現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

時効

借金には時効があります。一定の期間を過ぎた場合、弁済をする必要がなくなるのです。時効成立までの期間は債権者によって異なるので注意が必要です。また、債権者は時効を阻止するために時効の中断をすることができます。時効の中断とは、それまで進行してきた時効の期間をリセットすることです。債権の時効を認めてもらうためには、時効の援用という手続きをする必要があります。時効の期間や中断になってしまう条件を知ってトラブルに対処しましょう。

時効に関する法律相談

  • 時効援用について教えてください

    質問なのですが 債権会社からの借金支払い 時効考えているのですが 債権会社営業日外休みの日に一度電話かけて 休みのガイダンス流れきったのですが この行為で 時効援用はダメになります...

    2弁護士回答
  • 小規模個人再生の時効について

    今から13年くらい前に、小規模個人民事再生をしました。 消費者金融は、6社でした。最初の2、3回返済しましたが、その後そのときの会社をやめてしまい、返済しなくなり、放置状態でしたか、1...

    2弁護士回答
  • 時効の援用の発動について

    質問させていただきます。時効の援用とは、元々の契約を交わした金融会社との利益の喪失日の翌日よりより5年ないし10年以上という認識でいいのでしょうか。または途中で債権を譲渡した日の翌...

    2弁護士回答
  • 所得税延滞金は時効援用できますか?

    申告所得税とその延滞税の件です。 平成13年と14年の申告所得税を分割で払っています。 今年の12月に分割払いが完了するのですが、延滞税の方が所得税より金額が高いです。 先月税務署から通...

    2弁護士回答
  • 借金の時効の中断について

    簡易裁判所から訴状が送られてきました。19年前に返済できなくなった借金なので時効の方向で考えているのですが、過去に裁判所から通知があったかどうか定かでなく、19年経過した今も時...

    3弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

時効の解決策を探す