契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 合意書違反の慰謝料請求について

    合意書違反の請求についてお聞きしたいのですが、 私は相手方とある合意書を交わしております。 合意書の内容としては 1.今後一切お互い連絡を取らない 2.今後一切会わない 違反した場合は違...

    1弁護士回答
  • 貸したお金を返してもらう根拠の条文番号を教えて下さい。

    貸したお金を返してもらう貸金請求事件の裁判で、 原告の債権者として被告の債務者に貸金返済を求める際の 根拠条文は民法第415条(債務不履行損害賠償責任)で 合っていますか?あと...

    1弁護士回答
  • 知人個人に貸した250万円の債権回収について

    知人個人に私個人が貸したお金200万円が返って来ません。 15年前のもので口頭でずっと返済催促をし続けただけで内容証明や裁判はしてません。「時効」だと思いますが、時効の援用はされてい...

    1弁護士回答
  • 損害賠償金の時効は何年でしょうか

    昨年契約のトラブルで、損害賠償を請求され支払ってしまいました。この支払った金銭を取り戻そうと考えています。そこで、支払ってしまった損害賠償金の時効というのあるのでしょうか?支払...

    1弁護士回答
  • 浮気にお金、かなりの苦痛。訴えることできますか?

    SNSで出会った彼とお付き合いしてましたが、彼女と言う人から連絡があり、私より数ヶ月後に付き合い始め、同棲していることを知りました。付き合い始めの頃から彼にはお金を貸しており、返済...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

契約の解決策を探す