共有持分

不動産を複数名で所有している場合、共有者との関係で、共有物に対する権利行使が制限される場合があります。ここでは、不動産を共有している場合、どのような権利があるのか、何をする場合に他の共有者の許諾が必要なのか、などをご案内します。「使われていない共有不動産を、第3者に貸し出すことは可能か」「共有不動産が古くなったが、修繕費用は誰が出すべきか」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

共有持分に関する法律相談

  • 任意売却にて購入した場合の価格を知りたいです。

    別れた旦那が自己破産しました。 離婚後私が元旦那と私の共有名義の家にそのまま住んでおります。土地は私1人の名義です。 前に家を売却しようと見積してもらった時に 土地 約1600万円 家...

    2弁護士回答
  • 共有地の費用負担について

    父方の叔父が亡くなり妻子が居ないため 父と従兄弟4人との共有地として相続しました。 相続した中に雑木林があり近隣の家から苦情が来たので 父が木を伐採すると約束して伐採業者に見積もり...

    1弁護士回答
  • 農地の共有地に係る農地転用トラブル

    共有名義で農地を有しているところがあるのですが、農地転用したいと考えております。 しかしながら、1人の共有者が同意しないため、頓挫しております。 なにか、良い方法があれば、ご教示く...

    1弁護士回答
  • 42条1項3号道路に関する相談

    戸建住宅を購入しようと思っているのですが、前面道路が私道の42条1項3号道路なのですが、道路使用に関する同意書がないようです。 作成しようと思っているのですが、所有者が2名の共有名...

    1弁護士回答
  • 区分所有の土地の売却と返済・抵当権抹消について

    不動産問題について相談があります。 実家の土地に兄が兄家族と父母のために二世帯住宅を建て、兄が債務者となっている債務の担保として抵当権が設定されています。 父の死後に母、兄、私の...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す