金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約とは金銭を消費する目的で借りて、弁済することを約束する契約です。契約後の意見の食い違いによるトラブルを防ぐため、金銭消費貸借契約書を作成することが望ましいです。弱い立場にある債務者にとっては、債権者の不利な申し出に対して言いなりにならないようにする役割、債権者にとっては、債権回収を確実にする証拠としての役割があります。また、金銭消費貸借契約書には書き方があります。どのように書かれているかが原因となって、後々トラブルになってしまうこともあります。ここでは金銭消費貸借契約書の効力や書き方を説明します。

金銭消費貸借契約に関する法律相談

  • お金を消費者金融から借り知り合いに貸し帰ってきません。

    今年に入り出会い系?友達作りみたいなアプリで仲良くなった人にお金を貸して返ってきません。その人は企業するためには銀行から融資が必要で残高にあるお金がもう少し足りないとダメだから2...

    1弁護士回答
  • 知り合いに投資資金を預け運用して貰っていました。

    閲覧いただきありがとうございます。 昨年の9月頃より、友人に紹介していただいた投資家の方に、資金を運用をしていただいてました。 先方に消費者金融を使った投資方法がいいと聞かされ、8...

    1弁護士回答
  • 借用書で制限したいことがある

    友人にお金を貸していて借用書を 作成しているところなのですが 友人は生活費として私から借りたのにも関わらず パチンコ、パチスロに溶かしてしまったため 返すまでにパチンコ、パチスロへ...

    2弁護士回答
  • 金銭消費貸借契約書の借用日について

    今現在友人にお金を貸していて 金銭消費貸借契約書を作ろうと言うことになったのですが 貸した(友人としては借りた)合計金額にかんしては お互い合致しており問題ないのですが 貸した日が複...

    2弁護士回答
  • 金銭消費貸借の時効延期の裁判について。

    来年で、10年目となる債権持っています。 現在、相手とは連絡取れません。 分かっているのは、本籍と5年前の賃貸アパートの住所です。 その後、アパート宛に出した郵便物が、「宛名該当なし...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す