現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

時効

借金には時効があります。一定の期間を過ぎた場合、弁済をする必要がなくなるのです。時効成立までの期間は債権者によって異なるので注意が必要です。また、債権者は時効を阻止するために時効の中断をすることができます。時効の中断とは、それまで進行してきた時効の期間をリセットすることです。債権の時効を認めてもらうためには、時効の援用という手続きをする必要があります。時効の期間や中断になってしまう条件を知ってトラブルに対処しましょう。

時効に関する法律相談

  • 時効が成立する可能性はあるのでしょうか

    【相談の背景】 時効の援用についてなのですが、契約日は十年以上経っていて、記載されている弁済期が今日まで五年未満の場合は時効の援用は成立することはないでしょうか? 【質問1】 時効...

    2弁護士回答
  • 時効援用について可能性

    【相談の背景】 元金48万、損害金53万、不足金42万で債権回収会社から催告書が3月18日付で来ています。 内容には平成23年に確定日を迎えておりましたので裁判所にて記録を閲覧したところ3月8...

    2弁護士回答
  • 消費者金融の時効中断

    【相談の背景】 消費者金融に裁判されて判決が下り、消費者金融に差し押さえされました。 【質問1】 消費者金融に時効を中断された場合、消滅時効がリセットされてから、何年後に時効になる...

    3弁護士回答
  • 時効期間を経過した借金についての債権回収会社からの請求は有効なのでしょうか?

    【相談の背景】 突然知らない債権回収会社から手紙が届きました。20年前に大手消費者金融から借りた残金の支払い請求です。この債権は、長期にわたって複数の債権回収会社に渡り現在の債権回...

    3弁護士回答
  • 時効援用通知を送りました

    【相談の背景】 以前こちらに相談投稿して時効援用書類を参考にして自分で作成から相手に送りました。 【質問1】 こちらに相談投稿した時に、特定記録郵便で送付でも良いと言われたのですが...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

時効の解決策を探す