弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脅迫・強要

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあったとしても、脅迫罪は成立してしまう可能性があるので注意が必要です。 しかし、逮捕されたからといって必ず刑務所に入れられるわけではありません。ここでは脅迫罪で逮捕されたらどうなるのか、どう対処すればよいのかを説明します。 ※下記に記載する数値は、検察庁統計年報と司法統計(第一審判決)に基づき算出しています。

目次

  1. 脅迫罪の量刑相場
  2. 脅迫罪での逮捕後の流れ

脅迫罪の量刑相場

脅迫罪の刑罰は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。強要罪の場合は、3年以下の懲役となります。 脅迫罪の場合は、有罪判決のうちおよそ49%が懲役刑、51%が罰金刑となっています。懲役刑の期間は、1年以上2年未満がおよそ54%、6か月以上1年未満がおよそ40%となります。 罰金刑では、ほとんどの場合で10万円〜30万円代となっており、中でも20万円代が半数以上を占めています。

脅迫罪での逮捕後の流れ

脅迫罪に関わらず、被疑者(犯人と疑われている人)が逮捕されると、警察は48時間以内に検察に被疑者の身柄を送致するか決定し、その後検察は24時間以内に勾留(引き続き身柄を拘束すること)の請求を行います。逮捕後の流れについて、詳しくは「逮捕・刑事弁護」をご覧ください。 脅迫罪の場合は、検察に身柄が引き渡された後、およそ97%のケースで勾留が認められています。検察は勾留しながら捜査や取調べを進めて証拠を揃え、起訴(裁判所に対して有罪判決を求めること)するか否かを検討します。 起訴の中にも2種類あり、刑事裁判として一般にも公開された中で判決を下す「公判請求」(正式起訴)と、書類による手続きのみで刑を決める「略式命令請求」(略式起訴)があります。検察は、懲役を求刑する場合には公判請求を、罰金を求刑する場合には略式命令請求を行います。 一方で、逮捕されたからといって必ず起訴され、有罪となるわけではありません。実際の起訴率は44%となっており、被害者との示談が成立すれば、不起訴となる可能性も高いのです。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

脅迫・強要に関する法律相談

  • 一言の文句で脅迫罪になるのか

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    脅迫罪について質問です。 私の知人が派遣の職場で新入社員で指導していたところ、「うるさい、殺すぞ」とボソッと言われたそうです。 知人は会社に報告して、会社側の処置で新入社員の人は...

    1弁護士回答
  • ストーカー被害での慰謝料請求裁判で支払ってもらえる可能性は?

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    私の友人の女の子(以後A)の事で相談です。 私の友人は1年半に渡り、友人の親友の元旦那(以後B)からストーカー行為と暴行行為を受けていて民事で裁判をする事になりました。 内容は少しおかし...

    1弁護士回答
  • 脅迫行為をされた場合

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    私は成人した女なのですが、あるアプリで知り合った男性と援助交際をしました。誘ってきたのは相手でそれに答えたのはわたしです。 一回きりで、その後私はこれ以上の交際を拒否しました。し...

    1弁護士回答
  • モンペアから来たメールの対応

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    脅迫メールが来ました 少年野球の指導者をしているのですが ある選手にトイレ掃除を命じたところ、次の日に親からメール連絡が来ました いわゆるモンペアです ・嫌がっている子にトイレ掃除...

    2弁護士回答
  • 5年前に自殺未遂した旧友から内容証明が送られます

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    5年前に自殺未遂した旧友から、賠償金を請求されました。 カテゴリ違いだったので該当しそうなカテゴリでの再投稿、前回より少し詳細を記載して質問させて頂きます。 5年前の今頃に、某掲...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

脅迫・強要の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 自宅に来る「宗教勧誘」が迷惑、断っても続く...
  2. 警視庁が公開した「容疑者画像」が女子中学生...
  3. 「7億円」集めた62歳女性、タイで逮捕…詐欺で...
  4. 飲み会帰り「雑居ビル」に入って用を足したら...
  5. もらった「合鍵」で彼氏宅に入り、料理と掃除...
  6. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  7. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...