ストーカー

弁護士監修記事 2016年05月26日

つきまといなどのストーカー行為による慰謝料や示談金の相場

つきまとい行為などの繰り返しにより、ストーカー規制法違反に該当するような場合には、被害者の精神的苦痛は計り知れないものとなるでしょう。ストーカー行為は不法行為となので、加害者は被害者に対して慰謝料を支払う義務があります。 では、ストーカーの慰謝料相場はどの程度なのでしょうか。 ストーカーの慰謝料は、数十万円から数百万円と非常に幅の広いものとなっており、ストーカー行為の内容や程度、期間、被害者がどのような被害を受けたかによって異なります。 ストーカーに対して慰謝料を請求した裁判例が少ないことから、正確な慰謝料相場を算出することは困難ですが、過去の事例別に算定基準を説明します。

目次

  1. 慰謝料の相場(平均)
    1. 高額な慰謝料が認められたケース
    2. 減額されているケース
  2. 示談金の相場

慰謝料の相場(平均)

過去の裁判例を見ると、慰謝料額はばらつきが非常に大きく、ボリュームゾーンを出そうにも、そこまでの件数がないのが実情です。そのような状況ですが、単純な平均金額だけ求めると、150万円程度となっています。 そもそも民事裁判には訴訟費用や弁護士費用が必要なことから、そもそも高額が見込める事件しか訴訟を起こしていない可能性も否定できませんが、ストーカーの慰謝料は比較的高額な水準となっています。 以下では慰謝料が高額・減額となる理由をそれぞれ紹介します。

高額な慰謝料が認められたケース

慰謝料額が100万円を超える高額な判決が出たケースでは、次のような理由が算定基準となっています。

  • ストーカーを止める旨の念書を交わした後も行為を続けるなど、悪質性が高い
  • 被害者が精神疾患を負い生活に支障をきたしている
  • 教授と学生の関係のように優越的な地位を利用している
  • 被害者にまったく落ち度がない

このような理由を伴う事件では、200万円から300万円程度の慰謝料が多くなっていますが、極めて悪質な事件では750万円の慰謝料が認められていることもあり、事件ごとにばらつきが大きいと言えるでしょう。

減額されているケース

裁判では被害者が請求した金額が満額認められるか、まったく認められないかの二者択一ではなく、請求金額内で妥当な金額を算定します。そのため、請求金額から大幅に減額されるケースもあるのです。 ストーカー事件の慰謝料請求において、減額されているケースでは次のような理由が挙げられています。

  • 被害者側にも落ち度があった
  • 身体的な接触がなく行為の程度がそれほど悪質ではない

被害者側の落ち度は、例えば、元交際相手に理由も告げずに一方的に別れたり、借金したまま逃亡するなど、加害者側から連絡を取らざるを得ない状況を作り出すといったことが挙げられます。 また、ストーカー行為の程度に関しては、一概には言えませんが、単に電話を繰り返すだけより、待ち伏せなど直接被害者に接触する行為をより悪質な行為と認定していると言えるでしょう。

示談金の相場

被害者が告訴するなど、刑事裁判に向けて捜査が進んでいる局面では、加害者側から被害者側へ示談による解決を申し入れるケースも多いでしょう。 その場合にも、民事裁判における慰謝料額が基準となります。しかし、示談は双方が納得できるか否かが焦点となり、慰謝料の相場だけを基準に金額が決まるわけではありません。 加害者としては示談が成立しなかった場合に、どのような刑罰を科されるか、それを受け入れることができるかによっても許容できる金額が変わることでしょう。前科を付けたくない場合には、相場よりも高い示談金も受け入れ、告訴の取り下げを要求をする、罰金刑であれば前科が付いてもよい場合には、そもそも示談の申し入れをしないなど、人によって様々です。 なお、ストーカー規制法違反の罰金の最高額は50万円となるので、示談の場合の一つの目安となります。もっとも、悪質なストーカー行為を行えば、初犯であっても懲役となる場合もあります。 一方、被害者としては、加害者への処罰をどの程度望むか、民事裁判での回収見込みがあるのかを天秤にかけることとなります。 示談金の見返りに、告訴を取り下げると加害者は起訴できず、刑罰を科すことができません。告訴を取り下げずとも、示談の成立は減刑される要素となります。もっとも、示談をせずに民事裁判で請求するこもと可能です。 しかし、弁護士費用(目安としては30万円程度)や時間的な負担を考慮すると、見込める慰謝料額がある程度高額でないと、民事裁判を起こすことでコストの方が大きくなる可能性もあります。 民事裁判はそもそも高額な慰謝料が見込める場合のみしか提訴されていない可能性がある、と述べたのはこのためです。被害の弁償として金額を重視する場合には、示談で取りまとめた方がよい事件も多いのです。

このように、民事裁判での請求となるか、示談を成立させるかは、事件内容ごと、当事者双方の考え方によっても異なります。近年になってストーカー規制が強化されたことから、裁判例が少なく信頼できる情報が少ないでしょう。適切な金額や対処法についてお悩みの場合には、専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

ストーカーに関する法律相談

  • 証拠品として日記を提出したいが見られたくない記述がある

    ストーカーに関する民事裁判で、 証拠として一部、日記を提出したいと考えています。 しかし、加害者の犯罪の記録の他に、私の日常に関する個人的な記載があり、 加害者はもちろん、基本的...

    1弁護士回答
  • 暴力的な発言を繰り返す

    別れ話から援助をすると言ったお金の返金を言われました。 返すのが一般常識だと… 私は援助して貰っても使ってしまうし返せないからと断ってはいたのですが、好きに使っていいからとその言葉...

    2弁護士回答
  • つきまとい等の基準又は罰条、過去の判例

    ストーカー規制法による規制の対象に、つきまとい等とストーカー行為がありますが、つきまとい等として、名誉を傷つけるようなメールを送信することについて、どの程度メールを送ることが、...

    3弁護士回答
  • これは不審者→警察の案件?

    自宅から割と近いお寺の住職から不審者扱いされているみたいです。これについて1つ心当たりがあります。 3月半ば頃に気分転換に道を変えて、そのお寺の側を通ったら、そこの小学生のお嬢さ...

    1弁護士回答
  • 弁護士がとるストーカー行為について

    元カレへ脅迫まがいや、ストーカー行為に当たるようなことをしました。 元カレが新しい彼女が出来たのに、私と複数回、性行為の手前の行為までしました。 私はよりを戻せるならと思ってした...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

ストーカーの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...