現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

信用情報

金融業界にブラックリストは存在しませんが、信用情報に支払いの遅延や債務整理をした記録が事故情報として登録されることはあります。事故情報が掲載された場合、カードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったります。事故情報は信用情報機関に開示請求をすることで確認をすることができます。また、信用情報とは別に国が管轄する独立行政法人が発行する官報というものも存在します。個人再生や自己破産をすると官報に掲載されてしまいます。信用情報について知り、悩みを解決しましょう。

信用情報に関する法律相談

  • 簡易裁判の取り下げ通知について(被告側)

    簡易裁判で債権回収会社から訴訟を起こされましたが、第二回弁論期日前に相手方へ連絡をして一括で返済をいたしました。相手方からは、「振り込みが確認できたら裁判を取り下げます」と言っ...

    1弁護士回答
  • 個人信用情報の訂正又は消去について。

    cicの異動についてです。 住宅ローンの申請が通らないのでcicに照会をした所9年半前に〇〇(携帯会社名称)でモバイル無線ルーターを私の名義のクレジットカードで姉が購入したのですが、支...

    1弁護士回答
  • 通常清算時債権者は??

    通常清算をした法人に 債権があり、 官報記載時に債権者として 連絡した場合 もう債権は支払われないのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 携帯代の支払いについて

    携帯電話の支払いのことで相談があります。 コロナの影響で携帯電話の支払いが遅れてしまいました。2か月支払いが遅れており、支払いをしようと思ったときに数日期限が切れていることに気づ...

    3弁護士回答
  • 信用情報機関の5年とは

    クレジットカードや信販系の信用情報機関の場合、通常は免責決定から5年が経過すれば、事故情報が削除されるようになっていますが、 この5年というのは何に基づいた年数なのでしょうか?

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す