弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 債権者は直接連絡ができるのか

    損害賠償請求にて、債務者が弁護士を立てた後、 債権者は債務者に対して電話、メール等で直接連絡することに問題がありますか?

    1弁護士回答
  • 被告及び利害関係人と和解後、原告を変えての損害賠償訴訟は可能か

    某信用保証協会との本人訴訟で、利害関係人が謝罪する条件で和解しました。その際和解条項案の中に(原告と被告との間および原告と利害関係人との間に、本和解条項案に定めるもののほか、い...

    1弁護士回答
  • 1審判決で仮執行の宣言が認められたら

    返還請求と損害賠償請求をそれぞれしています。 両方の仮執行の宣言を求めています。 仮執行が認められた場合、即日申立てしたいです。 どのような手続きになりますか? 裁判所のホームペー...

    4弁護士回答
  • 携帯電話の違約金の滞納について。CICは5年間ブラックになりますか?

    携帯電話の違約金を滞納してしまい、弁護士の方から支払いの連絡がきて半年ほど支払って今月払い終わったのですが CICは5年ほどブラックになるのでしょうか? 滞納期間はあまり覚えていない...

    1弁護士回答
  • 連帯保証人に対する期限の利益

    連帯保証人がいる割賦販売法に該当する契約において、支払遅延を理由に期限の利益を喪失するには、主債務者と連帯保証人の両名に催告書を送達させる必要がありますか。 それとも、主債務者の...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

契約の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...