回収方法

債権回収には様々な方法があります。第三者に債権を移転させる債権譲渡、本来の履行とは別なもので弁済する代物弁済、保証人への請求、自分と相手の債権を打ち消し合う相殺、代金未払いの商品や製品の引き上げ、などです。債務者に合わせて適切な回収方法を選ぶ必要があります。債権回収を成功させるために回収方法についての知識を蓄え、お悩みに対処しましょう。

回収方法に関する法律相談

  • 準備書面 再抗弁につきまして

    A→B→C と転売された場合。 A ~ 原告  Bより未成年取消を主張されている。 B ~ 未成年、チケット転売を業としている事実。     Cへ転売したチケットがBの不法行為によ...

    2弁護士回答
  • 弁護士法72条違反に該当しますか。

    諸事情で体調をを崩し借金の返済もできなくなり多重債務になりました。 体調も回復し各社に連絡を入れましたが1件の法律事務所が弁護士法72条違反に当たるのではと思い相談させていただきま...

    2弁護士回答
  • お客の立て替え費用を支払ってもらいたい。居留守を使われて困ってます

    旦那がお客さんの車の修理費用をクレジットカードで立て替えたのですが 支払ってもらえません 家に毎日行ってますが 居留守を使われているようです どのような方法がありますか? できるだ...

    2弁護士回答
  • 通帳の開示と不当利得返還請求

    不当利得返還請求について質問です。 私は4000万交際相手に詐欺されて刑事告訴し、捜査は終結に近くなり、供述調書作成の段階です。 交際相手と話し交際相手が全株所有する株式会社の所有債...

    1弁護士回答
  • 生活保護者へ車を貸していた時の罪の有無

    夫の母と叔父が一緒に暮らしていて、共に生活保護を受けておりました。 母と叔父は身体の調子が悪く病院通いや買い物などに車が必要とお願いをされ、私たち夫婦は遠くに住んでいたこともあり...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す