ペット

ペットに関する契約のトラブル対処法をご紹介します。例えば、ペットショップで買ったペットが病気を持っていた場合、ペットホテルに預けた後、家に連れ帰ったところ、怪我を発見した場合などがよく相談されています。このようなトラブルにあってしまった場合、どのような契約内容だったか、どのような説明を受けて契約をしたか、などの状況を整理しておくことがトラブル解決において重要です。法的にどのような対処ができるか把握しておきましょう。

ペットに関する法律相談

  • 医療ミスでトラウマになるペットの死を見ることになりました。慰謝料はもらえますか。

    【相談の背景】 癌の猫15歳が片肺が気胸と診断され、肺のカテーテルを入れました。 その際「この処置は、肺水腫と肺炎の危険性があるから1日預かります」とのことで午前中に預けて処置、夜...

    1弁護士回答
  • 契約書の治療費を払ってもらえない

    【相談の背景】 ご意見お願い致します。 あるブリーダーから仔犬を購入しました。 見学時から元気がなかったのですが一時的なストレスだから問題ないと言われ、保険も1ヶ月分負担してく...

    1弁護士回答
  • ペットショップでの金銭トラブル

    【相談の背景】 金銭トラブルです。8月の中旬に犬を買いました。その時の犬の価格は18万でした。そこのペットショップは現金払いだったよで、足りない分の15万を近くのコンビニで下ろしてお...

    2弁護士回答
  • ペットの先天性の病気に対する損害賠償

    【相談の背景】 先月子犬を100万円で購入したのですが、お迎えした翌日に先天性の目の病気があることが判明しました。また、しばらくしててんかんの症状も発生し、毎晩のようにてんかん症状...

    1弁護士回答
  • ペットホテルの利用規約について

    【相談の背景】 先日、ペットホテルに預けていたペットが怪我をして帰ってきました。 明らかにペットホテル側の過失なのですが、そのホテルの利用規約に「治療費以外の慰謝料及びその他の...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す