売買契約

売買契約では、危険負担の移転時期に関するトラブルや解除事項に関するトラブルが多くみられます。危険負担とは、売買契約の目的物が滅失した場合の損害を誰が負担するのか、という問題です。そのようなトラブルを防ぐために、引き渡し条件や解約条件については予め契約書に定めておく必要があります。ここでは、売買契約に関するトラブル対処法をご紹介します。

売買契約に関する法律相談

  • 注文書受領後のキャンセルについての賠償請求

    すでに注文書を受領した案件(製品購入。注文書のみで請書なし。14日以内に連絡ない場合は発注請けたものとみなすの文言有り。日付は一か月以上前のもの)がありますが、先方都合でのキャン...

    1弁護士回答
  • 運賃値上げ交渉について。相手が応じてくれません。

    配送業社に勤めております。 昨今の人手不足、働き方改革などの影響により、各取引会社へ運賃改定のお願いをしてまわっています。 ある10年近く運賃改定していない荷主様へ話を持っていきま...

    1弁護士回答
  • 「継続的商品売買契約」の、相手からの一方的破棄の可能性への対応について

    調味料を輸入販売する個人事業主(甲)です。昨年6/1付で、あるお客様(乙)と「継続的商品売買契約」を締結しました。2019年5月末まで有効です。主な内容は、①甲は、乙と年間必要本数を「コ...

    1弁護士回答
  • 納品後の不良返品の取り扱いについて。

    現在、小さな町工場で働いていますが、ある取引先に納品している商品の約2割程度が不良として返品されます。 その不良品の回収は納品した時に積んで帰ってくる形ですが、返品の数量を書いた...

    1弁護士回答
  • システムの営業権契約について

    システムの営業権契約を締結しています。 製造者から地域を指定して優先営業権の契約を交わしているのですが 不作為行為の項目で 甲は甲と乙以外に指定地域した地域で他社に営業権を与える場...

    5弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料