共有持分

不動産を複数名で所有している場合、共有者との関係で、共有物に対する権利行使が制限される場合があります。ここでは、不動産を共有している場合、どのような権利があるのか、何をする場合に他の共有者の許諾が必要なのか、などをご案内します。「使われていない共有不動産を、第3者に貸し出すことは可能か」「共有不動産が古くなったが、修繕費用は誰が出すべきか」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

共有持分に関する法律相談

  • 共有持分全面的価格賠償を求める訴訟の報酬金

    共有名義の土地の全面的価格賠償の訴訟の被告です。 原告持分の土地を買い取って裁判が終了した場合、 私(被告)は利益(金銭として)は得てないのですが、 支払った金額に対しての弁護士...

    2弁護士回答
  • 土地の共同持分に関して

    父が購入した土地を兄が勝手に共有持分を1/2としてしまいました。父曰く、固定資産税を払うから実印を貸してくれといったその時にやったのではないかとのことでしたが、先日法務局で登記を調...

    5弁護士回答
  • 不動産登記簿の見方について

    以下の不動産登記簿はどのような取引をしているのでしょうか。 また、だれがどれ位の持分を有しているのでしょうか。  権利部(甲区) 順位   登記の目的    受付年月日      ...

    1弁護士回答
  • 生存中に、共有財産が売却されてしまった時の対処法は?

    叔父からの相続で受け継いだ 共有財産が父、母ともに1/2ずつの割合でありました。 まだ父は生存してます。 父がボケていることを利用して 母がおそらく父の持ち分までも売却し、 登記の名前...

    3弁護士回答
  • 抵当権付き土地の分筆は可能でしょうか?また、分筆後の抵当権を抹消することは可能でしょうか?

    今年、親の土地の一部を使い戸建を新築する予定があります。 (親はその土地に住んではいません) 住宅ローンを組む際、土地に関しても抵当権が設定されると思いますが、 今後、余った土地...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す