代物弁済

代物弁済とは債務者が本来の履行として予定していたものではなく、別のもので債務の弁済をすることを言います。必ず債権者の合意が必要です。代物弁済の価値が債権額に満たない場合は、別途支払ってもらう契約にしておくことが重要です。また、本来の債権よりも価値が高かった場合には、債権者が債務者に差額分を清算する義務が生じることもあります。代物弁済に関するお悩み対処法をご紹介します。

代物弁済に関する法律相談

  • 内容証明書の記載内容について

    内容証明について教えて下さい。 相手が自分に与えた損害の代償に殴っても良いと言いました。 その行為を履行する事を相手に承諾させる為に内容証明を送りたいと思います。 この内容を記載し...

    3弁護士回答
  • 今後一切の請求を行わない約束を取り付けるための念書

    保険に入っていない友人のバイクを壊し、弁償でバイク代金を支払います。 当方も保険は適用されません。 今後は金銭、労働など一切の請求は行わないよう念書に署名してもらう約束は取り付け...

    2弁護士回答
  • 年月の経った売掛金、貸付金(債権)を回収出来ますか?

    はじめまして、よろしくお願いします。 以前から気になっていた地元のお客様との事です。 今現在は、売掛金未払いからの借金により、取引が自然と無くなりました。催促はしていましたが、な...

    4弁護士回答
  • 私物を勝手に処分された場合

    事故をして、前の車は廃棄処分しかなかったのですが、新しく買った車屋にしばらく預かって欲しと言って了承したはずなのに何も連絡も無しに車と荷物を処分されてしまいました。その場合の損...

    1弁護士回答
  • 割り勘の立替金 時効

    会社で飲み会に行った際、私が一括して支払い、後で割り勘分を回収したのですが、回収漏れがあり今更ながら請求しましたが、時効だと言われました。 飲み会は2年ほど前です。時効は何年でし...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す