現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

手続き

債権回収するには様々な手続きが生じます。例えば、債権を請求するための内容証明郵便手続き、強制執行の権利を獲得するための訴訟手続き、裁判をせずに支払いを命じる支払督促、強制執行の前に財産を保全する仮差押え・仮処分などです。手続きの方法やそれにかかる費用、弁護士に依頼すべきかどうかなど、債権回収の手続きに関するお悩み対処法をご紹介します。

手続きに関する法律相談

  • 損害賠償名目の簡易裁判の書類作成と弁護依頼について

    【相談の背景】 2年前に共同事業の提案をしてきた方と破断したのですがそこに対しての損害賠償の名目で60万円の少額訴訟を起こされたのでご相談させていただきたいです。 現状、証拠を揃...

    1弁護士回答
  • 債務者の住所を探偵に頼む場合

    【相談の背景】 何度が質問させて頂き、助けられている者です。 実は、父が生前お金を貸したが返してこなく民事訴訟をし和解をしました。 しかし、和解(裁判所での和解書あり)をしたも...

    1弁護士回答
  • 仮差押え前に預金を現金にしておくこと

    【相談の背景】 ある人にお金を借りております。間もなく訴訟を起こされるのですが、とりあえず銀行口座からはお金を引き出し、現金化しようと思っております。そうでないと生活が出来なく...

    1弁護士回答
  • 財産開示請求をしたい

    【相談の背景】 第三者情報開示請求を行い、1つだけ口座が特定できたので差押えをしたのですが、請求金額には程遠かった為、取り下げました。 他にも資産(銀行口座や不動産)があるか調べ...

    1弁護士回答
  • 知人の又貸しについて

    【相談の背景】 又貸しについて 2人の知人がいます。一人に貸したお金は、私費になるらしくもう一人の知人にお金の又貸しがありました。 【質問1】 この場合、又貸しした本人を裁判に...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す