鳥取覚せい剤・大麻・麻薬事件を扱う弁護士を検索

鳥取で覚せい剤・大麻・麻薬事件に注力する弁護士が8名見つかりました。依頼者は「主人は薬物常用ではないのですが、1年に1,2度覚せい剤を使用しておりました。」「女友達がアメリカで大麻で有罪になり25月の懲役判決を受けました。」などの事情を抱えています。弁護士ドットコムでは弁護士費用面を考慮して法テラスを対応している弁護士や鳥取で着手金無料で応対している弁護士といった様々なニーズ別で弁護士を比較することができます。具体的には「口コミの評価が高い覚せい剤・大麻・麻薬事件で強い弁護士や弁護士の選び方は詳しく下調べをしたけれど、鳥取周辺の法律事務所の弁護士を費用で検討したい」などの依頼にも応えることができます。弁護士によっては「20代男性の覚せい剤取締法違反被疑事件。」などの解決実績もあります。弁護士の中には「また、勾留されている事件について、検察官による勾留請求却下及び勾留に対する準抗告認容等身体拘束からの解放の実績もあります。」とおっしゃる方もいます。覚せい剤・大麻・麻薬事件で課題を抱えている方は本サイトに登録する全弁護士17,907人から、英語などの対応言語や営業時間などの希望を踏まえて、希望に適した弁護士に電話またはメールをしてみることをおすすめします。

現在の検索条件と変更

  • 地域・駅
    鳥取県
  • 詳細条件
    覚せい剤・大麻・麻薬

8名みつかりました

会員優先表示

検索条件に合う弁護士

  • 【検事歴13年・弁護士歴20年】刑事事件に関する経験を生かし、ご依頼者をサポートいたします。

    経験・資格
    • 元検事
  • Q 複数の弁護士に問い合わせをしてもいいの?
    A

    問題ありません。
    弁護士によって対応方針が異なる場合があります。
    あなたに合った弁護士を探しましょう。

  • 複数の弁護士と話すことで、解決への選択肢が広がります

    1. 解決への見通しが違うことがある

      あなたの事情をどう受け取りどう解決するかは、弁護士によって意見が異なる場合があります。 解決までの時間や料金にも影響するので、何人かに意見を聞いた方が安心です。

    2. 信頼関係には相性も大切

      解決のためには、プライベートな事情も話さねばなりません。 あなたがストレスなく付き合えること、信頼できることはとても重要です。

    3. 受けてくれないケースもある

      一度断られても、他の弁護士なら受けてくれることもあります。 依頼を急ぎたい場合には、予め何人かに連絡しておくとよいでしょう。

    実際に弁護士相談した人の多くは3人以上に連絡しており、複数の弁護士に相談することが一般的になってきています。

    無料で相談に乗ってくれる弁護士もいるので、後悔しないためにも、何人かと話して「この人なら」と感じられる人を選ぶことをおすすめします。

  • Q 自分に合った弁護士はどう選べばいいの?
    A

    弁護士によって対応は様々です。
    以下の点を参考に、あなたに合った弁護士を選びましょう。

    1. 依頼・相談したい分野の実績が豊富
    2. 話しやすく、頼りがいがある
    3. デメリットやリスクも説明してくれる
    4. 弁護士費用が明確で、対応がはやい

    詳しくは以下のページもご覧ください。
    依頼前に知っておきたい弁護士知識

8名中 1 - 8名の弁護士を表示

検索条件を変更する

  • 地域・駅
    鳥取県
  • 詳細条件
    覚せい剤・大麻・麻薬