無効な取引

契約の当事者が未成年者などの制限行為能力者である場合や、詐欺・脅迫によって契約が締結された場合、契約当事者に錯誤があった場合などには、契約が失効する可能性があります。ここでは、どのような場合に契約の無効を主張できるのか、その条件とよくあるトラブル事例をご案内します。「知的障害の家族が売却した不動産取引を無効にしたい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

無効な取引に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料