現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

信用情報

金融業界にブラックリストは存在しませんが、信用情報に支払いの遅延や債務整理をした記録が事故情報として登録されることはあります。事故情報が掲載された場合、カードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったります。事故情報は信用情報機関に開示請求をすることで確認をすることができます。また、信用情報とは別に国が管轄する独立行政法人が発行する官報というものも存在します。個人再生や自己破産をすると官報に掲載されてしまいます。信用情報について知り、悩みを解決しましょう。

信用情報に関する法律相談

  • 個人の自己破産後に代表取締役になって銀行から融資してもらえますか?

    【相談の背景】 個人の自己破産をした1年後に株式会社の代表取締役をやってほしいという話がきました。代表取締になる会社は建設関係なので、1工事が終わるまでの金額(数千万)の融資が必...

    2弁護士回答
  • 個人再生のデメリットについて

    【相談の背景】 個人再生をすることで官報に掲載されることは理解していますが、掲載させることで想定されることとして、住所特定による嫌がらせがあると思います。 【質問1】 防ぐこと...

    1弁護士回答
  • 自己破産 個人情報について

    【相談の背景】 大変恐れ入ります、 不甲斐なさで自己破産を検討中です。 ご質問を宜しくお願いいたします。 【質問1】 百貨店クレジットカードの場合、百貨店のレジや事務のパソコン...

    1弁護士回答
  • 信用情報に事故登録されている場合も公的な貸付制度は利用可能なのでしょうか?

    【相談の背景】 実は、以前身内の奨学金について連帯保証人を強要されたことで2年以上前に自己破産をしてしまいました。 賃貸保証会社が信販関連もしくは身内の保証人必要のどちらかにな...

    2弁護士回答
  • 自己破産についての相談

    【相談の背景】 自己破産について 現在慰謝料115万円の支払いを求めて、裁判を起こされております。 ただ、私には支払える程の貯蓄もなく到底一括で支払える額ではありませんので自己破産...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す