現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

強制執行

強制執行で債務者の財産を差し押さえて債権回収をするには、債務者の財産を把握しておきたいところです。せっかく強制執行をしても財産がなかったということでは無駄になってしまいます。財産開示手続をしましょう。強制執行をするには債務名義といって、判決、和解調書、調停調書、支払督促、執行証書など債権が存在することを証明し、強制執行を行ってもよいとする文書が必要です。また、判決が確定するまでの間、相手が財産を隠してしまわないようにするための制度、仮執行宣言もあります。強制執行には不動産執行、動産執行、債権執行があります。債権回収における強制執行のお悩み対処法をご紹介します。

強制執行に関する法律相談

  • 弁護士法違反について

    【相談の背景】 債権者が債務名義を取得後も、債務者の代理人である弁護士法人が債務の履行について、支払方法の協議ではなく、支払の拒否を主張しています。 【質問1】 この行為は、弁...

    5弁護士回答
  • 企業に対する債務者の在籍確認について

    【相談の背景】 損害賠償請求で原告として全部勝訴し、正本をもっています。 強制執行をかけるにあたり、相手の職場がわからないので、わかっている情報である、氏名や職種、年齢をもとにW...

    1弁護士回答
  • 民事訴訟の敗訴後の流れ

    【相談の背景】 裁判で負けて、20万円払え判決が出ました。 相手にお金を支払おうと思います。 【質問1】 相手は弁護士を立てていますが、 相手の弁護士に、振込先と金額を教えてくれ...

    1弁護士回答
  • 強制執行で債務者が退職した場合

    【相談の背景】 強制執行(給与差押)をしたのですが 債務者が退職してしまいました。 【質問1】 この場合 どのように対処すればよいですか?

    3弁護士回答
  • 個人事業主相手への差し押さえについて

    【相談の背景】 ネットショップ(大手通販サイトに出店している)を運営している個人事業主の売上金を差し押さえようとした場合に、相手の売上金入金口座等が分からなくてもできるのでしょう...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

強制執行の解決策を探す