原状回復義務

賃借物件から退去する際に、物件に自分で設置した物を取り除き、入居前と同じ状態にする義務のことを「原状回復義務」と呼びます。ここでは、原状回復義務で復旧すべきとされる範囲や、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「居抜き物件にからの退去時に原状回復としてスケルトンにして明け渡せと言われた」「退去時に高額の原状回復費用を請求された」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

原状回復義務に関する法律相談

  • 「原状に復す」内容を訴状に記載するには

    現在貸家の明渡し訴訟をしています。 これまでの経緯から請求の趣旨に原状回復について触れ 内容を特定することになりました。 借主による原状回復・収去権に関する現行民法598条の 「借主...

    1弁護士回答
  • 立ち退きの際に敷金以上の金額を請求されています

    3年住んだ賃貸マンションから引っ越しで立ち退きの際に、敷金以上の金額を請求されています。 家主との立ち合い前に国土交通省のガイドラインは調べて読んでます。 借主の私が経年劣化以外...

    1弁護士回答
  • 飲食店舗の保証金返還、原状回復の範囲について。

    飲食店舗の解約で、ダクトの清掃を求められました。 ダクトの出入り口、屋上の清掃等を業者を使い清掃しましたが、内部のすすを全部撤去しない限り、保証金は返還しないと言われました。 そ...

    1弁護士回答
  • 自己破産されたら家賃や修繕費用をもらえなくなってしまいますか

    6月下旬、ある女性から「猫6匹を抱えて住む所が見つからなくて困っている」と相談され、適切な飼育を条件に7月からアパートへの入居を許しました。仕事等の都合で書面での契約は後回しになっ...

    1弁護士回答
  • 原状回復費用ではなくて、賠償請求は可能ですか?

    一戸建てを管理会社を通して貸していました。 契約内容にペット飼育禁止の項目がありましたが、入居者が退去したあと、フローリングや室内ドアがペットによりひどく傷つけられていました。 ...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す