国際取引

国際取引では、言葉や商習慣の違いによる契約条項の解釈の違いが起きないように予め注意が必要です。また、実際に国際紛争になった場合には、法律・行政・司法制度など、その国の紛争解決の流れを理解しておくべきでしょう。ここでは、輸出入の取引や海外企業への業務委託、海外での小会社の設立の際などに生じるトラブル対処法をご紹介します。

国際取引に関する法律相談

  • 日本国内における海外の業者の商標権侵害について

    並行輸入に関する法律が海外の企業や個人においても適用されるかご教授頂きたく投稿いたしました。 弊社は米国の製品を取り扱う正式な日本国内代理店です。 製品の性質上、弊社を経由して流...

    2弁護士回答
  • 商品の輸入する時の商標について

    海外から商品を輸入する場合は日本で商標登録をしないといけないでしょうか?商標がないと販売できないでしょうか?

    1弁護士回答
  • 輸出入禁止・規制品目について

    1件お聞きしたいことがあります。 日本で販売されているアダルトコミックが最近英語翻訳されアメリカでの販売がされ始めています。 アメリカで販売するに伴い性器に対する修正が取り除かれ...

    1弁護士回答
  • システムを海外展開する際の、知財費の徴収について。

    日本で使用しているアプリケーションシステムを、東南アジアの国々へ海外展開する際の、知財費の扱いについて、困っております。 日本で開発し、使用しているシステムを、海外の現地法人(=...

    2弁護士回答
  • 法人間での未納品トラブルについて

    法人間での未納品トラブルについて 約一年前に商品を注文し、その際に前入金にて200万円弱の商品代金を支払いました。 その際に、商品在庫がなく、また商品の仕様変更のために少し納品を...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

渉外法務を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料