回収方法

債権回収には様々な方法があります。第三者に債権を移転させる債権譲渡、本来の履行とは別なもので弁済する代物弁済、保証人への請求、自分と相手の債権を打ち消し合う相殺、代金未払いの商品や製品の引き上げ、などです。債務者に合わせて適切な回収方法を選ぶ必要があります。債権回収を成功させるために回収方法についての知識を蓄え、お悩みに対処しましょう。

回収方法に関する法律相談

  • 名義を変えられた債権ー仮処分が通らない

    仮処分が認められないうちに、債権が名義を変えられてしまいました。何とかならないのでしょうか? 交際相手に4000万詐欺されて、刑事告訴し、捜査中で逮捕に向かってます。債務名義はありま...

    1弁護士回答
  • 特定の会社名義の請求書について

    お世話になっております。 特定の会社名義の請求書なんですが、代表者の個人宅や、代表者が運営している 事業所に持参しても大丈夫なのでしょうか? お忙しいところすみませんが、ご教授を...

    2弁護士回答
  • 第三者からの情報を求めることが出来る条件は?

    よろしくお願いします。 お金を返してもらえないまま連絡が取れなくなりました。 訴訟を起こし、勝訴しましたがそのまま支払いもなく相手が代表を務める会社を 第三債務者に支払いを求めまし...

    1弁護士回答
  • 債務者が死亡した場合親族の戸籍

    債務者が死亡した場合、債務者の亡くなったお母さんの戸籍はとれますか? 債務者は父親がいなく、お母さんのみ戸籍に記載されています。最終はお母さんの兄弟の戸籍を取り、 兄弟の子供に請...

    1弁護士回答
  • 口座の差押えについて

    友人へお金を500万円貸せました。返済が無く、口座を差し押さえようにも、既に押さえられている状況です。 この友人は、不動産を所有しており、毎月この口座には賃料が入金されてきます。 差...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す