瑕疵・説明義務

購入した建物に欠陥があったり、契約判断上重要な事項を契約前に説明されていなかったりした場合には瑕疵担保責任や説明責任違反によって損害賠償などを求めることができる場合があります。また、自殺や他殺があって間もない物件の場合には、心理的瑕疵としてその旨が告知される必要があります。「欠陥住宅を買ってしまった」「借りた部屋が事故物件だった」「手抜き工事を見つけたので、手直しを求めたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

瑕疵・説明義務に関する法律相談

  • マンション管理委託契約の債務不履行に関し

    管理会社とマンション管理委託契約をしています。マンション引き渡し後、10年目に管理会社に建物調査診断して頂きましたが、重大瑕疵が、全く報告されず、管理会社の施工管理で大規模修繕工...

    1弁護士回答
  • 中古住宅 瑕疵保険免責

    昨日洗面所の排水が流れず業者に見ていただきました。そしたら風呂場の方の配管が繋がっていなく、排水が床下に垂れ流しになっていると言われました。 お聞きしたいのは中古で購入した住宅で...

    1弁護士回答
  • 事故物件の損害賠償請求について(仲介業者、売主からの告知なし)

    2010年に土地付き中古戸建を購入しましたが、 数年前に近所の住民から購入した物件では「購入30年前に住民(当時中学生)が物件内で事故死」「購入3年ほど前には住民(ご老人)が物件内で孤...

    1弁護士回答
  • 注文住宅の品質トラブルについて。類件調査・損害賠償請求の可否確認。

    2020年3月に注文住宅で新築を建てましたが、設計図面と異なったり、建具や床などの傷や建付けの悪さ、施工の不具合など問題が20箇所以上発覚し、現在もまだ修繕工事が完了しておりません(た...

    1弁護士回答
  • 造成行為による費用負担

    土地を購入し新築しました。土地購入時のおいて重要事項説明書に隣地境界につき高低差の高い方が敷地内に境界ブラックを施工することとあります。 隣地とは10cmほどこちらが高いので境界にブ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す