弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

売買契約

売買契約では、危険負担の移転時期に関するトラブルや解除事項に関するトラブルが多くみられます。危険負担とは、売買契約の目的物が滅失した場合の損害を誰が負担するのか、という問題です。そのようなトラブルを防ぐために、引き渡し条件や解約条件については予め契約書に定めておく必要があります。ここでは、売買契約に関するトラブル対処法をご紹介します。

売買契約に関する法律相談

  • 水増し請求や架空発注・請求でしょうか?

    企業法務他社との取引や契約売買契約

    経営者が取引先の担当者と結託して、 実態のない作業を注文してもらっています。 使い道は取引先担当者の領収書の立替で、 領収書代の半分を手数料として受け取っています。 額としては年400...

    1弁護士回答
  • 中古品の販売トラブルです。

    企業法務他社との取引や契約売買契約

    中古品の販売トラブルについてのご相談です。 弊社が関東から業務用の食洗機(中古)を販売いたしました。 関西方面のお客様でしたのでメーカーに向こうで仕様の変更をしなくても使えるの...

    1弁護士回答
  • OEMにあたるかどうか教えて下さい

    企業法務他社との取引や契約売買契約

    OEMにあたるのかどうか教えて下さい。 製造している製品をある企業に売り、売った先がそれを販売元としてエンドユーザーに売る場合はOEMになるのでしょうか? 製品には販売元と製造元を記載...

    1弁護士回答
  • 廃業後、請求から5年以内に判った債務は、誰が責任を負うのでしょうか。

    企業法務他社との取引や契約売買契約

    廃業結了後、請求から5年以内に判った債務は、誰が責任を負うのでしょうか。また、支払いしなければならないでしょうか。

    1弁護士回答
  • 友人が経営するお店の購入金額の基準

    企業法務他社との取引や契約売買契約

    友人が経営するお店を買って欲しいと相談されました。お店は土地 建物も友人の名義です。 ①友人は土地 建物を含めてお店を買って欲しいと考えてるが経営権だけでもいいとの事 ②購入するにあ...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...