弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

会社の法務

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      控訴審は最後の期日から何日後に判決が出るのか?

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      民事訴訟に関する質問です。地裁での民事訴訟で、結審すると大体2か月と10日間ぐらいで判決がでますが、控訴審の場合は結審後、何日ぐらいで判決が出ますか?

    • 2

      和解金額の算定はどういった判断基準で裁判長が決めていくのでしょうか?

      0役に立った
      裁判・紛争・手続き民事裁判

      民事裁判にて最終的に裁判長は和解案を出して金額を決めていく流れが判決より多いと聞きます。その場合に和解金額算定の基準は裁判長が基準額を提示すると聞きますが、どういった判断にて算定額を決めていくのでしょうか?最終的には勝訴判決を勝ち取るか和解金でお金を貰うか?のどちらかの二者択一が裁判と考えて宜...

    • 3

      私立高校で、放課後に生徒を拘束することは許されるのか?

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      私立の高校に通っている者です。学校での放課後の強制居残りについて質問です。先日、学校の小テストに落ちました。それで再テストを受けなくてはならなくなったのですが、その再テストというのが放課後に行われるのです。僕はその日、どうしても避けられない用事があって再テストを受けることができないのです。です...

    • 4

      会社の代表取締役になるリスクを教えてください

      0役に立った
      企業法務会社の法務

      私は社員5名未満の小さな会社でスタッフとして働いています。先日諸事情で、現会社社長が自己破産することになりました。新たに会社設立したいものの、免責期間がすぎないことには代表取締役にはなれないとのこと。そこで、免責期間がすぎるまでのある一定期間代表取締役になってくれないか?という話がありました。...

    • 5

      利益相反取引について

      1役に立った
      企業法務会社の法務

      株式会社と社会福祉法人が業務委託契約等を締結するに際して、代表取締役と理事長が同一人物である場合、両法人ともに、利益相反取引に関する承認決議が必要となりますでしょうか?ご教示のほどをよろしくお願いいたします。

    会社の法務の検索結果

    • 精神不安定な従業員の企業責任

      企業法務会社の法務

      食品工場で働く従業員に、かなり重度の精神不安定と思われる作業者がおります。障害者手帳は持っていません。いつからか、言動、行動不安定で、刃物で自傷したい発言繰り返します。原因が会社にあるとはおもえません。会社として、どのような対応すればよいでしょうか? また、法的に何か対策打たないと会社に賠償責...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • その文章が会社から作成されたとみなす文章になれるか

      企業法務会社の法務契約書

      ご回答よろしくお願い申し上げます。例えば下記内容で記載されている文章で、 1、2に関してその会社グループの本社(難しいのであれば支店)が責任で作成と法的にみなす事が出来ますか。 3、4、5も同じくその会社グループの本社が責任で作成したと法的にみなす事が出来ますか。また、その担当者の印鑑証明証が...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 契約書なしで着手した仕事の責任

      企業法務会社の法務契約書

      私はホームページ制作を行う小さなWeb制作会社の経営者です。現在、弊社クライアントA社との間でトラブルがあり、助言をいただきたくお願いします。昨年9月、A社からホームページ制作の見積りを依頼されて金額を提示しました。その後、ホームページを段階的に作っていくとの連絡を受け、11月にまず10ページ...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関する法律用語

    • 会計年度独立の原則

      会計年度独立の原則とは、各会計年度における歳出はその年度の歳入をもって支弁すべきこととする原則を意味する(財政法12条、42条本文)。すなわち、一会計年度における歳出予算はすべてその年度内に使用し終わるべきであり、年度内に使用し終わらなかった分については翌年度には繰り越されず、使用できないとする建前...

    • 設立準拠法

      会社の設立について、国際私法によって、ある法律関係を規律するものとして選択・適用される法。

    • 見せ金

      会社の設立にあたって、発起人が払込取扱機関以外の金融機関から借入を行い、これを払込金にあて、会社設立後ただちに払込金の引き出しを行って借入を返済すること。

    この分野に関するニュース

    この分野に関する知って得する法律Q&A

    • 譲渡制限株式とは?

      会社の法務

      株式会社を設立しようと思うのですが、友人に相談したところ、発行する株式を全て譲渡制限株式にして非公開...

      • 0役に立った
    • 子会社ってなに?

      会社の法務

      よく新聞やテレビで、「子会社」という言葉を耳にしますが、子会社って正確にはどのような会社をいうのです...

      • 0役に立った
    • 疑似発起人とは?

      会社の法務

      とある株式会社の設立時に発起人に任務懈怠があるということで損害賠償請求を受けています。私は定款に署名...

      • 0役に立った

    関連するお悩みから探す

    よく見られているキーワード一覧

    最近検索されたキーワード

    渉外法務、倒産、知的財産、顧問弁護士等の企業法務をまとめたページです。3,999名の会社の法務を取り扱う弁護士、会社の法務での弁護士無料相談 Q&A 5,237 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    企業法務のニュース

    1. 童謡「森のくまさん」替え歌CD、訳詞者が販売...
    2. SMAPアルバムがミリオン、レコード会社は今後...
    3. ベビースター「ベイちゃん・ビーちゃん」引退...
    4. 欧州で「ルービックキューブの形状」商標の無...
    5. 大阪・日本橋「海賊版AVのメッカ」堂々と販売...
    6. 「著作権判例百選」改訂版12月13日発売、「著...
    7. 中国で「OKAYAMA」「岡山」が商標出願された…...