手続き

債権回収するには様々な手続きが生じます。例えば、債権を請求するための内容証明郵便手続き、強制執行の権利を獲得するための訴訟手続き、裁判をせずに支払いを命じる支払督促、強制執行の前に財産を保全する仮差押え・仮処分などです。手続きの方法やそれにかかる費用、弁護士に依頼すべきかどうかなど、債権回収の手続きに関するお悩み対処法をご紹介します。

手続きに関する法律相談

  • 財産開示手続の申立ての効果は

    銀行預金ならば引き出して家の中に隠せばわかりませんよね。 無意味な手続きのような気が。 開示させる罰則付き強制力は有りますか。

    1弁護士回答
  • 甲から乙に対する訴訟回避目的には、誓約書と合意書どちらが効力強いか

    甲から乙に対して、今後一切請求や訴訟をしない。訴訟等しても、この紙をもって、訴訟が棄却されるような約束書を作りたいのですが ①「甲は乙に対して一切の請求権を放棄する」として、甲の...

    1弁護士回答
  • 民事裁判を提起した場合の日程の打ち合わせ

    民事裁判を提起した場合、日程の打ち合わせはどうするのですか。原告と被告が互いに希望日を紙に書いて裁判所に提出したり、裁判所から都合のいい日を電話で聞かれたりするのでしょうか。

    2弁護士回答
  • 口座の仮差押手続きについて

    債権回収のため相手の銀行口座を仮差押しようと思うのですが、以下教えてください。 1.仮差押には金融機関の支店名も必要ですか? 2.屋号の口座名義も個人名の登録が有れば個人名で仮差押出...

    1弁護士回答
  • 共有財産分割方法について

    共有財産の家が高値で売れたら半分に分けると書面に残していました。早く貰う為に同意書を作って会おうと思っています。 私が貰うべきお金を渡してもらう為に 同意書にはどう書けば良いでし...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す