契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 民法改正と短期消滅時効について

    改正民法が施行されるとのことですが二つ質問させてください。 【質問1】 例えば何がしかの料金を払っていないのに1年から5年や10年請求や督促が来ていない場合には、現行の民法では短期消...

    1弁護士回答
  • 建設業法の遅延利息について

    建設業法の遅延利息について 施主→ゼネコン→サブコン→当社(一般建設業許可)→下請業者ですが 当社と下請業者が交わす請負契約書について ①下請業者の責に帰すべき理由により、工期が遅れ...

    1弁護士回答
  • 業務委託契約の売掛金請求について

    現在A社と業務委託契約を締結しています。 内容は、A社がB社と締結している業務委託契約の一部業務を当方が担う内容で、実務は当方がB社に対して役務提供しますが当方の契約先はA社です。 契...

    2弁護士回答
  • 遅延損害金の法定利率適用の基準時について

    不法行為による損害賠償金(交通事故に伴う財産侵害)を管理する業務に携わっています。 2020年4月1日からの民法改正施行に伴い、法定利率が3%の変動利率に変わりますが、 上記債権に係...

    2弁護士回答
  • クレジット決済日でも遅延損害金を請求された

    クレジット決済日に入金したら、クレジット会社の引き落とし時間後だったという理由で、遅延損害を請求されました。しかし、会員規約には決済日の引き落とし時間は何も記載されていません。...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

契約の解決策を探す