契約・借用書

借金の契約時に結ぶ借用書は、契約後の意見の食い違いによるトラブルを防ぐための大切な書類です。弱い立場にある債務者にとっては、債権者の不利な申し出に対して言いなりにならないようにする役割、債権者にとっては、債権回収を確実にする証拠としての役割があります。また、借用書には書き方があります。どのように書かれているかが原因となって、後々トラブルになってしまうこともあります。ここでは借用書の効力や書き方を説明します。

契約・借用書に関する法律相談

  • 金銭消費貸借契約は成立しますか

    実は元交際相手という人に数十万円のお金をあげたとする。金銭をあげた時、弁済する約束はなく、実は「贈与」の意思であげました。ただし、後で元交際相手に返して欲しいと伝え、元交際相手...

    2弁護士回答
  • 内容証明を送って貰う際のお値段

    正式な借用書を弁護士の方から内容証明で送って貰うのには、おいくらくらい必要ですか? ずっと間に誰も入れずにやり取りをしていたので、第三者から、しかも弁護士からとなったら少し本気...

    3弁護士回答
  • 借用書のない貸金返還請求訴訟

    本人確認できる振り込め履歴と、本人確認できる「いくらを返す」Lineのチャット履歴で、金銭の交付と弁済する約束を立証できますか? 借用書はありませんが、これで裁判は勝てますか?

    2弁護士回答
  • 借用書がない貸金返還請求訴訟

    借用書はありません。 ただし、本人確認ができる振り込め履歴といくらを返すとかの明確的なトークアプリのチャット履歴があります。トークアプリのチャット履歴には、相手から送ってくれた自...

    1弁護士回答
  • 法定金利以上の貸し主について

    人に借金するとに法定金利以上の利息を払うからと持ちかけ貸し主も了承して貸した場合、貸し主は何か罪に問われますか?

    3弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

契約・借用書の解決策を探す