回収方法

債権回収には様々な方法があります。第三者に債権を移転させる債権譲渡、本来の履行とは別なもので弁済する代物弁済、保証人への請求、自分と相手の債権を打ち消し合う相殺、代金未払いの商品や製品の引き上げ、などです。債務者に合わせて適切な回収方法を選ぶ必要があります。債権回収を成功させるために回収方法についての知識を蓄え、お悩みに対処しましょう。

回収方法に関する法律相談

  • 私は取立て訴訟に勝てますか?

    私は取立て訴訟に勝てますか? 私はある相手に4430万貸し、ある相手は別な相手に750万貸しています。借用書のコビーが有り、別な相手の債権を差し押さえました。 陳述は否認です。 750万の借...

    1弁護士回答
  • 給与差し押さえにおける職場の特定

    給与差し押さえを検討していますが、職場が特定できません。尾行して職場を特定する以外に何か方法はないでしょうか?

    2弁護士回答
  • 奨学金の自己破産。保証人への請求について

    この度夫婦で自己破産の決定がなされ同時廃止の通知が来ました。 夫の借入に奨学金が含まれていて、おそらく15年前に借入れたものなので保証会社ではなく保証人が義母のようです。 この場合...

    2弁護士回答
  • コピーでの筆跡鑑定は可能か?

    借用書のコピーでは、筆跡鑑定は出来るのでしょうか?又裁判所はその結果を採用してくれますか? 私はある人に4330万貸し、ある人は別な相手に750万貸していて借用書のコピーを貰い、差し押...

    1弁護士回答
  • 1枚借用書を認めて1枚否認の時

    2枚借用書が有り、1枚を認めて、1枚を否認の時、認めた借用書で否認の借用書を筆跡鑑定し認められますか?借用書はコピーです。 私は4430万ある相手に貸し、ある相手は別な相手に750万貸して...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す