「不動産取引 業者」の法律相談

「不動産取引 業者」には、「不動産業者が名前の貸し借りをすると罰則があるようですが宅地建物取引主任者の名前の貸し借りには罰則はないのでしょうか。」「不動産に勤める場合従業員証明書を発行し、その従業員が退職した場合その情報は五年間保管しなくてはならないとありますが、取引関係者以外でも前職調査と必要さえあれば同じ同業者、他業者(警備業とか)が調べる事は出来ますか?」「1不動産業者を介した取引ではありますが、地主さんとは一度、直接会って了承を得たので民法は優先されませんか?」等の質問や、「5また、紹介パンフレットはa委員会が作成し、 「a委員会は宅地建物取引業者ではありません。物件の説明・条件交渉・重要事項説明・契約は、不動産業者に引き継ぎます。」と記載します。」「私の土地が道路側にあり 奥側の方が売りたがって不動産業者に委託した取引で 私に一緒に売却してほしいという案件になります。」などの問題も見られます。不動産契約分野に「不動産取引 業者」に関連する相談が多く寄せられています。

3,306件見つかりました 1 - 50件目

  • 売主立場からの不動産取引のご相談。自己発見取引の際の業者との仲介手数料交渉について

    ...両親が現在住んでいるマンションを売却をするために不動産業者と「専任媒介契約」を締結しました。 不動産業者が何組かお客さんを連れてきましたが、契約には至りませんでした。 母が同じマンションに住む親しい友人にマンションを売りに出し、引っ越しを考えていることを話しました。(普通の会話の中で) その後、ご...

    • 2016年11月02日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 賃貸アパートの仲介手数料

    ...自社物件にも係わらず仲介手数料を取っている不動産業者がいます。契約書上は、貸主が不動産業者の宅地建物取引業者の氏名となっており、個人が不動産業者を通して貸している事になっているようです。これは問題がないのですか?...

    • 2015年01月24日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 遺産分割の際の不動産鑑定について

    ... 先ほどは沢山のお返事有難う御座いました 叔母との遺産分割(遺留分)についての意見で 不動産鑑定士だと30万程度かかる場合があり 不動産取引業者の無料査定がいいとのお話が あったのですが 叔母が住んでいる一軒家をどうやって査定する のでしょうか? それは叔母と連絡を取り「○月○日に査定する ...

    • 2015年09月08日
    • 3回答 /
    • 3弁護士回答
  • 不動産を売ったがうっかり代金をもらわなかった

    ...4年ほど前に不動産を売ることになり、司法書士・不動産取引業者立会いのもとで銀行の部屋で取引が始まった。 取引関係の多くの書類に署名捺印をしてホッとして、代金を受け取ることもなく雑談に入ってしまった、取引業者の「それではこれで」の声で、うっかり不動産の代金を受け取らずに席をたってしまった。 一瞬ア...

    • 2011年03月09日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 宅建業法違反に該当しますでしょうか?

    ...宅建業免許を持っていない業者に対して、不動産取引(賃貸借契約)の『媒介』を依頼し、賃貸借契約が成立しました。この場合、無免許業者に媒介を依頼したことをもって、当社も宅建業法違反の罪に問われるものなのでしょうか? よろしくお願いいたします。...

    • 2014年07月01日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 宅建業者の未払い債権

    ...少し自分でも調べてみたのですが よくわからない部分があるので教えてください。 ある不動産業者との取引で、弊社が未払い債権を持っています。 不動産業者は宅建業を営む際に 供託金や保証協会への納付金があると思うのですが 供託金等の還付?の請求は宅建業に関する取引をした者でないと ダメだとありました。 ...

    • 2018年10月30日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 知的障害の兄が売却した不動産取引を無効にしたいです

    ...平成16年、成年後見制度を利用して、妹の私は、兄の補助人になっています。平成21年10月、兄は長女に騙される形で、生活をしていた不動産の売却をしました。不動産業者との取引では権利の無い長女が売主となり売却代金を受け取っています。 補助人では、兄が無能力者として認められる可能性は低いのでしょうか?も...

    • 2012年01月17日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 不動産契約書について

    ...宅地建物取引士ですが、知り合いの不動産業者が、繁忙らしく、契約書の作成をできないかと依頼されました。ただ自分は、現在の勤務先で専任取引士として登録していますが、そのような場合でも、他の全く関係ない業者の取引の契約書を作成しても、問題ないのでしょうか?重要事項説明書面に自分の名前が入ってしまい、後から...

    • 2017年01月29日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 不動産業者同士の損害賠償請求

    ...私が売主で不動産業者同士の取引です。売った土地に瑕疵(公道に接道が4㎝足りない)がありこのままでは建築確認が下りないとの指摘を受けました。隣地の土地所有者から4㎝の土地を借りることで解決したのですが 買い手の業者は隣地の方が将来競売になったり第三者に売ったりしたら困るのでダメということなのですが当方...

    • 2018年02月04日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 第三者のためにする契約で、Cに物件引渡しできなかった場合の白紙解約特約は無効?

    ...不動産取引において、業者ではない一般買主に対して、以下の特約は無効になりますか? ※消費者に不利な特約に該当するのか? 売主は不動産業者 第三者のためにする契約のABCのBの立場。 一般買主はCの立場。 AB間の契約が成就できず、 B業者はC一般買主に引渡しできず、債務不履行。 売買契約書上...

    • 2017年04月19日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 21年以上前のマンション不動産取引問題です。

    ...21年以上前のマンション不動産取引問題です。業者が建築し分譲する前に登記の文筆をして当初よる小さな敷地にて販売した。文筆した敷地は自分のものとして所有利用している。マンション敷地は当初より狭い為、建て替え時は分譲時の戸数が建てられないし、中古物件として販売するも不適格住宅として、かなり安くしか販売で...

    • 2015年07月20日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 瑕疵隠ぺいの責任は誰に追及すべきですか?

    ...不動産取引において、売り主が知っていながら告知すべき瑕疵を買い主に告知しなかった場合、その責任は売り主側の専任業者に追及すべきですか、それとも自分側の仲介業者に調査が不十分だったとして請求すべきですか?...

    • 2016年10月02日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 登記識別情報を見られてしまった場合の対処法

    ...この度、マンション物件を不動産業者に買い取ってもらうことになりました。 物件の売買契約当日、司法書士から必要書類の提出を求められ、登記情報通知、印鑑証明書を手渡しました(その後、委任状の記載、捺印等を行ないました)。 ところが、買主の不動産業者の書類の不備で、当日の契約実行(金銭授受)はできないとい...

    • 2016年04月17日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 入居者がいる収益不動産を購入したが、嘘だった場合の白紙撤回について

    ...家賃保証のある不動産を購入しました。英会話スクールが入居していると説明を受けましたが、購入直後に退去したと言われ、高額なリフォーム費用を請求されました。家賃保証はリフォーム費用を支払う契約になっていましたが、リフォーム費用に納得が行かず契約解除をしました。 建物の管理人からは、長期間空室だった事を...

    • 2017年07月10日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 不動産評価額根拠説明義務について

    ...初めての質問になります。宜しくお願いいたします。 不動産業者の免許である宅地建物取引業は業法第34条の2第2項に評価額の根拠説明義務(?)を定めているようですが、この説明義務は借主や買主にも該当するのでしょうか?  知り合いの不動産業者曰く売買や賃貸の価格査定の場合の定めで借主や買主の価格交渉の為...

    • 2018年01月11日
    • 5回答 /
    • 3弁護士回答
  • 土地建物の売買の時にする重要事項説明について

    ...不動産取引(土地建物)の際に業者が買主にする重要事項説明について、教えてください。 土地建物を仲介業者を通じて購入する場合に、当該物件で自殺があった場合には重要事項説明書を持ってその旨を説明すべきだと思いますが、当該物件を購入後に再販するときは、建物の履歴として仲介業者は事故物件(自殺があった)で...

    • 2013年11月14日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 暴行傷害の示談金について

    ...先日、不動産取引の商談中に相手業者から暴行傷害を受け警察に被害届を出しています。暴行等の事件で罰金以上の刑が確定すれば不動産免許の取り消しとなりますので、先方より示談の申し出がありました。全く知識が無く示談金の相場が分かりません。 怪我は打撲ですが、免許取り消しの損失を踏まえて妥当な金額を教えて下さ...

    • 2012年04月26日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 不動産売買の案件の紹介料について

    ...個人(宅地建物取引主任者。売買対象の不動産の所有者では無い。)が、宅地建物取引免許登録業者(A社とする。)に不動産の売買案件を紹介し、双方(この場合は、個人とA社)の合意がある場合、紹介料を受け取ることは、法律上(宅建業法上?)媒介とみなされる等、何か問題はございますか。 また、受け取ることに問題...

    • 2015年03月27日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 不動産売買解約合意で契約書などの返還について

    ...不動産売買契約で相手希望の解約中です。合意書に相手(売主)私(買主)仲介業者の署名捺印、支払い金の着金を確認後、私が持っている契約書と、手付金中間金の領収書の返還と違約金の領収書を仲介業者に送付する事になっています。 レターパックで送付するように言われておりますが、レターパック送付で大丈夫なのでしょ...

    • 2017年02月22日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 土地売買の際の告知義務について

    ...築35年程の古屋付の実家の土地の売買を考えています。 いろいろ調べるうち、 トラブルのあった不動産については、売買契約を交わすまえに 取引不動産業者や買われる方に、事前に告知しなければならないことを知りました。 実は30年前、父が自殺しております。 自殺後も母がずっと実家で暮らしています。 父が自殺...

    • 2013年01月24日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 以下の不動産取引は違法ではありませんか?

    ...最近、自宅を売却する事となり初めて知ったのですが、その土地はある不動産業者と売買契約書を交わし、購入代金を支払い、その業者から土地売買の領収書をもらっているのですが(仲介手数料の領収書で無く)、登記簿謄本にはその業者の所有の記載が無くある個人から私への土地の動きしかありませんでした。当時不動産取引に...

    • 2016年04月01日
    • 3回答 /
    • 3弁護士回答
  • 不動産売買媒介手数料を騙されて多く支払った場合、詐欺罪は成立しますか?

    ...宅地建物取引業者が、不動産売買媒介契約において、宅地建物取引業法で定めた媒介報酬上限額を超えて、特別に依頼したものでないにも拘わらず、宣伝広告料、給排水設備点検料、登記簿謄本取得費用の名目で一件当たり約6万円、過去6年間金品を受領していました。宅地建物取引業法では媒介報酬の上限を定めており、国土交通...

    • 2019年01月27日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 委任状の無い不動産取引 

    ...共有名義(3人)所有の不動産の取引についてご質問させてください。1人の名義人が共有者に相談なしに勝手に、不動産業者仲介の元、買主と売買契約を締結した場合、売買契約は成立するのでしょうか?当然、残り2人の委任状はありません。また、この場合、売買契約締結実行後の買主は売主や仲介業者に訴えや違約金等の賠償...

    • 2013年08月18日
    • 7回答 /
    • 5弁護士回答
  • 店舗賃貸契約書作成の件

    ...店舗賃貸契約の件ですが、当初不動産業者と契約をしていました。ある時点から業者を外し、貸主と直接取引をしています。契約書は、作らず口頭での了解で、今日まで問題なく来ています。最近貸主が高齢の為、相続問題が話し合われて要るようです。店舗は、貸主の住まいの一部を借りています。建物は築40年経過老巧化してお...

    • 2016年06月15日
    • 3回答 /
    • 3弁護士回答
  • 宅建業法違反「取引の反復継続性について」

    ...相続により取得した土地が区画整理で整備され、20以上の区画を所有しております。 不動産業者にそれぞれの区画を個人に仲介業者を通して売買するとしても宅建業法第二条第二号の取引の反復継続性にあたるため違法となり、刑罰になるといわれています。 今回のケースは宅建業法違反になり刑罰にあたるのでしょうか。 ...

    • 2018年11月20日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 委任状を行使することへの自己救済の解釈について

    ...不動産業者が事務所を借りるにあたり、賃貸の連帯保証人になる代わりに、その不動産業者の社印変更および代表取締役変更に関する一切の権限を与えるとの委任状(社印押印)をもらっています。連帯保証は外れたのですが、その業者と取引をした報酬について、何度も請求を行っていますが、払う意思が無いようです。この場合、...

    • 2012年09月20日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 宅建業者の監督処分行政

    ...不動産取引の仲介業者が契約締結前に義務を負う重要事項説明等を一切行わず、ダイレクトに契約(書)を締結したことで、対象不動産の権利関係でトラブルを抱えています。 宅建業者を処分監督している国土交通大臣又は都道府県知事は宅建業法に基づき「・・・(中略)〜・・免許の取消又は業務の停止を命ずる“ことができる...

    • 2010年11月03日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 不動産売買についてお聞きしたいのですが、

    ...不動産業者のものです。不動産の取引についてお聞きしたいのですが、個人所有の土地売買で、売主が、個人、買い主が業者です。その土地は空き地となっており、売主は遠方に住んでおります。 取引にあたり、調査として近隣に聞き込みをしたところ、隣地が政治団体の方が住んでいるとの話が入ってきました。ただ、その家は外...

    • 2016年04月07日
    • 5回答 /
    • 3弁護士回答
  • どのカテゴリーに含んでよいのかわかりませんが…

    ...民法709条 故意 過失の不法行為 不法行為だとわかっていて行う行為を・・どのように解したらしたらよいのでしょうか? 不動産取引でその取引に関係する、造成工事について・・隣接地の立ち会い立ち会いも怠り・測量も怠る専門家、今回は、司法書士・土地家屋調査士・測量士の義務を欠く過失と言う言葉を耳にしたので...

    • 2016年01月14日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 全室空部屋の中古アパート売買、賃貸借契約の引渡し義務について

    ...不動産業者の営業です。 先日、仲介にて売買契約を取引いたしました。 物件は中古アパートですが、全て空部屋で賃借人は居ません。買主から、従前の賃借人との賃貸借契約書を残金決済時に求められておりますが、既に契約が終了している事もあり、個人情報保護の観点から見て、引渡す事に問題は無いのでしょうか? また、...

    • 2019年05月15日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 手付金の返還責任について

    ...手付金の返還責任についてお伺いします。 取引経緯は以下の通りです。 売主(一般)と買主(不動産業者)が売買契約を銀行融資の停止条件付で締結。 契約時の手付金の支払いについての項目はありますが、仲介業者が売主に無断で買主より 手付金を受領し預り証を発行していました。(手付金返還要請時に判明) その後...

    • 2019年06月04日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 中古アパート購入後、他人の敷地に下水管が通っていた!

    ...1棟ものの中古アパート購入後、重要事項説明書に記載は全く無いのに他人の隣地に下水管が通っていた事が判明しました! 今年の8月に不動産業者から中古マンションを購入しました。その時の重要事項説明書には下水管は『全面道路本管 有』『私設管 無』になっています。また、特記事項にも下水管が隣地を通ってる記載...

    • 2017年11月12日
    • 5回答 /
    • 3弁護士回答
  • 土地売買の諸経費について教えてください。

    ...この度、地主の申し入れにより長年住んでいた底地を購入する事になりました。評価額1200万円、底地権6割の720万円での購入です。 この土地には古い代々からの家があります。 現金での購入ですが、登録免許税、印紙代他諸経費の金額ついて教えていただけないでしょうか?また、これらの費用はすべて買い主負担にな...

    • 2018年06月25日
    • 4回答 /
    • 2弁護士回答
  • 不動産の仲介業者の責任について

    ...不動産を売買する為に不動産業者の仲介を頼んだ方が良いことはよく聞きます。 この度、売主・買主双方の売買代金などは決まっているのですが、売主Aは仲介業者Cを介在させたいが買主Bは知り合いに司法書士がいるとのことで仲介料を支払いたくないために仲介業者Cを介在させたくないと言っています。 売主Aのみ仲介業...

    • 2011年10月28日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 土地売却 依頼受け 口頭 了解後のキャンセル

    ...個人の不動産業者さんから土地を売ってほしいと依頼があり すぐには売りたくないといっていたのですが どうしてもお願いしますとしつこくいってきたので 高く売れるのなら考えると 連絡したところ 私の希望金額にしてきました。 売るように同意を口頭で連絡した後に 契約を結んでほしいと 契約書の案をもってきまし...

    • 2014年10月15日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 違法性を指摘する場合 法的根拠は必要?

    ...宅建業者から事業用賃貸契約を進める中(当方貸主)契約内容(違約金部分)が違法だと指摘を受けました。他テナント契約内容も同様でしたので大変驚き弁護士・業者を監督する役所に相談し違法の法的根拠を聞いてくれといわれたので、業者に法的根拠(〇〇法△条)を再三聞いているのですが、長い説明と弁護士も役所も不動産...

    • 2017年03月15日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 住宅ローン控除詐欺について訴訟は可能ですか?

    ...住宅ローン控除詐欺に遭いました。損害賠償請求は可能でしょうか? 平成28年に仲介業者から住宅ローン控除を受けられる物件と言われ、中古住宅を購入しました。しかし今年住宅ローン控除の手続きをした際に平成7年築で築21年のため控除が受け入れられないことが判明しました。 直ぐに仲介業者に連絡をしたところ...

    • 2017年03月19日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 更なる債権回収の仕方を教えて下さい

    ...債権回収の仕方について 悪徳不動産会社に対し、民事裁判に勝訴し債権回収が可能となり、強制執行を試みましたが、取引銀行とされていた銀行に預金は無く、空振りとなってしまいました。悪徳業者は、勿論、払う意思がない為、強制執行をした訳ですが、悪徳業者は、営業を続けており、営業利益がある為、なんとしてもこの悪...

    • 2018年11月27日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 売主宅建業者の不動産の「設備」の瑕疵担保責任免責は合法か

    ...不動産(建物)の売買において、売主が宅地建物取引業者である場合、設備(給湯器等)の瑕疵担保責任について「設備も建物の一部であるから宅地建物取引業法40条の規定する2年以上の瑕疵担保義務がある」という説や、「契約書に明記してあれば設備に関しては瑕疵担保免責も有効である。」という説を目にし、どれが法的に...

    • 2017年03月13日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 法律の抜け穴を利用した度重なる迷惑行為

    ...自宅の近隣で疑問の開発(土地のばら売り)を行っています。 場所:市街化区域 土地所有者は同一、開発業者は同一です。 ・度重なる建築工事が行われその度に下水道工事を市町が行っている。 土地所有者が最初から開発工事をしていれば1回の工事ですむのにその度に振動等に悩まされている。 ・市役所で相談してます...

    • 2019年01月19日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 不動産取引の瑕疵について

    ...不動産取引の瑕疵責任についての質問です。半年前に築25年マンション一棟の取引を行いました。売主は業者のため、2年間の瑕疵責任条件での契約です。先日バルコニーに水が溜まり排水口を掃除すると、実はバルコニーのモルタル防水処理がすでに剥げてて、コンクリートの中側に水が入っているとのことが判明しました。バル...

    • 2016年04月23日
    • 5回答 /
    • 3弁護士回答
  • 「不動産取引が『個人間売買』とみなされる条件について」

    ...はじめまして。 現在、不動産取引の『個人間売買』を促進するビジネスを検討しています。 不動産仲介業者を間に入れない『個人間売買』としてみなされる条件についてお伺いしたく、投稿しました。 下記の2つの場合においても、仲介業者が介在していない『個人間売買』としてみなされるのでしょうか? (1)不動産...

    • 2015年06月15日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 元請け業者との瑕疵範囲について教えて下さい

    ...当社は、不動産業者から請け負った建物を2年程前に引き渡しました。 その後、雨漏りがあると報告を受けましたが、現在はお取引がないからと補修は違う業者で行い、 補修金額だけ請求されています。 今回で雨漏りが収まれば良いですが、補修方法などの打ち合わせも無く、度々補修をし、 その都度請求され続けるのも困り...

    • 2018年03月16日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 売主(不動産業者)の専任媒介業者へ買主(個人)も仲介手数料を払わなければならないのか?

    ...不動産取引、購入時の仲介手数料についての質問です。 不動産業者(A)のホームページにて物件を見て問い合わせ、数件の紹介をいただいた中で購入を決めました。(中古一戸建て) 売買契約時に突然仲介業者(B)との媒介契約書を持ち出され、一連の流れの中で必要な書類だからと一般媒介契約を結ばされていました。 ...

    • 2017年01月23日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • クライアントを紹介したことによる、紹介料の帰属は紹介した従業員か代表者(個人事業主)のどちらか

    ...取引先A社のクライアントBを不動産業者Cに紹介した場合の紹介料の受取を、そのクライアントBを紹介した従業員が受け取った場合、法的に問題があるのでしょうか。状況は下記の通りです。 A社とは契約があるが、B、Cと当社(個人事業主)には直接の関係はありません。  1.A社とは継続契約があり、契約書もある...

    • 2017年05月22日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 宅地建物取引士の派遣サービスについての法的見解

    ...宅地建物取引士についてご回答お願い致します。 1 現在、不動産業ではない会社経営をしております。 弊社内には2名の宅建士(登録済み)がおり、不動産業者(賃貸に限る)の顧客に対して重要事項説明をテレビ電話で行うサービスを考えております。 法的に問題ありますでしょうか? 2 法的に問題がない場合、想...

    • 2019年06月01日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 不動産売主が破産者の場合の対応

    ...破産管財人が弁護士で、破産者が所有している不動産の購入を検討しています。 不動産業者から破産者の為、瑕疵担保責任免除や、境界確定未済などの取引条件について理解していました。 説明を受けた時、購入予定の不動産の所有権移転登記が未済(相続手続き中)でしたが、所有権移転登記後の所有権を確認すると、破産者の...

    • 2019年07月19日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 中古住宅購入時に、別口の請求を受けました。

    ...5年前に中古住宅を不動産業者の仲介で購入しました。その際に、担当していた宅地建物取引士の方から、前の住宅所有者が自己破産しているから、売買契約とは別個に、銀行には内密に別に前の住宅所有者に200万円渡して下さいと言われました。 そのときは、初めてのことでもあり、無知もあり、言われるがままに、200万...

    • 2017年11月05日
    • 3回答 /
    • 1弁護士回答
  • 有印私文書偽造罪について

    ...宅建取引士の資格を持ち、 宅建業者に勤務し、 かつ専任取引士の登録をしておりました。 従業員は2名のみで取引士は私のみです。 2017年5月8日に解雇されたのですが、 2017年5月10日、5月12日に その宅建業者は不動産売買契約を行っており、 私の名前と、私のものではない印鑑を使って 売買契約書...

    • 2017年05月16日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 敷金を横領されました

    ...不動産賃貸の家主です。 過去十数年間に渡り、宅地建物取引業者に契約の代理と管理を依頼して賃貸を行っており、賃借人が支払った敷金は仲介業者が預かっておりました。 契約書の敷金の返還条項には「賃借人の都合による短期での解約の場合は敷金の返還は行わない」とあり、それに従い過去5回、合計金額にして100万円...

    • 2014年01月27日
    • 5回答 /
    • 3弁護士回答
3,306件見つかりました 1 - 50件目
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

条件を変えて検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士