手続き

債権回収するには様々な手続きが生じます。例えば、債権を請求するための内容証明郵便手続き、強制執行の権利を獲得するための訴訟手続き、裁判をせずに支払いを命じる支払督促、強制執行の前に財産を保全する仮差押え・仮処分などです。手続きの方法やそれにかかる費用、弁護士に依頼すべきかどうかなど、債権回収の手続きに関するお悩み対処法をご紹介します。

手続きに関する法律相談

  • 少額訴訟での答弁書の書き方、依頼

    少額訴訟を起こされたのですが、答弁書を上手く自分で作成する自信がありません。 1.弁護士さんに依頼した場合はおいくらくらいかかるのでしょうか? また、2.自分で作成した答弁書を確認し...

    2弁護士回答
  • 複数の被告がいる民事訴訟で、被告の1人に支払い能力がない場合

    投資詐欺に遭ってしまい、返金を求めて加害者3人を被告として本人訴訟を起こすことを検討しております。単一の詐欺事件で、その3人が共同して詐欺行為をしていました。明確な書面、契約書が...

    1弁護士回答
  • 合意書違反請求について

    不倫合意書違反で、相手に請求しましたが無視されたため、訴訟へと移ろうと思います。 一回につき30万で、証拠は三つ掴み全て別日な為90万でとりあえず訴訟したいと思いますが、少額訴訟で...

    1弁護士回答
  • 最終尋問終了後に陳述書の内容に誤りに気付いた。

    貸金裁判で原告側として本人訴訟をしています。 前回提出した陳述書の内容に多少、誤りがあります。お金を貸した時間やその詳細な経緯に間違いがありました。 私の地図検索サービスで行動履...

    2弁護士回答
  • 財産開示手続きは強制執行を行ったことがなくてもできますか?

    簡易裁判で勝訴したのですが、債権者から払わないと連絡がきまして、強制執行を考えています。 ですが、まず、相手の財産(口座情報等)がわかりません。 仕事先がわかっているので、新たな...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す