回収方法

債権回収には様々な方法があります。第三者に債権を移転させる債権譲渡、本来の履行とは別なもので弁済する代物弁済、保証人への請求、自分と相手の債権を打ち消し合う相殺、代金未払いの商品や製品の引き上げ、などです。債務者に合わせて適切な回収方法を選ぶ必要があります。債権回収を成功させるために回収方法についての知識を蓄え、お悩みに対処しましょう。

回収方法に関する法律相談

  • お金を返してもらう方法

    数年前、交際している男性から株投資するから数百万預けてほしいと言われ彼の口座に振込みました 当初すぐ返却予定でしたが未だに返却ありませんお金を返してほしいと伝えましたが 株価が半...

    3弁護士回答
  • 内容が確定できない意思表示

    被告は、「対当額をもって相殺する予定です」と言ったが、原告の主張する債権を否認しており、いくらを相殺したいかわかりません。 1被告の意思表示は、内容が確定できませんので、法律行為...

    2弁護士回答
  • 友人に貸したお金 返済が無い 裁判を検討

    友人に貸したお金 返済が無い 6ヶ月ほど前、友人に家賃を支払うにあたりお金が足りないから少し貸して欲しい、と言われ14万円を貸しました。 借用書はなく、メールでのやり取りのみが証拠...

    2弁護士回答
  • 贈与無効に問えますか?詐欺師だった彼氏

    贈与無効に問えますか? 交際相手に2年4000万詐欺されて、刑事告訴しました。この分は貸し金として公正証書があり示談書を書きました。支払いはまだ223万です。 詐欺される前の2年私は交際相...

    1弁護士回答
  • 運送請負代金について

    8年前に大手運送業者下請会社の仕事(私は孫請になります)をしておりました。 下請の会社社長が飛んでしまい請負代金が2ヶ月分未払いとなり平成26年に請負代金請求を申し立ていたしましたが社...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す