弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

時効

借金には時効があります。一定の期間を過ぎた場合、弁済をする必要がなくなるのです。時効成立までの期間は債権者によって異なるので注意が必要です。また、債権者は時効を阻止するために時効の中断をすることができます。時効の中断とは、それまで進行してきた時効の期間をリセットすることです。債権の時効を認めてもらうためには、時効の援用という手続きをする必要があります。時効の期間や中断になってしまう条件を知ってトラブルに対処しましょう。

時効に関する法律相談

  • 消滅時効の援用通知書の宛先、通知者?依頼者?

    借金時効時効の援用

    この度消滅時効の援用を内容証明郵便にて送りたいのですが、依頼会社とサービサーどちらに送付するのが正しいのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 貸金請求訴訟で時効の援用を主張する場合の答弁書の書き方

    借金時効時効の援用

    裁判所から貸金請求事件の訴状が届きました。司法書士に相談した所、最後の返済から5年以上経過している為、時効の援用が可能だと聞きました。答弁書にその旨を記載して送付するように言われ...

    4弁護士回答
  • 借地の上に建物を建てている人でも取得時効を援用できますか?

    借金時効時効の援用

    私の隣地の建物の軒一部と建物躯体一部が、越境をしている状態です。 隣地は借地で、土地の所有者と建物所有者は異なります。 今回越境部分を切ってほしいとお願いにいこうと思っています。 ...

    1弁護士回答
  • 立て替え金払いの時効起算日

    借金時効

    クレジットカードの立替金払い、いわゆるショッピング分リボ払いの残金の消滅時効起算日は最終弁済日、最終利用日、最終請求日のいずれになりますか?たとえば1月5日の弁済日を最後に弁済...

    3弁護士回答
  • 時効の援用を電話でできますか?

    借金時効時効の援用

    平成17年の6月頃、債務整理を弁護士に頼みました。3社で120万くらいだったと思います。 その後、2社は支払いが終わったのですが1社だけは平成22年の5月から支払いをしておりません。 債務整...

    6弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金問題を扱う弁護士を探す

時効に関する解決事例

新里 浩樹

新里 浩樹弁護士

負債内容を適切に分析し、依頼者の利益になるように進める。

数年前から借金を繰り返し、借りたり返したりしつつ、徐々に借金が増え始め返済ができなくなったご相談者様が、ウェブサイトを通じて、当事務所にいらっしゃいました。私は借入の時期や家計を細かくお聞きし、金融機関等と交渉のご依頼をいただきました。金融機関からの取引履歴を細かくチェックし、依頼者様から金融機関に対して時効...

時効の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...