造作買取請求権

建物の賃貸借終了時に、賃借人が建物に取り付けたエアコンやダクトなどの設備を買い取るよう賃貸人に請求する権利を「造作買取請求権」と呼びます。ここでは、造作買取請求権が認められる条件や、よくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「借主が勝手につけたエアコン、退去時に買い取らねばならないのか?」「造作買取請求権を認めない特約は有効か?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

造作買取請求権に関する法律相談

  • 有益費の償還請求時期について

    有益費の償還請求時期について質問です。 占有物の有益費の償還請求(196条2)は、196条1と同じく『占有物を返還する』時でいいのでしょうか? その物が賃貸借によるものなら608条2より、『...

    1弁護士回答
  • 店舗閉店するにあたって

    廃墟のような店舗を借り、壁や床も造作して商売しています。 移転のため、手放すことになりそうですが、 原状回復といっても、壁や床を壊すということは大家さんは望んでいないようです。 ...

    1弁護士回答
  • スーパー内の食品販売店舗の立ち退きについて。

    ※少し長くなりますが、実家の店舗立ち退きの件でご相談させて頂きます。 地元(地方)のスーパー内で食品店を約46年程営業しております。 このスーパーは1度建て替えをしております。 ...

    2弁護士回答
  • 有益費の扱いについて

    いつもお世話になります。建物賃貸借契約の有益費の適合違いについてお聞きしたいのですが, 今度賃借先が照明器具を従来の蛍光管からLEDに変更したいとの要望がありましたが,LEDに変更 し...

    1弁護士回答
  • 造作物買取請求権について教えてください。

    入居者負担で浴槽の入替、トイレ便器入替、内窓設置を行いました。 新規に取付ける製品の品番、カタログなどを不動産屋に提出し大家さんへ許可を取ってもらっています。 許諾については不...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す