現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

手続き

債権回収するには様々な手続きが生じます。例えば、債権を請求するための内容証明郵便手続き、強制執行の権利を獲得するための訴訟手続き、裁判をせずに支払いを命じる支払督促、強制執行の前に財産を保全する仮差押え・仮処分などです。手続きの方法やそれにかかる費用、弁護士に依頼すべきかどうかなど、債権回収の手続きに関するお悩み対処法をご紹介します。

手続きに関する法律相談

  • 示談、示談金はどうなるのか?

    【相談の背景】 複数人の人の財布からお金を盗んでしまいました。総額10万ほどです。 【質問1】 被害者が複数人いる場合示談はどのように行われるのですか?また、示談金は1人ずつに払...

    2弁護士回答
  • 保全異議の弁護士費用の額について

    【相談の背景】 保全異議1件の弁護士費用について 保全異議は、完全に独立した一件の費用なら、費用はそれなりになりますが、3件も併合された(被保全債権が共通)としたら、単なる1件の費用...

    2弁護士回答
  • 支払督促について詳しく教えて下さい。

    【相談の背景】 何度もお金を貸す事が重なり 総額160万程になり 返済を求めましたら着信拒否等の行動をとられてしまったので 返して貰うにはどうすれば良いのか調べていたら 「支払督促...

    1弁護士回答
  • 民事問題の少額訴訟に対するキャンセル費用について

    【相談の背景】 30代男です。男女トラブルで少額訴訟を1〜2ヶ月前に手続きしましたが相手と和解し少額訴訟が必要なくなりました。 民事問題として不受理届を提出しましたがそれも必要なく...

    1弁護士回答
  • 貸金請求について教えて下さい宜しくお願いします。

    【相談の背景】 知り合い夫婦に100万円貸して有り借用書をなかなか書いてくれず、やっと別々に旦那様に100万円の借用書を書いて貰い、また後日に奥様から100万円の借用書を書いて貰いました...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す