マルチ商法

マルチ商法とは、商品を販売している業者が、消費者に「当社の会員になって商品を第三者に売ったら、利益を与える」などと言ってて勧誘するような手法です。連鎖販売取引、ネットワークビジネスなどと呼ばれることもあります。マルチ商法でトラブルにあってしまったら、まずはクーリングオフを検討しましょう。ここではマルチ商法のトラブル対処法をご紹介します。

マルチ商法に関する法律相談

  • マルチ商法の会社について

    マルチ商材の勧誘を受けています。 その会社は、消費者庁から業務停止命令が下っており、現在業務停止中の会社です。 業務停止中で業務ができないため、表向きにはその会社では業務を行な...

    1弁護士回答
  • マルチ商法に関する御相談

    消費者庁から業務停止命令が下っている、マルチ商法の疑いがある企業に母親が陶酔しております。 私の弟、祖母の名義で勝手に契約をしてしまっていることも発覚しております。 それだけに留...

    1弁護士回答
  • 特商法におけるマルチ商法の契約についてです。

    特商法におけるマルチ商法契約時の書面交付について質問です。 書面交付はメールやpdfで送信しても問題ありませんか?

    2弁護士回答
  • 詐欺案件を詐欺と理解していながら利用して被害にあった場合、訴訟できるか?

    いつもお世話になっております 当方、あるものなしマルチの詐欺にあい、トークアプリで共通の話題を持った不特定多数の人とトークできる機能で訴訟準備をしているものです このポンジスキ...

    1弁護士回答
  • マルチ商法の勧誘について

    マルチ商法の勧誘をする場合、アポの段階で勧誘目的である事をつげないといけないらしいですが「久しぶりにランチしよう」と呼び出されたけど相手の目的は勧誘でした。 こういった場合、勧誘...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す