不倫

弁護士監修記事 2016年05月26日

夫の風俗通いが原因の離婚請求と慰謝料の相場

夫の風俗通いが発覚したら、嫌悪感を覚える人も多いでしょう。中には発覚後も悪びれず風俗に通い続ける夫もおり、それを理由に離婚したいと考える妻も少なくありません。結論から言えば、風俗での性行為も離婚原因となり得ます。離婚できる場合や注意点、慰謝料の相場を知り、離婚すべきかどうかしっかりと考えましょう。

目次

  1. 風俗は離婚原因になるのか
    1. 離婚原因にならない可能性も
  2. 風俗が原因の離婚慰謝料の相場
  3. 風俗を理由にした離婚・慰謝料の請求方法
    1. 風俗での不貞行為の証拠
    2. 話し合いで離婚する
    3. 調停を申し立てる
    4. 訴訟を起こす

風俗は離婚原因になるのか

夫が風俗に通うことに嫌悪感や怒り、悲しみを感じる女性も多いでしょう。風俗店の中には認可を受け営業しているところもあり、風俗通いは法律でも許されているのではないかと感じてしまうかもしれません。しかし、配偶者のいる者が風俗に通うことは不法行為になる場合もあり、それを理由に離婚と慰謝料を請求することができるのです。 離婚原因として認められるケースは、風俗で性交渉を行った場合です。夫婦には貞操義務があるため、不貞行為(本人の自由意思で配偶者以外の異性と性交渉を行うこと)は法律で認められた離婚原因となります。風俗での性交渉であろうと不貞行為には変わらないのです。

離婚原因にならない可能性も

風俗が離婚原因として認められるからと言って、ただちに離婚や慰謝料の請求ができるとは限らないため注意が必要です。風俗と一口に言っても、必ずしも性交渉まで行うとは限らず、ソープランドなど性交渉を目的とする店舗に行った証拠などが必要になります。また、不貞行為が一度きりで、夫にも十分反省の色が見られる場合には、夫婦関係の修復が可能と判断され、離婚が認められないケースもあります。 不貞行為があった時点ですでに夫婦関係が破たんしていた場合には、慰謝料の請求はできません。また、夫が風俗に通う原因の一つに、セックスレスが挙げられます。セックスレスは夫婦関係の破たんに該当し得るので、不貞行為について争った際に、夫側が主張してくるケースも多いでしょう。夫からの性生活の要求を拒否する際は、「風俗にでも行ってきて」などと答えてはいけません。

風俗が原因の離婚慰謝料の相場

風俗通いを理由に離婚し、慰謝料を請求する場合、どのくらいの金額を請求できるのかも気になるポイントでしょう。風俗は不貞行為となるため、不倫慰謝料の相場と近いものとなるでしょう。不倫を理由に離婚した場合の慰謝料相場は、100〜300万円となります。 ただし、同じ回数の不貞行為があったとしても、風俗は不倫に比べて金額が下がる傾向にあります。慰謝料とは単に不貞行為自体にだけ発生するものではなく、「浮気された・裏切られた」ことに対しても発生します。不倫は「心の浮気」と「身体の浮気」を伴いますが、風俗の場合「身体の浮気」だけと言えるケースが多いでしょう。精神的苦痛の度合いが不倫の方が強いと考えられるため、慰謝料もその分小さくなるのです。 また、不倫と違う点としては、不貞行為の相手に対して慰謝料の請求ができないことです。不貞行為とは「本人の自由意思」で行うもので、風俗の場合は純粋に本人の意思でその人物と関係を持ったとは言えません。そのため風俗嬢には慰謝料請求は認められないのです。ただし私生活の場でも関係を持っている場合には、不倫に当たるため、風俗嬢にも慰謝料を請求することが可能です。

風俗を理由にした離婚・慰謝料の請求方法

風俗通いを理由に慰謝料を請求する場合、夫にのみ請求することになるため、離婚しなければあまり意味がありません。離婚するとなると、話し合い・調停(・審判)・裁判、というステップを踏むことになります。どのステップでも重要になるのは証拠です。まずは証拠を集めましょう。

風俗での不貞行為の証拠

前述のとおり、風俗と言えども必ず性交渉まで行っているとは限りません。そのため、ソープランドのように性交渉が前提の店舗に行ったことがわかる証拠が必要です。例えば以下のようなものが有効な証拠となります。

  • ソープランドのメンバーズカード
  • ソープランドでの支払明細
  • 風俗で性交渉を行ったことを認めた書面や音声

風俗店への通話履歴やwebサイトの閲覧履歴だけでは、単に情報収集していただけと反論できてしまい、不貞行為の証拠とはなりません。ただし、上記の証拠を補強する材料とはなるため、集めた証拠はすべて保存しておくようにしましょう。

話し合いで離婚する

十分な証拠が集まったら夫に離婚を切り出します。話し合いでは相手が不貞行為を認め、夫婦双方が条件面でも納得できれば離婚が成立します。しかし、風俗を不貞行為と認識していない男性も多く、トラブルとなるケースも少なくないでしょう。離婚に合意できない、慰謝料額に納得できない、といった場合には、調停を申し立てて合意を図ることになります。

調停を申し立てる

話し合いで合意できない場合、次のステップは離婚調停となります。調停では調停委員に対して、夫婦それぞれが自身の言い分を主張し、調停委員が裁判官とともに妥当と思われる調整案を提示します。夫が風俗を不貞行為と認識していようがいまいが、調停ではその有責性が考慮されるため、調整案では離婚と慰謝料が盛り込まれる可能性は高いでしょう。 しかし、調整案に夫が納得できない場合は、調停は不調に終わり離婚も成立しません。

訴訟を起こす

調停でも決着がつかない場合には、離婚訴訟を起こし裁判で争うこととなります。裁判では不貞行為を立証しなければならないため、証拠が何より重要です。一般の人にとっては訴状の作成すら難しいため、ほとんどのケースで弁護士を立てて争うことになります。 裁判は時間も精神的負担も大きいため、話し合いや調停の段階から弁護士に依頼し、早期に解決を図ることも考えておくべきでしょう。どのタイミングで依頼すべきかも含め、まずは弁護士に相談してみると良いでしょう。

関連記事

何をするべきか知りたい方へ

離婚・男女問題_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不倫・浮気を扱う弁護士を探す

不倫に関する法律相談

  • 不倫相手への慰謝料請求について。

    夫が浮気をしました。相手も既婚者で、 夫との子を妊娠しています。 そこでお互いの夫婦が離婚をせずに、 私は浮気相手へ、相手夫は主人へ 慰謝料請求をする場合、 裁判で慰謝料額が決まる...

    2弁護士回答
  • 不倫関係?の相手の配偶者に会いたいと言われました。

    不倫関係?か分からないですが、その相手の配偶者が会いたいと言っています。 現在、私 既婚者 子あり。 相手方 既婚者 子あり。 以前から、仕事や家庭の相談に乗っていた女性...

    1弁護士回答
  • 夫婦破綻での慰謝料請求

    夫婦破綻についてお聞きしたいのですが、7年前位に主人の不貞行為が発覚しました。 それから会話も少なくなり、優しくできなくなりました。 その後、2年前から違う女性との交際が始まりまし...

    2弁護士回答
  • 独身と偽り不倫。法的には問われますか?

    主人が独身と偽り不倫してました。 不倫期間は約二年。そのうち、初めの一年は独身と偽っていました。 相手の女性と出会ったのは、婚カツパーティーです。一年経過した時、相手の女性から...

    2弁護士回答
  • 不倫相手と妻から子供を守りたい

    3歳の男の子を連れ別居した妻のアパートに以前から不倫している男が出入りしているようです。別居してまだ1週間程度です。子供がかわいそうです。何か救い出す方法はありますか?別居の理由...

    5弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

不倫の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  2. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...
  3. 夫が結婚するまで精神疾患を隠していた! 4...
  4. はあちゅうさん妊娠、生まれてくる子と事実婚...
  5. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  6. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...
  7. 「妻とはうまくいっていない」を信じるな 不...