瑕疵・説明義務

購入した建物に欠陥があったり、契約判断上重要な事項を契約前に説明されていなかったりした場合には瑕疵担保責任や説明責任違反によって損害賠償などを求めることができる場合があります。また、自殺や他殺があって間もない物件の場合には、心理的瑕疵としてその旨が告知される必要があります。「欠陥住宅を買ってしまった」「借りた部屋が事故物件だった」「手抜き工事を見つけたので、手直しを求めたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

瑕疵・説明義務に関する法律相談

  • 事故物件の補償に関して

    事故物件の損害賠償に対してです。10年ほど前にアパートで自殺がありその場所を取り壊して7年ほど前に新築でアパートが建っています。そのアパートに新築時から住んでいるのですが事故物件の...

    1弁護士回答
  • 重要事項説明書の効力

    自分の家を購入した場所が区画整理地でした。 不動産屋との契約時に重要事項説明書の取り交わしも行い、区画整理地の清算金の 帰属先は売主(不動産屋)で清算金の交付/徴収も売主になってま...

    1弁護士回答
  • 不動産の個人間売買について

    個人間の不動産売買する際に必要な書類は以下でよろしいでしょうか。 不足がありますでしょうか。 また、個人売買の際に気をつける事はありますでしょうか。よろしくお願いします。 ・売買...

    1弁護士回答
  • 原状回復費用について交渉余地があるか

    賃貸契約している家を退去する時の原状回復についての質問です。 今住んでいる家は約20年ほど前から借りております。入居時はおそらくクリーニングのみで何処も直されていない状態で入りまし...

    1弁護士回答
  • 瑕疵担保責任は発生しますか

    昨年住居を売却したのですが、瑕疵担保責任を問われています。 特約条項に 売主は本物件と隣地境界について境界の明示を行わず、現状のまま引き渡すものとし境界標設置及び測量等行う場合は...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す