弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書

契約書には、取引におけるリスク回避のための項目を明確に定めておくべきです。どのような項目を定めておくべきかは契約によって異なるので、サンプルや雛形の契約書をそのまま利用するのではなく、契約の目的にあわせ必要な項目を盛り込むようにしましょう。また、暴力団排除条項や秘密保持契約について理解を深めることも、リスクを防ぐ上で重要です。契約書の作成が終わったら、契約書の種類や目的など必ず明記しなければならない項目が漏れていないかも確認しましょう。そして、収入印紙を貼る必要があるか、印鑑は適切に捺印してあるかも確認しましょう。ここではトラブルを防ぐ契約書について説明します。

契約書に関する法律相談

  • 取引先との契約について

    会社を立ち上げ2年で、取引先一社で、売り上げは成り立っています。3ヵ月前にクレームがあり、その事で3ヵ月の取引停止になりました。また更新する為の条件で2項目あり、①残りの注文でクレー...

    1弁護士回答
  • 印鑑登録廃止の印鑑証明書悪用対策における有用性について教えてください。

    契約のために実印の押印と印鑑証明書の提出が必要になりました。 印鑑証明書の悪用対策手段として印鑑登録の廃止がありますが、印鑑証明書には有効期限がないとも聞きました。 印鑑登録の...

    2弁護士回答
  • 損害賠償額の設定金額について

    下請負基本契約の禁止事項として 発注者との直接取引しないと入れようと思うのですが 違反した場合、損害賠償額としてどの程度設定したらいいのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 3社間契約で2社を共同被告として提訴する場合、どこの裁判所に提訴すればよいか

    3社間契約(甲社:東京、乙社:大阪、丙社:大阪)において、合意管轄の定めが「契約当事者が訴訟を提起する場合は、相手方当事者の本社所在地を管轄する地方裁判所に訴訟提起するものとする...

    1弁護士回答
  • 企業出資案件についてのご質問です。

    企業からの出資案件があり その内容を友達に丸投げし、その友達からお金を受け取り、自分名義で出資して報酬額の半分を友達に自分名義の口座から振込みをしようとおもうのですがこれは違法に...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...