弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

強制執行

強制執行で債務者の財産を差し押さえて債権回収をするには、債務者の財産を把握しておきたいところです。せっかく強制執行をしても財産がなかったということでは無駄になってしまいます。財産開示手続をしましょう。強制執行をするには債務名義といって、判決、和解調書、調停調書、支払督促、執行証書など債権が存在することを証明し、強制執行を行ってもよいとする文書が必要です。また、判決が確定するまでの間、相手が財産を隠してしまわないようにするための制度、仮執行宣言もあります。強制執行には不動産執行、動産執行、債権執行があります。債権回収における強制執行のお悩み対処法をご紹介します。

強制執行に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

強制執行に関する解決事例

鈴木 祥平

鈴木 祥平弁護士

給与の差押えにより貸金債権400万円を回収した事例

Aさんは、知人のBさんに「借金の返済をするためにお金がどうしても必要だ」と懇願されて、相続によって得たお金の中から400万円をBさんに貸してしまいました。返済期日が来ても返済されることがなかったので、1か月経ったくらいに連絡をしたところ、今手元にお金がないから半年間待ってくれ。半年以内にお金は作るから」という...

浅野 英之

浅野 英之弁護士

仮差押えを行い,継続的な取引をしていた会社に対する未回収債権を,早期に一括で回収したケース

当社では創業以来お付き合いのあった仕入先と,継続的な取引関係にありましたが,人間関係のしがらみが大きかったことを逆手にとられ,掛け払いによる取引を長期にわたって継続しておりました。 あるとき,この取引先の信用状況に不安があるという情報を入手し,その後も売掛金の回収が滞りがちであったため,居てもたってもいられず...

山枡 幸文

山枡 幸文弁護士

お金を貸す場合に注意すべき点

小さな会社を経営している義理の兄から新規の事業展開に資金が入り、銀行からの借入で足りない分の1000万円程貸して欲しいと頼まれています。新規事業で年内に大口の仕事の受注予定があり、そうなると一括返済も可能で、相当額のお礼もするということで、自宅を担保に入れ、保証人も付けるから何とかして欲しいと懇願されています...

強制執行の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...