現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

契約

債権回収を確実にするために契約時にできることはたくさんあります。取引開始の前には、相手の信用情報を調べ、取引を開始しても良い相手かどうかを見極めましょう。契約を結ぶ際には、必ず契約書を作成し、期限の利益・遅延損害金を盛り込むほか、担保権や保証人も設定しておくと債権回収をより確実なものにすることができます。債権回収における契約のお悩み対処法をご紹介します。

契約に関する法律相談

  • 遅延損害金の起算日で損害発生日は認められるか

    【相談の背景】 不貞慰謝料訴訟をするにあたり、訴状を作成します。 不貞をしている証拠はあり、相手も認めています。 【質問1】 請求趣旨に訴状送達の日から支払い済みまで、年3分の...

    1弁護士回答
  • 開発依頼の契約不履行、先払い報酬回収手段について

    【相談の背景】 メールにて、プログラマーのAさんにソフトウェア開発を依頼しました。 納期を過ぎても納品されなかったため、AさんのSNSやメールにメッセージを送りましたが全く返答があり...

    1弁護士回答
  • NHKの受信料の時効中断について。

    【相談の背景】 今から10年以上前にNHKの受信料を払わない時期が何年かあって、その時の受信料の請求書が最近になっても数年おきに郵送されてきます。NHKの受信料は時効が5年と聞いたことが...

    2弁護士回答
  • 示談書作成済みの損害賠償請求を踏み倒したいと思っている

    【相談の背景】 損害賠償を請求され、30万円の慰謝料で示談が確定しました。示談書も作成済みです。しかし私としては納得しておらず、支払いをしたくないと思っています。支払期限を設定し...

    2弁護士回答
  • 遅延損害金等の交渉について

    【相談の背景】 過去に消費者金融より、50万円の借入を行なっておりました。 その後支払いが難しくなり、一度和解を取り交わし致しましたが、和解書の送付をしていませんでした。 そ...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

契約の解決策を探す