契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 民法484条の別段の意思表示とは

    持参債務の原則に基づき、一般的には債権者の住所に行って弁済することになりますが、損害賠償債務は契約のように、弁済の場所について定めがありません。 今回、債権者が損害賠償を請求して...

    1弁護士回答
  • 慰謝料の滞納について

    不倫相手慰謝料の滞納 相手に対して内容証明または特定記録郵便の手紙の内容の書き方を教えて頂きたいです。 また、遅延損害金は何%くらいでしょうか?

    2弁護士回答
  • アフターのブッチ被害 債務不履行

    いわゆるキャバクラでキャバ嬢と「アフターしない?」 と、誘いました。 「シャンパン入れてくれたらいいよ」と返答 4万円程のシャンパンを入れました。 1時半に待ち合わせましたが、来ませ...

    1弁護士回答
  • 債務者の信用調査について。、

    私は知人にお金を貸しています。 知人は会社経営者で 10年頼の仲であり、信用のある人だと思います。元大手の保険会社のトップセールスマンであり、俗に言う、エリート。今では会社を経営し...

    2弁護士回答
  • 友人とのお金の貸し借りトラブル

    友人に500万円を一年後に完済する約束で貸しました。利子として100万円を先にもらっていました。また、延滞した場合1日につき500万円の1%を支払うという約束でした。全て相手方からの提案で...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

契約の解決策を探す