雨漏り)を発見しました。 売主は建築会社を経営する者ですが、個人として不動産を売却しました。 1.買主が瑕疵担保責任を追及できる期間は、隠れ...

    1弁護士回答
  • 瑕疵担保責任を負う期間をおしえてください。

    以下のような場合についてご教示お願いします。 ・妻は宅建業者で免許を持っている。 ・実務はほとんど全て夫が行っている。 ・妻の会社の紹介するサイトには代表者として妻の名前を掲載し...

    1弁護士回答
  • 告知義務違反にあたりますか?

    分譲地を新居の為に購入したが 目の前の公園で過去10年以内に自殺があったとの事。 不動産屋からは聞かされておらず 告知義務違反にならないのかを教えて頂きたいです。

    1弁護士回答
  • サブリース業者(テナント物件)の重要事項説明に関するトラブル

    お世話になります。 新たに飲食業を営むため店舗を借りましたが、不動産会社といろいろとトラブルになっています。 そのうちの1つに重要事項説明書にあるべき記載がなかったために、私に損...

    1弁護士回答
  • 不動産会賃貸物件 界壁施工不良の件

    この度はお世話になります。 不動産会社賃貸物件オーナーです。 20年前に、約1億ほどの 上位モデルを建てました。 ローンはまだ残っています。 前社長の、直接の指示による、界壁の手抜き...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す