「犯罪告発」の法律相談

「犯罪告発」には、「3夫に刑事告発される犯罪行為がある(例えば窃盗など離婚の原因には直接関係がないもの)。」「第二百三十九条 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。」「司法警察職員に対する告訴状は、犯罪捜査規範第六十三条によって、司法警察員たる警察官は、告訴、告発または自首をする者があつたときは、管轄区域内の事件であるかどうかを問わず、この節に定めるところにより、これを受理しなければならない。」などの悩みや、「犯罪を告発し、警察が捜査してくれたさい、被告発人から謝罪がきて、その謝罪する姿勢から許す気持ちになり、告発を取り下げる事は可能ですか?」「学校や教育委員会が当該教師を告発しないのも論外ですが、告発がなくとも警察は「犯罪があると思料するときは、犯人及び証拠を捜査」し、逮捕等することができると思うのですが、なぜ当該教師を野放しにする傾向にあるのでしょう?」等の質問も相談されています。被害届・告訴・告発分野に「犯罪告発」に関連する相談が多く寄せられています。

3,887件見つかりました 1 - 50件目

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
3,887件見つかりました 1 - 50件目
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

条件を変えて検索する

関連するワード一覧

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野