弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

企業法務

  • 企業法務分野のトラブル解決に役立つ「弁護士ドットコム」のページです。契約書、国際取引、企業倒産などの問題やトラブルの解決に役立つコンテンツを用意しております。例えば、「元社員から悪質ないやがらせを受けている」、「飲食店の店長をしているのだが、お客さんから悪質なクレームを受けている」などの企業法務に関連したお悩みを抱える、会社経営に携わる方や法務部担当の方は、企業法務に関連したトラブルに積極的に取り組む 4,222 名の弁護士情報や企業法務について寄せられた 11,341 件の「みんなの法律相談」、トピックスをぜひご覧ください。 企業法務とは、「企業の事業活動に関わる法律上の業務」のことです。企業がビジネスをする上で生じるトラブルには、会社法、会社関連の法令、個人情報保護法、労働法、独占禁止法などの多岐に渡る法律・法令が関わってきます。また、企業法務に関連する主なトラブルのケースとしては、各種交渉・契約、債権回収、企業再生、法人破産、事業継承、企業の不動産、労使問題、消費者対策、顧問弁護士の選定などについてが挙げられます。企業法務に関連したトラブルにお悩みの方は、「弁護士ドットコム」をご覧いただき、解決のきっかけとして無料法律相談や弁護士にぜひ一度ご相談してみてください。

  • 企業 不動産 法人破産 クレーム対応 機関設計 定款 作成 会社 合併 会社経営 解雇 方法 設立登記 起業 悩み 会社 倒産 会社 訴訟

  • この分野に関する相談

    相談を探す(企業法務) 相談する無料
    弁護士の無料回答でお悩み解決!

    お悩みガイド

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼
    費用対処方針比べて選ぶことができます。

    • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
    • 弁護士の選び方がわからない
    • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
    一括見積りをはじめる無料

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      代表取締役社長とCEOの違いとは?

      1役に立った
      企業法務

      代表取締役社長とCEOの違いとは何でしょう?「代表取締役社長兼CEO」という肩書きの人が時々いますが、代表取締役社長とCEOが別の人であっても問題ないのでしょうか?

    • 2

      ソープ嬢は個人事業主?

      24役に立った
      民事・その他法律全般法律

      知人のソープ嬢にソープランドの料金のシステムについて尋ねたところ、「ソープ嬢は個人事業主の扱いなので、入浴料は受付で支払い、それ以外のサービス料に関してはソープ嬢自身に支払うことになっている」というようなことを言っていました。実際、法律上のソープ嬢はそのように定義されているのでしょうか?私は法...

    • 3

      契約の解除事由について

      0役に立った
      企業法務

      履行遅滞や履行不能は、一方的に解除事由になると思いますが、デザイン等の好き嫌いが理由では、無理ですか?曖昧な品質、例えば、作っているそのホームページでは商品が売れそうにない等は、どうですか?

    • 4

      火災保険に保証人は必要??

      0役に立った
      企業法務

      先生、おはようございます。よろしくお願い申し上げます。車の整備工場と言うのでしょうか。1万平米の広さがある場所で友人が車の仕事をする予定なのですが、火災保険の保証人になって欲しいと言ってきました。火災保険の金額は1万円です。約3000坪もある広さで、①火災保険が1万円で済むのでしょうか??②火...

    • 5

      会社が潰れた場合、立替えている未清算金は戻って来ますか?!

      0役に立った
      企業法務

      会社の株主(100%)をしております。別で代表を立てており、私は1役員として入っています。現在、資本金以外でこちらの会社に多くの貸付を私個人からしておりその返済がされていない状態です。もしこの会社を閉じるとなった際、こちらの貸付金を回収することは難しいでしょうか?代表が別でいる中で、このお金の...

    企業法務の検索結果

    • 英文契約書をどのように邦訳すればよいでしょうか?

      企業法務会社の法務契約書

      英文契約書の訳し方で教えて下さい。契約書の最後の項目にContinuing Termsというのがあるのですが、これは何と訳せばよいのでしょうか。この項目には「上述の条項を明確に改訂された場合を除き、本契約書の諸条件は変更されないものとする。」というような文言が記載されており、契約書の中でも最後...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 警察は実害がなければ受理しない?

      企業法務会社の法務業務妨害

      ネットで企業に対して行われた信用毀損罪、名誉毀損罪、偽計業務妨害などは相手側に著しい実害がなければ警察がネットの投稿を知っても無かったことになるのでしょうか?法律ではこうこうこうだからこうなる、ではなくて現実にどうなることが多いでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いいたします。

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 税理士顧問契約の中途解約の可否

      企業法務

      税理士の顧問契約は、契約日から決算後2ヶ月までが契約期間となっており、特に双方に異議のない限り、1年間自動更新されます。なお、契約には中途解約についての規定はありません。現在、申告が終わり契約も自動更新された後、税理士と色々あって税理士の側から契約を解約したいとの連絡がありました。中途解約条項...

      2回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関する法律用語

    • 株主総会

      株主を構成員とし、会社の基本的な方針や重要な事項を決定する機関。

    • 商標権

      商標の使用をする者に独占的な使用権。

    • ストックオプション

      本来は新株予約権と同義であるが、特にカタカナで「ストックオプション」と書く場合には、会社の役員や従業員が、一定期間内に、あらかじめ決められた価格で、所属する会社から自社株式を購入できる権利をいう。

    この分野に関するニュース

    この分野に関する知って得する法律Q&A

    企業法務分野のトラブル解決に役立つ「弁護士ドットコム」のページです。契約書、国際取引、企業倒産などの問題やトラブルの解決に役立つコンテンツを用意しております。例えば、「元社員から悪質ないやがらせを受けている」、「飲食店の店長をしているのだが、お客さんから悪質なクレームを受けている」などの企業法務に関連したお悩みを抱える、会社経営に携わる方や法務部担当の方は、企業法務に関連したトラブルに積極的に取り組む 4,222 名の弁護士情報や企業法務について寄せられた 11,341 件の「みんなの法律相談」、トピックスをぜひご覧ください。 企業法務とは、「企業の事業活動に関わる法律上の業務」のことです。企業がビジネスをする上で生じるトラブルには、会社法、会社関連の法令、個人情報保護法、労働法、独占禁止法などの多岐に渡る法律・法令が関わってきます。また、企業法務に関連する主なトラブルのケースとしては、各種交渉・契約、債権回収、企業再生、法人破産、事業継承、企業の不動産、労使問題、消費者対策、顧問弁護士の選定などについてが挙げられます。企業法務に関連したトラブルにお悩みの方は、「弁護士ドットコム」をご覧いただき、解決のきっかけとして無料法律相談や弁護士にぜひ一度ご相談してみてください。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼

    • 最短3分で依頼完了
    • 依頼内容は非公開
    • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
    一括見積りをはじめる無料

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    企業法務のニュース

    1. や台ずし「店の外観を模倣された!」磯丸すし...
    2. 「色だけ商標」第1号にトンボ鉛筆、セブンイ...
    3. 任天堂が「マリカー」提訴、本当に「著作権侵...
    4. 公道を走る「マリカー」、ついに任天堂から訴...
    5. JASRAC浅石理事長「商売で音楽を使うなら、権...
    6. mixiで「歌詞を無断利用」した投稿、ユーザー...
    7. JASRAC、音楽教室から「著作権料」徴収へ…な...