時効

借金には時効があります。一定の期間を過ぎた場合、弁済をする必要がなくなるのです。時効成立までの期間は債権者によって異なるので注意が必要です。また、債権者は時効を阻止するために時効の中断をすることができます。時効の中断とは、それまで進行してきた時効の期間をリセットすることです。債権の時効を認めてもらうためには、時効の援用という手続きをする必要があります。時効の期間や中断になってしまう条件を知ってトラブルに対処しましょう。

時効に関する法律相談

  • 訴訟等予告通知について。

    両親揃って昨年入院し、郵便物を私の家に転送するようにしたところ、母宛に何度か督促のような物が届いていましたが、放置していました。 しかし、今回の通知は放置するのは不安になり、ネッ...

    5弁護士回答
  • 商事債権における除斥期間と時効について

    商事債権において債務名義を1995年にとられている その後25年間債権者のアクションが何も無い 以上の場合、 最高裁判所第一小法廷判決1989年(平成元年)12月21日の判決文に 二〇年の...

    2弁護士回答
  • 借金の時効援用手続き後の督促状等について

    司法書士に借金の時効援用の手続きをしていただいたにも関わらず、督促状や訴訟申立予告通知などが届きます。 ①一度住所などを知られてしまうと、こういった文書が送られ続けてしまうのでし...

    2弁護士回答
  • 離婚後の貸付金の返済要求について

    結婚式に1200万円かかりました。 婚約後、両家の話し合いのもと600万円ずつ負担することになりました。 旦那は結婚式費用が支払えると嘘をついて入籍を済ませ、結婚式費用入金締め切り直前...

    2弁護士回答
  • 時効援用で住宅ローンは通るのか

    住宅ローンを組む際、時効援用していると難しいのでしょうか? もしくは組めたとしても数年後ですか?

    4弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

時効の解決策を探す