弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

会社の法務

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼
    費用対処方針比べて選ぶことができます。

    • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
    • 弁護士の選び方がわからない
    • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
    一括見積りをはじめる無料

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      控訴審は最後の期日から何日後に判決が出るのか?

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      民事訴訟に関する質問です。地裁での民事訴訟で、結審すると大体2か月と10日間ぐらいで判決がでますが、控訴審の場合は結審後、何日ぐらいで判決が出ますか?

    • 2

      和解金額の算定はどういった判断基準で裁判長が決めていくのでしょうか?

      0役に立った
      裁判・紛争・手続き民事裁判

      民事裁判にて最終的に裁判長は和解案を出して金額を決めていく流れが判決より多いと聞きます。その場合に和解金額算定の基準は裁判長が基準額を提示すると聞きますが、どういった判断にて算定額を決めていくのでしょうか?最終的には勝訴判決を勝ち取るか和解金でお金を貰うか?のどちらかの二者択一が裁判と考えて宜...

    • 3

      私立高校で、放課後に生徒を拘束することは許されるのか?

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      私立の高校に通っている者です。学校での放課後の強制居残りについて質問です。先日、学校の小テストに落ちました。それで再テストを受けなくてはならなくなったのですが、その再テストというのが放課後に行われるのです。僕はその日、どうしても避けられない用事があって再テストを受けることができないのです。です...

    • 4

      会社資本・乗っ取りについて

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      親会社100%出資の子会社社長が、水面下で資本を増額し、子会社の乗っ取りを考えている様です。また、個人で別会社も設立したのですが、いずれは子会社を自分の設立した会社に合併させる・・とも考えている様です。(現在社長を兼任)実際にその様な事は可能なのでしょうか?ご回答の程、宜しくお願い致します。

    • 5

      契約書類はデータ化すてば破棄していいのか?

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      会社を経営しております。書類がとても増えてきて破棄したいと考えております。領収書関係の会計書類は削除したら税務調査のときの証拠がなくなるのでダメだと思うのですが、賃貸借契約書等の契約書は、pdf化等のデータ化をしていれば原本は破棄しても良いのでしょうか?

    会社の法務の検索結果

    • 派遣先の契約違反で損害賠償を請求されるのか

      企業法務会社の法務

      派遣元の経営者です。派遣先A社に1年間派遣した弊社の社員bさんは、3月末に自己都合で弊社を辞めて、別の派遣会社C社経由して4/1から引き続き派遣先A社の元部署の元業務をやっているとわかりました。同社員の業務の派遣契約は、実は2017年5月末まで個別契約を結んでいますので、aさんの交代要員を3月...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 株主が出席してくれない!

      企業法務会社の法務株主総会

      一族経営の零細企業の代表取締役をしています。辞任したいと考えており、臨時株主総会を何度も招集しているのですが株主(一人100%保有)が出席に応じず開催できません。“代理人もたてない議決権も委任しない”“都合のつく日を後日連絡する”と言ってはや5ヶ月です。こんなことは法律上問題ないのでしょうか?...

      4回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った
    • 借金の契約書を無くしてしまった

      企業法務会社の法務契約書

      数年前ですが知人に2500万円ほど貸しました。その時に契約書を2枚作成して自分と相手の双方が保管していました。数日前に金庫を整理しているところ契約書が無いことに気づきました。まだ相手には言っていませんが、相手が借金の返済を拒否した場合どうなるのでしょうか?貸した証拠となるものは銀行振込の履歴が...

      4回答 /
      4弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関する法律用語

    • 会計年度独立の原則

      会計年度独立の原則とは、各会計年度における歳出はその年度の歳入をもって支弁すべきこととする原則を意味する(財政法12条、42条本文)。すなわち、一会計年度における歳出予算はすべてその年度内に使用し終わるべきであり、年度内に使用し終わらなかった分については翌年度には繰り越されず、使用できないとする建前...

    • 設立準拠法

      会社の設立について、国際私法によって、ある法律関係を規律するものとして選択・適用される法。

    • 見せ金

      会社の設立にあたって、発起人が払込取扱機関以外の金融機関から借入を行い、これを払込金にあて、会社設立後ただちに払込金の引き出しを行って借入を返済すること。

    この分野に関するニュース

    この分野に関する知って得する法律Q&A

    • 譲渡制限株式とは?

      会社の法務

      株式会社を設立しようと思うのですが、友人に相談したところ、発行する株式を全て譲渡制限株式にして非公開...

      • 0役に立った
    • 子会社ってなに?

      会社の法務

      よく新聞やテレビで、「子会社」という言葉を耳にしますが、子会社って正確にはどのような会社をいうのです...

      • 0役に立った
    • 疑似発起人とは?

      会社の法務

      とある株式会社の設立時に発起人に任務懈怠があるということで損害賠償請求を受けています。私は定款に署名...

      • 0役に立った

    関連するお悩みから探す

    よく見られているキーワード一覧

    最近検索されたキーワード

    渉外法務、倒産、知的財産、顧問弁護士等の企業法務をまとめたページです。4,193名の会社の法務を取り扱う弁護士、会社の法務での弁護士無料相談 Q&A 5,075 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼

    • 最短3分で依頼完了
    • 依頼内容は非公開
    • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
    一括見積りをはじめる無料

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    企業法務のニュース

    1. や台ずし「店の外観を模倣された!」磯丸すし...
    2. 「色だけ商標」第1号にトンボ鉛筆、セブンイ...
    3. 任天堂が「マリカー」提訴、本当に「著作権侵...
    4. 公道を走る「マリカー」、ついに任天堂から訴...
    5. JASRAC浅石理事長「商売で音楽を使うなら、権...
    6. mixiで「歌詞を無断利用」した投稿、ユーザー...
    7. JASRAC、音楽教室から「著作権料」徴収へ…な...