契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 携帯電話料金滞納裁判所から電話きた

    携帯電話会社の利用料金を半年滞納してしまって、裁判所みたいな所から電話来たのですがどうすればよいでしょうか。 内容は、 トークアプリで親から来たよって電話きて 電話したいんですが、...

    5弁護士回答
  • 借用書についてしりたい

    ネットのフリマアプリで分割払いをお願いされたのですご借用書は弁護士さんの方で書いてもらうべきでしょうか?その場合費用はいくらですか?

    5弁護士回答
  • 離婚する妻の未払い金について

    離婚する妻が車をぶつけて修理代が65万かかりました。 私の知人の修理屋にお願いして修理は終わりましたが、修理代を払わずに車は持って出て行きました。 妻は弁護士を雇って私に連絡をさせ...

    1弁護士回答
  • 弁護士が携帯の番号による所持者の住所を照会したら携帯電話会社は教えるか

    弁護士が携帯の番号による所持者の住所を照会したら携帯電話会社は教えるか

    2弁護士回答
  • 払い戻し請求の時効について

    時効について、 運送会社と会社で個別に運賃契約を交わし、運送会社が誤って過大請求し、自動引き落としのために支払い済みとなった分の差額の返還または返金請求の時効は、いつから何年で...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

契約の解決策を探す