瑕疵・説明義務

購入した建物に欠陥があったり、契約判断上重要な事項を契約前に説明されていなかったりした場合には瑕疵担保責任や説明責任違反によって損害賠償などを求めることができる場合があります。また、自殺や他殺があって間もない物件の場合には、心理的瑕疵としてその旨が告知される必要があります。「欠陥住宅を買ってしまった」「借りた部屋が事故物件だった」「手抜き工事を見つけたので、手直しを求めたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

瑕疵・説明義務に関する法律相談

  • 事故物件でも、誰か一人が住んだら、その次からは其の事実を伝えなくてよいというのは、法令が設けた基準?

    マンションやアパートの部屋を借りたいという人が来たとき、 その部屋が事故物件(その部屋で人が死んだ等)である場合には、 その物件を紹介する不動産屋は、 告知事項としてその事実(そこで...

    2弁護士回答
  • 建築物の設計及び設計監理契約について

    建築物の設計及び設計監理契約について質問があります。  現在、工場用途の建築物(1000㎡以上)の設計及び設計監理をある会社(A社)と契約する計画ですが、そのA社には建築士が所属してお...

    2弁護士回答
  • 売却土地の隣地水道埋設管の費用負担は誰がするのか。

    土地を不動産会社に売却した後に隣地の水道管が売却した敷地内にあり、不動産会社が掘削時に壊してしまい判明致しました。瑕疵担保責任有りの期間であり、買主より越境の是正をするようにと...

    1弁護士回答
  • 不動産 駐輪場の有無について

    今月、埼玉県和光市に引っ越してきました。 管理会社が作成した重要事項説明書には 「途中解約による駐輪場費用は返金できないものとする」と記載があります。なので駐輪場があると思って契...

    3弁護士回答
  • 開示請求 不動産売買

    不動産を購入する予定があり、調べたいことがあります。 質問したい内容は、 1 警察に3年前の自殺の資料が保管されているか、開示請求することは可能か。 2 死亡届、死亡検案書等を開示請求...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す