引き上げ

商品や製品を販売した後に代金が支払われない場合、相手から商品を取り戻すという手段が考えられます。これを引き上げと言います。引き上げは必ず相手の了解のもと行わなければなりません。引き上げの際には、後々問題にならないように文書を作成しておくと良いでしょう。相手の了解を得られない場合は、裁判所に仮処分の申し立てをして商品を引き上げる方法もあります。しかし、この場合は、保証金を用意する必要があるので注意が必要です。引き上げのお悩み対処法をご紹介します。

引き上げに関する法律相談

  • 民事提訴での遺失利益の証明

    当方被害者です。長年に渡る隣人の郵便物窃盗・盗撮・器物損壊が続き、数年前に令状逮捕の後、加害者が措置入院となりました。締結した示談で親御さんが退去作業をしました。 しかし勝手にま...

    1弁護士回答
  • 海外の日本人経営会社でグループ預金。社長他界後連絡不通。預金回収について。

    海外の日本人が経営する会社に「グループ預金」をしておりましたが、今年になって社長さんが亡くなり それ以来この会社とは連絡がつかなくなりました。そこで質問です。 ・日本からでも追い...

    1弁護士回答
  • ノルマを支払わず降板 回収できますか。

    個人で団体を持っている者です。 今回の公演は前払いのノルマ制をとっています。 オーディションをした際、注意事項を記入した書面をお渡ししています。 そんな中、1日だけ参加をして(その...

    1弁護士回答
  • 離婚時のアパート退去費用。返済してもらえますか?

    今年2月に離婚しました。 当時、アパートに住んでいて退去するお金を折半する。との約束があったにも関わらず、未だ払ってもらっていません。言えば手を上げられるので怖くて言えずにいます...

    2弁護士回答
  • リース品とは知らずに購入。

    リース品の無断転売品を買ってしまった。 今から5年程前に 廃業する飲食店から冷蔵庫を買いました。 つい最近 調子が悪くなったので点検してもらったところ リース料金が滞納され、しかも...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す