現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

共有持分

不動産を複数名で所有している場合、共有者との関係で、共有物に対する権利行使が制限される場合があります。ここでは、不動産を共有している場合、どのような権利があるのか、何をする場合に他の共有者の許諾が必要なのか、などをご案内します。「使われていない共有不動産を、第3者に貸し出すことは可能か」「共有不動産が古くなったが、修繕費用は誰が出すべきか」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

共有持分に関する法律相談

  • 兄弟3人の共有名義の土地・建物の売却

    兄弟3人で実家の土地・建物を相続し、1/3ずつの共有名義としました。2人は売却を希望していますが、1人が売却に反対。しかし、売却に反対している兄弟は、反対しているだけで自分の持ち分...

    2弁護士回答
  • 不動産権利書送付すべきでしょうか?安全、確実に戻す手段についてお伺いします

    不動産の権利書についての相談です。 結婚後、夫婦共有名義で不動産購入しました。その後離婚し、主人は出て行きましたが、私は住み続け各々名義分の住所ローンを支払ってきました。 このほ...

    3弁護士回答
  • 共有不動産(私50%、弟50%)の意思決定について

    私と弟で1件の収益物件(アパート)を所有していて、 私が50%、弟も50%の持ち分となります。 但し、収益物件所有に際して、私の持ち家の不動産を担保にして 私が融資を受けて、借入をして...

    1弁護士回答
  • 土地の賃料の取り方について

    祖母から譲渡により所有権移転登記で建物と建物が建っている土地をもらい受けました。建物は、私と父の共有名義となりました。現在父と祖母が住んでいます。 父から、土地の賃料を毎月とりた...

    1弁護士回答
  • 土地の借地料について

    土地名義は私、建物は旦那と義母の共有名義で、離婚します。 住宅ローンは残っていて、旦那と義母は居住予定です。 土地は売却するつもりもありません。 貸す期間は、双方が亡くなったら更地...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す