弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 数年前の貸金を返済してもらえるのか?

    債権回収契約時効

    数年前にお金を貸しました。 しかし、連絡先や住んでる場所もわからないため、 返してもらっていません。 返してもらうには、どのようにしたらいいですか? ちなみに、借用書はありません。 ...

    1弁護士回答
  • 業務委託費の差押えについて

    債権回収契約公正証書

    公正証書により強制執行可能な旨の相手方と合意をとった後、 相手方に業務委託費の未払い金がある事が判明致しました。 強制執行にて業務委託費の差押えを行う事は可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • 契約書を偽造されました。債権回収+詐欺罪は適用されますか?

    債権回収契約

    工事金額の3%の紹介斡旋料をいただく約束で工務店にお客様を紹介したところ、 実際には1300万円工事が工務店が送ってきた契約書では工事金額800万円になっており、契約書が偽造されていまし...

    2弁護士回答
  • デザイン作成後、見積もり額が合わないのでキャンセルしたいと申し出された。これまでの制作費を請求したい

    債権回収契約

    グラフィックデザイナーをしております。 先日、名刺と封筒のデザイン案を提案しましたが、 突如、増刷時の単価が合わないから今回は見送りたい(キャンセル)と言われました。 経緯の詳細...

    1弁護士回答
  • 貸金の違約金と遅延損害金の違い

    債権回収契約遅延損害金

    法人相手に2回にわたりお金を貸していました。返済期限を過ぎても相手は全く返済しませんでした。後日、債務者から「すべての債務に対する違約金として○○円を支払います。」という内容の確約...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

契約の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...